Yoga,Music,Freedom.. and Peace, LOVE! 奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。

ワーホリビザから配偶者ビザへの切り替え

書類の手続きもろもろの覚え書き。
どなたかの参考になればいいのですが…


去年の3月中旬からワーホリビザでフランスに滞在していた私。

その滞在中に結婚をすることになり、9月半ばに入籍。

その際に、フランス国への婚姻届提出日本国側への婚姻届提出の手続きを行いました。

その後、私のビザをどうしたらいいものか悩んでおりました。
ワーホリビザの期限は2014年の3月中旬までだったので、
法律上も問題なく、ワーホリビザの期限が切れるまではフランスに滞在できるのは事実。

しかし、ワーホリビザが切れてから次の配偶者ビザに切り替えるには、
ワーホリビザが切れてから手続きをすればいいのか、
はたまたワーホリビザの期限がある状態で、配偶者ビザに切り替えることができるのか?
ということでした。


で、在日フランス大使館の 「配偶者ビザの申請」 ページを何度も何度も読み、
そしてビザの申請に必要な書類をチェックしていると、一つ疑問点が浮かび上がりました。
(私の場合、ビザの有効期限と結婚してからの書類もろもろに記載されている有効期限
とに誤差があったため。)

ちなみに必要書類は、

‐長期ビザ申請書1部

‐証明写真1枚(35×45mm)

‐パスポート(原本&コピー)

‐結婚証(2つの書類) それぞれ原本とコピー。
 1)3ヶ月以内に発行されたフランス婚姻証書謄本(copie intégrale d’acte de mariage français)
 2)フランスの家族手帳(livret de famille français)

‐フランス人配偶者の証明(以下の書類のうち二つ):
•有効な身分証明書(carte nationale d’identité)の両面のコピー
•フランス大使館領事部が発行する在外国フランス人カード(carte consulaire)
•フランス国籍証明書のコピー(三ヶ月以内に発行されたもの)
•IC旅券パスポートのコピー
•国籍が記載されている出生証明書(注意:COPIE INTEGRALEのみ)(三ヶ月以内に発行されたもの)
•フランス国籍への帰化または再取得に関する政令の謄本

※身分証明書とパスポートのコピーは一番簡単に用意できると思います。

‐フランス人配偶者の現状に関する宣誓書(フランス語のみ)
‐移民局(OFII)提出用フォーム

※この二つは、大使館のホームページのビザ申請用紙のところか、
 配偶者ビザ申請必要書類のところからダウンロードできます。

‐申請時に氏名・住所を明記し、600円分の切手を貼った封筒
※郵送でパスポートを返却してもらう場合。


この必要書類の中での私の疑問というのが、
3ヶ月以内に発行されたフランス婚姻証書謄本(copie intégrale d’acte de mariage français) 
というところ。

私の場合、入籍を9月半ばにし、その際に婚姻証書謄本は発行されたのですが、
この必要書類内で示されている “3ヶ月以内に発行された婚姻証書謄本” という意味に従うと、
その時私の持っていた証書謄本は12月半ばまでしか有効期限がないということ。

しかし、ビザの有効期限は3月半ばまであったので、
もしこれが婚姻してから3ヶ月以内に配偶者ビザを申請しなくてはいけないのなら、
日本に帰らないといけないのでは?と思ったり、
もうわからない事だらけでした。


ということで、この ”3ヶ月以内に発行されたフランス婚姻証書謄本” というのは、
「婚姻してから3ヶ月以内」 なのか、
または 「婚姻証書謄本が発行されてから3ヶ月」 かなのかを確かめるべく、
大使館へメールで質問してみました。

すると!今まで色んな質問をしてきて、一度も返事がなかった大使館から、
この質問に関しては翌日に返事が返ってきました。

”3か月以内に発行されたフランス婚姻証書謄本=婚姻証明書謄本が発行されてから3ヶ月”
とだけ書かれて(笑)

まあ、普通に考えると 「3ヶ月以内に発行されたフランス婚姻証書謄本」
 と書かれてあるので、
謄本が3ヶ月以内に発行されたという証明が記されていれば、
問題はないとわかるのですが、
私は、この謄本が結婚する時にしか発行してもらえないのではないか?!と思っていたわけです。

