フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

カテゴリ:日本滞在2016( 6 )




良いタイミングでした。

今回の帰国は突然決めたものの、
結果的には良いタイミングだった気がしています。

というのも、13年前にカナダのトロントで
ホームステイでお世話になった友達の両親が
ちょうど日本に遊びに来ていて、
5年ぶりの再会を果たす事ができました。

まだまだ子供ではっちゃけた若娘だった私を
本当の娘のように思ってくれ、
たくさんの時間を一緒に過ごしました。

彼らとの思い出はいつまでも私の宝物。

そして今は私も結婚して子供ができて。
そんな今の私を見てもらい、
息子を実際に彼らに会わせる事ができたのが、
すごーく嬉しかったです。

息子は基本的に男の人(特におじさん世代)が好きなので、友達のお父さんにとても懐いて
ずーっと『遊んで』と寄っていっていました。

フランスで英語を使う機会が全くないので、
英語をスムーズに話せなくなってしまった私。
(単語も沢山忘れちゃいました)

それでも、そんな事を一切気にしなくてもいいくらい、彼らと過ごす時間は私にとっては心地いいものでした。

これ以外にも、来年オーストラリアに戻る友達とこのタイミングで会えた事。
一緒に夜食事に行きゆっくり話もで来たし。(息子が産まれて初めて息子抜きで夜外出しました。母様様です。)
彼女と会うといつもゲラゲラ(笑) 何が可笑しいんだかわからないけど、何でも笑いになってしまうという。
彼女のお陰で、本当に凄く良い息抜きができました。

このタイミングで帰って来て、
会いたかった人と会えて、
ゆっくり話したかった人と話せて、
良かった。の一言です。

1人時間が好きな私だけど、
人は1人では生きられない、
支えてくれている人への感謝の気持ちは
絶対忘れちゃいけないな、と
日本へ帰ってくるとその事を再確認させられます。
a0153355_22354177.jpg

[PR]



by naomusic | 2016-12-19 22:13 | 日本滞在2016 | Comments(2)

緊急帰国した理由

本当は前回と同じく、日本のお正月に合わせて帰国しようと考えていました。
が、突然帰国を決め、
ネットで急遽日本行きのチケットを探し、
5日後に日本に発つと決め帰って来ました。

で結果、帰って来て本当に良かった。

今年の春から、義父の体調が急に悪くなり、
それから前立腺がんが発覚。
更に夏頃にはレビー小体型認知症と発覚。
ジョスの実家が徒歩10分もかからない場所にあるということもあり、それからほぼ毎日様子を見に行く日々が続きました。

といっても、別に毎日来てと言われた訳でもなく、自分が気になって足を運んでいただけ。
正直、行くのがしんどいと思った時も多々あっけど、行かなければ気になるしで結局行ってしまうという。
義母はすごく面倒見がいい人なので、
彼女は義父の世話でしんどいはずなのに
私に必要なものがないか、などと聞いてくれる事もしょっちゅうでした。

だから、結局毎日義父の様子を見に行くという事は、私が勝手にしていたこと。

しかし、私の性格上
毎日誰かと一緒にいる、
人とベタベタする、
自分1人で過ごす時間が全くない事が
とてもストレスになります。

毎日、息子と一緒。
ジョスも仕事が不安定で自宅で
家の工事の作業をして外に出て行く事なく、
昼と夜の食事の準備、
工事のせいで家の中は埃だらけになるので
毎日マメに家を掃除、
動物の世話、義父の様子を見に行く…

それプラス、日々の愚痴を言い合える人がいない、友達がいない、日本語で話す機会がない…

唯一のタイ人の友達とは滅多に会わないですが、会っても何だかあんまり話が噛み合わない。(元々の育って来た環境があまりにも違うという事も多少影響しています)

なんかもう色んな事が重なって、
気持ちがいっぱいいっぱいになりました。

それが爆発して、
何度か泣いてジョスに、
日本に行きたいとか、私は精神的に病気だなんて言ったり。

とにかく、このままではジョスとの関係も
悪化して行くだろうと思いました。

彼も私がしんどそうにしているのも
言わなくても態度や表情に出ていたのか
わかっていたようで、
日本に帰ってしばらく休養したら、
と背中を押してくれ、
義父の事が気がかりではありましたが、
思い切って帰る事になった訳です。

しかし、残念ながら
義父は私が日本に着いた1週間後に他界。

私が日本にいる間に亡くなったら…
という話も既にしていたので、
私と息子はフランスには戻らず
予定通り日本にいる事にしました。

それでもやっぱりショックでしたけど。

義父の事、すごく好きだったので。

今は、気持ち的にはかなりリフレッシュ出来たし、整体やカイロプラクティックに行き、体のメンテナンスも完璧ではないけどある程度出来たし、またフランスに戻りボチボチ頑張ろうと思えるようになりました。

私の新しい家族の為にも、
やはり自分の健康管理はすごく重要だと再確認。

特に息子のためには、
私が元気でいないと!と思うようになりました。

ここには書ききれない気持ちに溢れていたけれど、結局自分が強くなるしかないんです。
そのためには、無理し過ぎない事。

そしていつも支えてくれている
家族や友達の存在を忘れない事。


残りあと1日。

名残惜しいけれど、
フランスに戻る心の準備をしっかりする予定です。


[PR]



by naomusic | 2016-12-18 21:43 | 日本滞在2016 | Comments(8)

1歳6ヶ月

1歳6ヶ月は、日本で迎えました。

現在、日本滞在3週目。
毎日日本語に触れているお陰で、
沢山日本語の単語が増えました。

最近は、私たちが言ったことを
おうむ返しのようにすぐ真似します。

ここ、いらん、おいしー、ひこうき、
りんご、えび、そうじ、、その他諸々…

掃除がどうやら好きなようで、
日本に来てから毎日のように掃除機で
掃除をしてくれます。

ご飯も日本だと毎日色んなものを
食べさせてもらうせいか、
フランスにいる時の倍は食べる気がします。

卵に豆腐、焼き海苔は元々好きだったけれど、
初めて食べさせた静岡産の鰻が相当美味しかったようで、もっとくれー!と凄かった(笑)

それと、フランスでは生では食べなかった林檎も、日本の大きな蜜入り林檎は美味しいと分かったのか、生でむしゃむしゃと食べる!
これにはビックリ。

子供は素直に美味しい物が分かっているんだなぁ〜と感じた出来事。

私が自分の休養のために…と
急遽決めた今回の日本滞在。

息子もそなりに楽しんでくれているようで、
帰って来て良かったなぁと思います。

あと残り10日程ですが、
息子にもうちょっと日本語を覚えてもらいたいなーと思います。

a0153355_22155872.jpg

[PR]



by naomusic | 2016-12-07 22:02 | 日本滞在2016 | Comments(6)

久々の日本で驚いたこと。

約2年ぶりに帰った日本。

先進国、日本。

今の田舎生活に慣れてきている私は、
今回の帰国で驚いたことがいくつかありました。

まずは、車。

都会は特にみたいだけど、
車がピカピカ!
こっちだとボッコボコになってる車や汚れてる車が殆どなので、
日本で走っている車のどれもが新車に見えました。

そして車の機能にもびっくり。

後ろ扉がボタンで自動で開く車があるのは知っていたけれど、
両親が新しく買い換えた軽自動車がなんと・・・
ボタンを押せばエンジンがかかる優れものでした。
って、今の自動車そうなってきているみたいですね。

フランスでは古い車を乗ってる人も多くて、
ジョスの車なんか既に30000キロを超えていて、
鍵は鍵穴に差し込んで開けなくてはいけないしで
かなりアナログです。

後は、食料品の種類の多さに驚き、
(特にお菓子の種類の多さに驚き、
コンビニで「こんなに色々あったんだなー」としみじみ)
ジョスはレストランやカフェ(食べるところ)がいたる所にあることに驚き、
その他いろいろ日本って何でもあるなーと改めて実感しました。

そして、
そんな目移りするほど沢山のモノがある日本に帰って、
フルで働いていた日々、
友達と過ごした日々を懐かしく感じました。

今じゃあどっぷり田舎生活に浸り、
家族を持ち子を持ちで、以前の生活とはまるっきり変わってしまったけれど、
でも実際今は、前からしたいなーと頭の片隅で思っていたことをしていることに
気づきました。

なんとなくでも頭でしたいことを想い描いていたら、
その物事へと勝手に進んでいるもんです。

だから、そのうちしたいと(勝手に)思っている
友達との温泉旅行も母との二人旅も
息子に日本の四季を体験させることも
焦らなくてもそのうちにできているのかもしれません。


先進国過ぎる日本をちょっと怖いと感じたのは
否定できないけれど(笑)
今回日本に帰って、日本の美しい文化を
これから息子に知っていってもらいたいなと思いました。

話が少しずれましたが、
以上、日本に帰って驚いたことでした。
[PR]



by naomusic | 2016-02-22 14:23 | 日本滞在2016 | Comments(0)

たっくさんの人とご対面

今回、私が帰国するからということで
遠くからわざわざ会いに来てくれた友達がいました。

茨城から旦那さんと子供2人を連れて会いに来てくれた友達。

白馬から車でこれまた子供2人を連れて会いに来てくれた友達。

和歌山から子供1人連れて会いに来てくれた友達。

遠くでなくても、休みを取って会いに来てくれたり、
忙しいのに空いている時間に会いに来てくれたり(集まったり)、
一緒に食べたかった韓国料理を食べに行ったり、
お家に遊びに行かせてもらったり・・・・

限られた時間の中で会いたい人全員に会うのは無理があるけれど、
それでも沢山の友達に会えて本当に嬉しかった!
息子も色んな人と初対面しました。

日本に帰る絶対の理由は、
やっぱり気心しれた友達に会って
日本語で(これ重要)たわいもない話をすること。

今置かれているこの環境で生活し始めてから、
日本では当たり前だったこんな事が
すっごく重要な事だと気づきました。

これ、めっちゃストレス解消にもなるしね。

今回みんなのお陰で、めちゃめちゃリフレッシュできました。

更に、2回も極上(痛かったけど 笑)マッサージもしてもらい、
心も体もスーッとしてフランスに戻ってこれました。

また疲れた時には、
リフレッシュしに日本に帰ろうと思います。

みんな、ありがとう。

※奈良公園での一コマ
a0153355_0235997.jpg

[PR]



by naomusic | 2016-02-12 00:26 | 日本滞在2016 | Comments(0)

おごと温泉

今回の日本滞在中したかったことの一つが、
”家族で温泉旅行” でした。

ジョスの日本滞在期間が1週間だったので
その間に近場の温泉宿に泊まりに行くことにしました。

有馬温泉に行きたいなーとも思ったのですが、
なんせお値段が高いものだから、今回はパス。
(そのうちいつか絶対行くぞ・・・)

ということで、今の自分たちが行ける範囲での
温泉宿を選択。
(といっても母がお金を援助してくれましたが)

で、琵琶湖に面した場所にある「おごと温泉」に行ってきました。

ジョスにとっても初めての温泉だったのと、
息子もいるのでゆっくりと家族で温泉に浸かりたいと思い、
時間制の貸切露天風呂がある宿をチョイス。

屋上にある露天風呂だったのですが、
この日は天気が悪く風が冷たくて、
どうなることやら・・・と思いましたが、
温泉に浸かればそんなことは忘れてしまい、
やっぱり気持ちいいわ~と至福の時間を過ごせました。

温泉初めてのジョスも気に入ってくれたようで
これで少しは私がお風呂が好きなワケを
理解してくれたかな、と思います(笑)

息子も初めて入る大きなお風呂で
足をバタバタとさせ、気持ちよさそうでした。

良いお湯にお部屋もキレイだったので良かったですが、
やっぱりお料理はそれなりの値段を出さないと
美味しい物は食べれないですね。


最後にジョスがびっくりしていたのが、
帰りにお宿のスタッフの人たちが
私たちが車に乗って走り去るまでお見送りをしてくれたこと。

私も久々にこんな日本のおもてなしを受けたので、
あ~そういえば日本ってこうだったなーと懐かしく思いました。


1泊2日の短い時間でしたが、
初めての家族3人温泉旅行が実現して良かったです。

※部屋での食事
a0153355_191932100.jpg


息子には夜も朝もお粥を用意してくれました。
a0153355_19204823.jpg

[PR]



by naomusic | 2016-02-06 19:25 | 日本滞在2016 | Comments(0)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

makiさん、草餅・・・..
by naomusic at 17:21
草餅美味しそう! 今年..
by maki at 23:44
akikoさん、オムツは..
by naomusic at 23:02
お、ムスコくんオムツ卒業..
by akiko_tp at 22:44
akikoさん、詳しくあ..
by naomusic at 20:58

最新の記事

2歳半
at 2017-12-05 23:08
秋の味覚と息子の絵
at 2017-11-15 22:27
秋の散歩
at 2017-11-07 22:15
毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル