フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

カテゴリ:フランスでの結婚( 8 )




OFIIでの研修‐フランスについて‐

先日、OFIIでの最後となる研修に行ってきました。
朝9時~夕方4時までの7時間。

フランスの歴史、健康保険や子供の学校制度の事…などなど、
延々と講義を聞いたのでした。

今回は個人的な面談とは違い、
私を含め約25名が集まりました。

マダガスカル、モロッコ、アメリカ、ロシア、カンボジア、ギネア…
そして日本(笑)

その中でもアメリカ人のジェニファーと意気投合。
彼女から、「英語話せる?」 と声をかけられ、
「話せるよ」 と言うと、 
「Yey!」 と小さくガッツポーズ。

もうこの時点で、なんかこのEasygoingなノリ、
なつかしい~…と微笑ましく、
そこからお互いの事を話し、
更にそこに日本語が少し話せるマダガスカル人の男性が混じり、
なんだか語学学校にいる時みたいな感覚になりました。

ジェニファーとはランチも一緒に食べたのですが、
(ちなみにランチは、無料。必要ならドリンクのみ1€払います。)
そこで発覚したことが、私と彼女が同い年であること、
更に彼女の旦那さんも彼女の10コ上であること。
(私とジョスも10歳差)

で、二人でハイファイブ(笑)

みんながみんなそうだとは言えませんが、
ジェニファーと接していて
フランス人とアメリカ人の違いをヒシヒシと感じました。

ジェニファーの人柄も手伝ってでしょうが、
初対面なのに本当にらく~に話ができたなぁと。

正直、フランス人よりもアメリカ人やカナダ人との方が
気が楽なんじゃ?!なんて思ってしまいました。
(あくまでも私の個人的な感覚ですから)


そんな出会いもありのOFII最後の研修が無事終了し、
証明書をもらい、晴れてこれで1年間フランスに滞在でき、
仕事ができるという訳です。

で、私が確認しなくてはならなかったことが
La carte sejour の事。

Pole emploi に行った際に、受付の男性に
「La carte sejour はOFIIの研修が全て終わってから
 送られてくるんじゃないかな」
と言われていたので、それを確認するべく
研修をしてくれた男性に尋ねると、

「パスポートに張り付けてあるビザに、
 仕事ができることが記載されてるでしょ?
 今はカードは発行されていないよ。」 とのことでした。

そして今のビザが切れ、次のビザを申請する際に
La carte residence というものがもらえるそうです。

OFIIの研修は計4つ。
それらを全て終え、証明書をもらわなくてはいけません。

私はこれから、県庁へ免許証をフランスの免許に書き換える手続きをする予定です。
(免許証はフランスに1年以上滞在する場合、
 フランスの免許に書き換えなくてはいけません)

今のビザが切れるのは、来年の4月半ば。
その2か月前に県庁へ行き、ビザの申請。

落ち着いたようで、まだ落ち着いていない感じ。

まあでもフランスにいる限り外国人なので、
避けては通れない道。

一つずつクリアしていくしかないですね!
[PR]



by naomusic | 2014-08-01 20:23 | フランスでの結婚 | Comments(2)

OFIIで2度目の面談

6月26日にOFIIへ行ってからのその後。
その時の面談の際に、「AubenasオーブナとValenceヴァランスで研修を受けてね」
と言われたわけですが、6月末にOFIIからその研修の
詳細資料が送られてきました。

前回聞いていた日取りとは若干違い、7月11日にオーブナ、
7月30日にヴァランスでという日程でした。

で、先日オーブナに行ってきたわけですが、
研修何日か前にマダムから丁寧に確認の電話が入り、
参加できるかどうかを確認されました。

当日はグループ研修かと思いきや、
私と担当の女性2人きりのマンツーマン研修。

研修と言っても、今までどんな仕事をしてきたか、
これからどんな仕事をしたいか、したい仕事をするために必要な物は何か、
などフランスで働くためのノウハウを相談&アドバイスしてもらうという形でした。

ちなみに研修の際に持参したものは、
パスポート、履歴書、資格または証明書(フランス語研修の修了書など)、
Pôle emploiの登録番号(日本のハローワークのような所)。

約3時間の研修でしたが、私に関する資料を作成してくれ、
それを持ってPôle emploi(ここへは去年すでに登録済み)へ行くように
言われました。

そして一昨日、早速仕事の相談をしにPôle emploiへ行ったのですが、
「La carte sejourは持っていますか?」 と聞かれ、
「パスポートに張り付けてあるやつだと思うんですが」 と答えると、
「これじゃなくて、ちゃんとカードになってるやつ」 と言われたので、
「それは思っていません」 と言うと、
持って行っていたOFIIの資料を読んでくれ、
「7月30日の研修が終了してからもらえるよ」 と教えてくれました。

どうやら対応してくれた男性の奥さんも外国人のようで、
手続きのノウハウを把握しているらしく、とても親切にしてくださいました。

ということで、フランスで働くために必要な
La carte sejourを手にするのは、来月以降になりそうです。
[PR]



by naomusic | 2014-07-17 20:59 | フランスでの結婚 | Comments(2)

OFII(移民局)へ行ってきました。

日本で配偶者ビザを取得し、フランスへ戻って来てからすぐにOFIIへ必要書類を郵送しましたが、その後一週間程でOFIIから1通の封筒が送られて着ました。

えっ?!もう返事きたのか?

と思ったら、なんと郵送した必要書類が1通の手紙と共に送り返されてきました。

何やら不備があるようだったのですが、どう考えても何がダメだったのかよくわからず、ジョスに聞いてみると、パフポートとビザ、パスポート内のフランス入国時に押されたスタンプがあるページのコピーを白黒ではなく、カラーでコピーして送った方がいいとのこと。

なもんで、提出する書類に不備があったどうこうとではなく、どうやら白黒コピーだと確認がしづらいため、カラーコピーでとのコトだったよう。
(多分ですが…なので、フランスで書類をコピーして提出する場合は、全てカラーコピーでするコトをお勧めします)


で、それらの書類を再郵送するわけですが、今回はたまたま結婚式のためにリヨンへ行く予定があったため、直接OFIIへ行き書類を提出。

受付のマダムが、
書類はオッケーなので、後はOFIIからの手紙での呼び出しを待ってて下さい。
と言われ、退出。

それから約2ヶ月後にOFIIから1通の手紙が届き、OFIIへ○月○日○時に来てください、ということとその際に持っていく物(パスポート、写真1枚、現住所を証明する書類、フランスで健康診断を既に受けた場合はその書類)、申請料241€の支払いのお願い、などが書かれてありました。

それらの書類を持ってOFIIへ出向き、他の移民の人達に混じり、軽く話を聞き、健康診断を受け(私は既に1月に健康診断を受けていたので、身長、体重などのチェックはパスしました)、最後に個人面談でフランス語のチェック。

フランスに住むに当たり、もしフランス語が十分でなければ、また2ヶ月ほど学校に通わなければならなかったので、これは絶対にパスしたいところでした。
というのも、学校に行くのは良いのですが、私が住む田舎からでは遠く、ガソリン代も時間もかかるしで、経済的な事を考えると学校に通うのは、金銭面で少しリスクがあるのです。

で、面談ですが、
『フランス語は問題ないわね』と言われ、一安心。

まあ実際まだまだ理解出来ないこともありますが、特に難しいことは聞かれなかったので、大丈夫でした。


フランス語の勉強はパスしましたが、それ以外に2回研修があり、今月はオーブナAubenasとヴァランスValenceという所に行かなくてはいけません。

これからどんな仕事をしたいか、そしてフランスについて学ぶ研修です。

これをパスしたらようやく、働くことも出来ます。

しかし、まずは1年間。

このビザが切れる2ヶ月前に今度は、県庁へ行きまたビザの申請をしなくてはいけません。


海外に住むって、簡単なことではないですなー。
[PR]



by naomusic | 2014-07-07 14:44 | フランスでの結婚 | Comments(0)

結婚式

2014年5月3日(土)

リヨンの小さな教会にて、結婚式を挙げました。

式をする日が決まったのは、なんと1ヶ月ほど前!
ちょうど私が日本からフランスに戻って来てちょっとした頃でした。
ってことは、3週間前くらい?