がしかし、婚姻した区役所へ行って、
発効日を記載して、区役所の印鑑とサインも入れて下さい
と言えば、何日か後には用意してくれました。

と、これに関しては問題なくクリア。

その後、ワーホリビザが切れる3月半ば前に一時帰国をすることにし、
その際に東京のフランス大使館へ行き、必要書類を提出して配偶者ビザ申請をしました。
ここで一つ、大使館で発覚したこと。フランスで県庁に、”ワーホリビザから配偶者ビザへの切り替えをフランスでできますか?” と問い合わせたところ、”フランスではできない。日本で申請しなくてはだめ。” という答えを得た私。 がしかし、このことを大使館の人に話すと、「そんなはずないですよ、普通は配偶者ビザならできるはずですけどね。それ、きっと間違った情報ですよ。」 だって。なもんで、フランスの県庁で働くスタッフでもわかってない事が多いみたいです。


実家にビザが張り付けられてパスポートが届いたのは、なんと1週間後!
これも思っていたよりも早く、びっくりしました。

しかし、これだけではまだ終われず、
フランスに戻ってきてからはOFIIという移民局へ、
大使館からパスポートと一緒に送り返されてきた、
移民局(OFII)提出用フォーム
パスポートとビザのコピー
フランス入国時に押されたスタンプがあるページのコピー

をOFIIへ送らなくてはいけません。
※OFII(移民局)は住んでる場所によって、異なります。

で、今はその返事待ち。

昔は国際結婚に憧れていた時期もあったけど、
実際してみると、手続きのことなど大変なことがいっぱいです。
[PR]
Commented by mi at 2014-05-08 00:28 x
はじめまして。現在ワーホリビザでフランス滞在中、結婚後にフランス人配偶者のビザ申請をしようとしている者です。私は以前在日フランス大使館の方にかならず日本に戻り、配偶者ビザを取得してくれと言われています。現在フランス国内でビザ切り替えは不可能かと思います・・(以前はできたらしいですが)ところでnaomusicさんはワーホリビザの期限が残ってる状態で配偶者ビザに切り替えられた、ということですね。期間中に切り替えができるかどうかわからなかったので参考になりました。
Commented by naomusic at 2014-05-09 17:39
miさんコメントありがとうございます。私は、ワーホリビザが切れてから配偶者ビザの申請をしました。
ですので、ワーホリビザが切れる直前に日本へ帰り、東京の大使館でビザ申請をしましたよ。切り替えができるのは、フランスでと聞きましたが、それも県によって違うような事も聞いたことがあるので、一度県庁にも確かめた方がいいかもしれませんね。色々とややこしいと思いますが、スムーズに滞在許可証まで取得できるといいですね、お互い^ ^
Commented by Maria at 2016-06-21 00:46 x
はじめまして。こんにちは。
長期ビザ申請書の書き方について質問があってコメントさせていただきました。

4月にフランス市役所での結婚を済ませ
これから日本に帰り、配偶者ビザの申請をしようと思っています。今はフランスにおり、7月の頭に日本に帰る予定です。

ビザ申請書の1.Nom(s) 2.Nom(s) de famille antérieur(s) についてですが、日本に帰り、日本国側への婚姻届提出の際、名前(苗字)は変えないつもりです。パスポートの名前も結婚前の名前が記載されています。

その場合、1、2はどのように書いたらいいでしょうか。

①日本側から見たら(パスポートなど)
1はパスポートに記載されている名前
2は未記入
②フランス側からみたら既に名前が変わっているので
1は夫の苗字
2は今の自分の苗字

①②どちらを書けばいいのかわからず
いろいろなブログを見てみましが、答えが分からずにいます。夫に聞いてもわからないといっています。覚えていましたら教えてください。よろしくお願いします。
Commented by naomusic at 2016-06-21 15:10
Mariaさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
そしてご結婚おめでとうございます。
私の記憶をたどってみましたが・・・実際はっきりと覚えていません。ごめんなさい。
ただ、私も名字を変えていないので、パスポートの名前も実際フランスでの銀行の名前も以前のままです。
ですので、ビザ申請時の際も名字は自分のものだけを書いたように思います。
が、はっきりとした記憶ではないので、フランス大使館にメールで質問されてみてはいかがでしょう?質問によっては私の時のように即返答をくれる場合もあるようです。
ビザ申請時は本当に気持ちも落ち着かずモヤモヤされていると思いますが、少しずつ頑張ってください。
お役に立てずすみません。。
by naomusic | 2014-04-25 18:01 | フランスでの結婚 | Comments(4)