よくこんな急に決まったことにジョスの家族も私の家族も、
文句も言わず色々手伝ってくれたりと、協力してくれたなと思います。

本当にありがとう。


実は、年末前からずっとカトリックについての勉強を始めていた私。
今年に入ってからは、カトリック教徒になることを決め、
洗礼式と結婚式をダブルで行いました。

宗教って考えると何か抵抗があったのは否定できませんが、
何が一番その考えをとっぱらってくれたかって、
私の家族の大らかさです。

やっぱり家族は家族。
私の家族の温かさには、離れていても本当に助けられています。

今回の結婚式でも、沢山の愛情を感じることができて、
すごく嬉しく思いました。

どこに居ても、どんな状態でもいつも見方でいてくれる心強い存在です。

これからもそんな家族やまたジョスの家族、
友達にも助けてもらいつつ、ジョスとの生活を楽しく過ごせるように
努力していこうと思います。


結婚式では、日本で白無垢レンタルを4万円でし、
重たいのに家族が持って来てくれ、
着付けの資格を持つ叔母に着せてもらい、
従姉妹にヘアメイクとネイルをしてもらいました。

家族の中に色々できる人がいて、本当に助かりました。
ありがとう。


洗礼式。
a0153355_16424187.jpg


着付けの様子。
a0153355_1645478.jpg


お父さんと。
a0153355_1643185.jpg


ジョスと。
a0153355_16465161.jpg


式の後は、レストランへ移動してみんなで食事。

日本で言う、ケーキカットっぽいの。
a0153355_16502079.jpg


全然派手じゃなく、本当シンプルに過ごしましたが、
皆のお陰で、とても良い1日となりました。


さて最後にフランスでは、洗礼式や結婚式では必ず
”ドラチェ” と言われるアーモンドに砂糖がコーティングされたお菓子が
みんなに配られるんだそうです。

そのことを知らなかった私なので、ジョスのママが作ってくれました。
a0153355_16594699.jpg


まだまだフランスの文化で知らない事は沢山あります。
これから少しずつ学んでいくんでしょうな。
[PR]



by naomusic | 2014-05-15 17:04 | フランスでの結婚 | Comments(2)

ワーホリビザから配偶者ビザへの切り替え

書類の手続きもろもろの覚え書き。
どなたかの参考になればいいのですが…


去年の3月中旬からワーホリビザでフランスに滞在していた私。

その滞在中に結婚をすることになり、9月半ばに入籍。

その際に、フランス国への婚姻届提出日本国側への婚姻届提出の手続きを行いました。

その後、私のビザをどうしたらいいものか悩んでおりました。
ワーホリビザの期限は2014年の3月中旬までだったので、
法律上も問題なく、ワーホリビザの期限が切れるまではフランスに滞在できるのは事実。

しかし、ワーホリビザが切れてから次の配偶者ビザに切り替えるには、
ワーホリビザが切れてから手続きをすればいいのか、
はたまたワーホリビザの期限がある状態で、配偶者ビザに切り替えることができるのか?
ということでした。


で、在日フランス大使館の 「配偶者ビザの申請」 ページを何度も何度も読み、
そしてビザの申請に必要な書類をチェックしていると、一つ疑問点が浮かび上がりました。
(私の場合、ビザの有効期限と結婚してからの書類もろもろに記載されている有効期限
とに誤差があったため。)

ちなみに必要書類は、

‐長期ビザ申請書1部

‐証明写真1枚(35×45mm)

‐パスポート(原本&コピー)

‐結婚証(2つの書類) それぞれ原本とコピー。
 1)3ヶ月以内に発行されたフランス婚姻証書謄本(copie intégrale d’acte de mariage français)
 2)フランスの家族手帳(livret de famille français)

‐フランス人配偶者の証明(以下の書類のうち二つ):
•有効な身分証明書(carte nationale d’identité)の両面のコピー
•フランス大使館領事部が発行する在外国フランス人カード(carte consulaire)
•フランス国籍証明書のコピー(三ヶ月以内に発行されたもの)
•IC旅券パスポートのコピー
•国籍が記載されている出生証明書(注意:COPIE INTEGRALEのみ)(三ヶ月以内に発行されたもの)
•フランス国籍への帰化または再取得に関する政令の謄本

※身分証明書とパスポートのコピーは一番簡単に用意できると思います。

‐フランス人配偶者の現状に関する宣誓書(フランス語のみ)
‐移民局(OFII)提出用フォーム

※この二つは、大使館のホームページのビザ申請用紙のところか、
 配偶者ビザ申請必要書類のところからダウンロードできます。

‐申請時に氏名・住所を明記し、600円分の切手を貼った封筒
※郵送でパスポートを返却してもらう場合。


この必要書類の中での私の疑問というのが、
3ヶ月以内に発行されたフランス婚姻証書謄本(copie intégrale d’acte de mariage français) 
というところ。

私の場合、入籍を9月半ばにし、その際に婚姻証書謄本は発行されたのですが、
この必要書類内で示されている “3ヶ月以内に発行された婚姻証書謄本” という意味に従うと、
その時私の持っていた証書謄本は12月半ばまでしか有効期限がないということ。

しかし、ビザの有効期限は3月半ばまであったので、
もしこれが婚姻してから3ヶ月以内に配偶者ビザを申請しなくてはいけないのなら、
日本に帰らないといけないのでは?と思ったり、
もうわからない事だらけでした。


ということで、この ”3ヶ月以内に発行されたフランス婚姻証書謄本” というのは、
「婚姻してから3ヶ月以内」 なのか、
または 「婚姻証書謄本が発行されてから3ヶ月」 かなのかを確かめるべく、
大使館へメールで質問してみました。

すると!今まで色んな質問をしてきて、一度も返事がなかった大使館から、
この質問に関しては翌日に返事が返ってきました。

”3か月以内に発行されたフランス婚姻証書謄本=婚姻証明書謄本が発行されてから3ヶ月”
とだけ書かれて(笑)

まあ、普通に考えると 「3ヶ月以内に発行されたフランス婚姻証書謄本」
 と書かれてあるので、
謄本が3ヶ月以内に発行されたという証明が記されていれば、
問題はないとわかるのですが、
私は、この謄本が結婚する時にしか発行してもらえないのではないか?!と思っていたわけです。

がしかし、婚姻した区役所へ行って、
発効日を記載して、区役所の印鑑とサインも入れて下さい
と言えば、何日か後には用意してくれました。

と、これに関しては問題なくクリア。

その後、ワーホリビザが切れる3月半ば前に一時帰国をすることにし、
その際に東京のフランス大使館へ行き、必要書類を提出して配偶者ビザ申請をしました。
ここで一つ、大使館で発覚したこと。フランスで県庁に、”ワーホリビザから配偶者ビザへの切り替えをフランスでできますか?” と問い合わせたところ、”フランスではできない。日本で申請しなくてはだめ。” という答えを得た私。 がしかし、このことを大使館の人に話すと、「そんなはずないですよ、普通は配偶者ビザならできるはずですけどね。それ、きっと間違った情報ですよ。」 だって。なもんで、フランスの県庁で働くスタッフでもわかってない事が多いみたいです。


実家にビザが張り付けられてパスポートが届いたのは、なんと1週間後!
これも思っていたよりも早く、びっくりしました。

しかし、これだけではまだ終われず、
フランスに戻ってきてからはOFIIという移民局へ、
大使館からパスポートと一緒に送り返されてきた、
移民局(OFII)提出用フォーム
パスポートとビザのコピー
フランス入国時に押されたスタンプがあるページのコピー

をOFIIへ送らなくてはいけません。
※OFII(移民局)は住んでる場所によって、異なります。

で、今はその返事待ち。

昔は国際結婚に憧れていた時期もあったけど、
実際してみると、手続きのことなど大変なことがいっぱいです。
[PR]



by naomusic | 2014-04-25 18:01 | フランスでの結婚 | Comments(4)

日本側への婚姻届提出

フランスでの婚姻手続きが終わったら、今度は日本へ婚姻届を提出しなければいけません。

フランスでの婚姻手続き終了後、3ヶ月以内という期限付き。

私の場合、提出先は在リヨン日本国出張駐在官事務所でした。
(住んでいる地方によって、提出先が違います)

フランスでの婚姻手続きの際に必要だった、出生証明書(Acte de Naissance)・独身証明書(Certificat de Célibat)・慣習証明書(Certificat de Coutume)の作成を在リヨン日本国出張駐在官事務所にお願いした際に、日本側への婚姻届提出に必要な書類のリストと日本の婚姻届2通を一緒に送ってくれました。

必要だった書類は、
・婚姻届2通
・フランスの婚姻証明書2通
・婚姻証明書の日本語訳2通(COPIE INTEGRALE D'ACTE DE MARIAGE)
・配偶者(ジョスの)の国籍証明書2通(小審裁判所発行のもの)
・国籍証明書の日本語訳2通
・私の戸籍謄本(6ヶ月以内に発行されたもの)2通
・私のパスポートと滞在許可証のコピー、それぞれ1枚

でした。

ジョスの国籍証明書をもらうには、出生証明書から何やら他にも(ジョスがしてたのでよくわからないのですが…)書類を用意して、それを県庁へ送って…とちょっと手順がいる作業だったよう。

なので、国籍証明書が手元に届くまで約2週間はかかりました。

更に、2通必要だと言ってたのに、1通しか届かなかったという。

がしかし、それには何故1通なのか、という理由が書かれた手紙が付いていました。(国籍証明書はとても大事なものなので、第三者に渡ることがないように!というようなこと)

なもんで、その手紙と国籍証明書をスキャンして、在リヨン日本国出張駐在官事務所へメールし、確認しました。

すると、オリジナル1通とコピー1通でオッケーとのこと。

心配性のジョスは、オリジナルがちゃんと返してもらえる、という手紙が欲しいと言うもんなので、その旨も伝えると、返信用封筒と返して欲しいという手紙を付けていたら、ちゃんと返してくれるとの事でした。

基本的に、在リヨン日本国出張駐在官事務所の対応はとっても親切で速いので、私としては全くもって心配ありませんでした。

婚姻証明書と国籍証明書の日本語訳は、必要書類リストと一緒に見本を送ってくれていたので、特に難しいということはありませんでした。

国籍証明書の翻訳でわからないところは、これもまた在リヨン日本国出張駐在官事務所の方が助けてくれ、問題なくクリア。

後は、フランスの住所を日本語にするのが、これでいいのかな?と疑問に思いながらだったくらい。

何度もメールと電話で、書類があっているか確認してもらいました。

なんとかフランスでの婚姻手続きから3ヶ月以内で、日本への婚姻手続きも終了。

のんびりしながら、トータルで約1ヶ月ちょっとで手続き完了。

次はビザの事を考えなくてはいけません。
[PR]



by naomusic | 2013-11-11 07:39 | フランスでの結婚 | Comments(0)

婚姻手続き当日

大抵の人たちは、日本と同じように週末に結婚をするようですが、私達が結婚した日は水曜日。

というのも、フランスでの結婚はまず区役所にて婚姻手続きをし、それからそのまま教会にて結婚式、というのが通常の流れのよう。

しかし私たちの場合、私の家族がこの日に日本から来れないということ(結婚を急に決めたので)があり、婚姻手続き当日に同時に式をすることは難しかったのです。

更にクリスチャンのジョスは、結婚式はきちんと神様の前で、両方の家族を揃えてやりたいという強い想いがあるので、婚姻手続きとは別に式は日を改めることになったのでした。


さて、区役所での婚姻手続きですが、私たちの他にジョスのご両親と叔父さん叔母さん、そして証人2人を引き連れ、小さな区役所にて区役所の役人さん2人の前でテーブルを挟み行われました。

私たちが提出した資料を元に作成された婚姻証明書が読み上げられ、日本と動揺「◯◯を妻と認めますか?」 「◯◯を夫と認めますか?」 というような事を聞かれ、指輪の交換をし、最後に記念撮影。

ザザーっと思っていたよりも和やかにすんなりと終了。

なもんで、今でも全く結婚したという実感がありません(笑)
a0153355_17375477.jpg


日本から私の両親はこれなかったけれど、お祝いにとカードと夫婦箸、ネックレスにドライフードを送ってくれた母。カードには普段無口な父、それとは反対にお喋りな弟のメッセージも。
a0153355_17335521.jpg




みんなから、幸せになるねんでーと言ってもらったり、私も嬉しいと言ってもらったり、沢山の人から祝福される結婚で良かったと思っています。


日本から来てくれた友達ともたっくさん話ができて楽しかった!

本当にありがとう!

a0153355_17335698.jpg

[PR]



by naomusic | 2013-09-18 17:08 | フランスでの結婚 | Comments(2)

結婚に必要な書類

9月11日、無事に結婚することができました。

フランスでの結婚は、書類に関してややこしかったり、
住んでいる地区によって要求されることが違ったりと聞いていましたが、
私の住むアルデッシュ県Saint-Justでの手続きは、意外にスムーズに済みました。

というのも、ジョスのご両親が区役所の人たちをよく知っていたのと、
区役所に努める女性が毎週のヨガ教室に通っているので
私も顔見知りになっていたので、とても親切にしてくれたのでした。


私は、「フランス人とフランス方式で結婚する」 という状況でした。

まず、日本の両親に戸籍謄本を取って来てもらい(2通で2700円だったかな?とにかく高かったはず)
更にその後、大阪にある外務省へ行ってもらい、
戸籍謄本1通にアポスティーユ(日本国の公印)をつけてもらいました。

そしてそのアポスティーユ付き戸籍謄本をフランスへ郵送で送ってもらいました。


なぜかとういうと、フランスで結婚する場合、
住んでいる地区の区役所へ以下の書類提出が必要となるからです。
出生証明書(acte de Naissance)
独身証明書(certificat de celibat)
慣習証明書(certificat de coutume)

この3つの書類を揃えるのに、日本のアポスティーユ付き戸籍謄本が必要になります。

私が住むアルデッシュ県は、リヨンの日本国領事館へこれらの書類申請をします。

戸籍謄本、申請書(リヨンの領事館へ問い合わせて、メールで送ってもらいプリントアウト)、
滞在許可証とパスポートのコピー、区役所が婚姻の際に必要とする書類のリストのコピー(リストは区役所でもらえます)、返信用封筒A4サイズと切手を揃えてリヨンの領事館へ郵送しました。

対応がとっても速く、3日ほどで上記3つの書類を作成して送られてきました。

ただ、ここで注意しなければいけないことが、
出生証明書に関しては地域によって、法廷翻訳家(traducteur assermente)が翻訳したもので
なくては受け取ってくれないという区役所もあるということ。

色んな方のブログを拝見していると、ほとんどの方が法廷翻訳家が翻訳した
出生証明書が必要だったみたいですが、私の場合は大丈夫でした。

というのもその場合、日本大使館や領事館で翻訳されたものでは駄目なので、出生証明書だけ別に法廷翻訳家さんに頼み作成してもらわなくてはいけないそう。

私はラッキーだったのか、全部領事館が作成してくれたものでよかったので、
スムーズに済みました。

さて、その3つの書類(出生証明書、独身証明書、慣習証明書)が手元に届き、
そこからは私とジョスそれぞれの婚姻の証人になってもらう人の身分証明書と必要書類1枚を用意。

フランスでは新郎、新婦、それぞれに証人を立てるという決まりがあります。

私の証人は、私に会いに日本から来てくれた友達。
ジョスは、亡くなったお姉さんの親友に証人を頼みました。

日本からの友達には、まず必要書類1通をスキャンしメールで送信。
その書類をプリントアウトしてもらい、そこに私がメールで説明した通りに記入してもらいました。ここでもやっぱり友達もフランス式のサインでちょっと戸惑いましたが。

それから記入してもらった書類、パスポートを今度は友達にスキャンしてもらいメールで送ってもらいました。対応がとっても速かったので、すごく助かった!ありがとう。

これで書類は全部揃ったので、私の出生証明書・独身証明書・慣習証明書・証人の身分証明書・書類1枚、それに私は一応自分のパスポートのコピーも付けて。(たぶん必要なかったと思います)
ジョスは、出生証明書・証人の身分証明書・書類1枚を提出。

これだけ揃えて結婚したい日を伝え、それまでの間(約10日間)区役所の前の掲示板に
「○○と○○が結婚します」と張り出されます。
これは、この結婚に反対する人が出ないかどうか試すためらしい。
今まで結婚に反対する人が出たことがあるのだろうか?
その場合はどうなるんだろう? と疑問が残りますが、私たちの場合は反対する人もなく
無事に9月11日を迎えました。

本当は地元の新聞にも載せることもできるようですが、私たちは2人とも恥ずかしがり屋なので、載せないでもらいました。

そんなこんなで、思っていたよりも書類に関しては問題もなく、無事に夫婦になることができました。
[PR]



by naomusic | 2013-09-17 16:32 | フランスでの結婚 | Comments(3)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

makiさん、草餅・・・..
by naomusic at 17:21
草餅美味しそう! 今年..
by maki at 23:44
akikoさん、オムツは..
by naomusic at 23:02
お、ムスコくんオムツ卒業..
by akiko_tp at 22:44
akikoさん、詳しくあ..
by naomusic at 20:58

最新の記事

2歳半
at 2017-12-05 23:08
秋の味覚と息子の絵
at 2017-11-15 22:27
秋の散歩
at 2017-11-07 22:15
毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル