フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

カテゴリ:フランス生活2017( 23 )




毎日の虫たちとの戦い

イモムシに、
a0153355_15180949.jpg
黄色いカメムシに、
a0153355_15163617.jpg
白いアブラムシに、
a0153355_15210218.jpg
ナメクジ・・・
a0153355_15235185.jpg
これに加えてカタツムリも。

これらは家の庭に植えているカリフラワーやブロッコリーの一部。
更に、白菜にパパの畑のキャベツたちに・・・
もう毎日毎日葉っぱを食べまくってくれる虫たちの処理に追われ、
そろそろ嫌気がさしてきました。

イモムシやアブラムシ用の防虫スプレーをしても、
オーガニック製だからかそれほど効かないし、
とにかく手で処理するしかありません。

お陰でイモムシとナメクジは素手でもいけるくらいになりました(笑)

10月も後半だというのに暖かいせいもあってか、
虫がなかなかいなくなりません。
この前は米にも小麦粉にも虫が発生していたという事態・・・(泣)

早く寒くなって欲しいものです。

さて、水曜の夕方についに芝生を張りました。
a0153355_15150438.jpg
10日間は芝生の上を歩いてはいけないらしい。
そして朝晩水をたっぷりやることが大事だそう。


そして、昨日たまたま通りかかったマルシェで買ったジロール茸。
a0153355_15253239.jpg
今年は雨が降らず、キノコも少ないらしいです。
その情報を聞き、毎年のように行っていたキノコ狩りも今年はなし。
アルデッシュの名産の栗も例年に比べ、小粒なんだとか。

今日は雨が降りそうな気配だけれど、
どうかまとまった雨が降りますように。


[PR]



by naomusic | 2017-10-20 15:34 | フランス生活2017 | Comments(0)

畑とこれからの庭計画

本当に雨が降らないフランスです。

日本から帰って来て、畑のキャベツやボロッコリーなどアブラナ科の野菜を見ると・・・
イモムシだらけ。
散々に葉っぱを食べられていました。

畑はちょっと離れたところにある、ジョスパパから引きついだ畑と、
自宅の庭でしている畑の2つ。

ジョスパパの畑は、こんな感じ。
a0153355_21064335.jpg
a0153355_21085655.jpg
私たち以外に、おじさんと中年夫婦が畑をしています。
定年退職しているおじさんは時間があるので、
ほぼ毎日畑に出向き水やりやら手入れをしているし、
中年夫婦もマメに手入れをしているのでとっても綺麗な畑です。

※こちらがご夫婦のされている畑。
a0153355_21130759.jpg

※こちらがおじさんがしている畑。奥の大きな木はイチジクの木。夏になると取り放題!
a0153355_21151239.jpg
私たちはなかなかマメにはいけないけれど、
私が2日~3日に1度は水やり&様子見に出向くと言った具合い。

今年は私はもっぱら自宅の庭に花を植え、
春に向けて花いっぱいの庭にしようともくろみ中。

そしてこのあんずの木がある玄関前の庭には、
息子が好きだからという理由で芝生を植えるべく、
現在小石などを取り除く作業をしています。
a0153355_21174483.jpg
庭にはホウレン草が食べごろに近づき、
ニンジン、赤大根、菜の花、白菜も徐々に芽を出し始めました。
a0153355_21224453.jpg



日本に帰った時に、手に入れた本。
「その調理、9割の栄養捨ててます」
せっかく畑をしているのだから、採れた野菜は栄養満点の状態で食したい!
この本を読んで勉強して、できるだけ野菜の栄養を逃さずに
体に届ける調理法を心掛けたいと思います。
a0153355_21044054.jpg
さてさて、庭の花たちは・・

トケイソウに、奥は南仏ではよく見かける青い花。
(日本でも見かけました)
a0153355_21210965.jpg

a0153355_21194015.jpg
a0153355_21261383.jpg
a0153355_21245466.jpg

今年は寒くなるのが遅そうな気配。



[PR]



by naomusic | 2017-10-12 21:46 | フランス生活2017 | Comments(2)

オリーブ漬けに挑戦

今年は思い立って庭にあるオリーブの木から採れただけのオリーブで
オリーブ漬けを作ることに。

収穫時期としては、黒オリーブとしてはまだ早く、
緑のオリーブとしてはちょっと遅かったらしいのですが、
まあ物は試しということでとりあえず作り始めました。

1週間~10日ほどオリーブを水または塩水に漬け、
その水を毎日交換。
(それぞれの家庭で作り方が違うよう。ジョスのおじさんは、
塩のみを加えて、オリーブから出た水分を毎日捨てるそうです)
a0153355_21191800.jpg
それから、塩水にまた何日か漬け、
オリーブ独特の渋みが抜けていればオッケー。

それをオリーブオイル、タイムや好みのハーブ、にんにくなどを加えたものに漬けこみ、
約3か月後に完成します。

食べられるのは、年末か年始か。

上手くできるかな~・・

[PR]



by naomusic | 2017-10-06 21:33 | フランス生活2017 | Comments(0)

茄子の年

毎年、野菜の出来が違うのですが、
今年は茄子がじゃんじゃんと溢れんばかりに採れています。
a0153355_14483944.jpg
(左の瓶は毎年作る保存用のトマトソース)


a0153355_14484286.jpg
既にいくつか揚げ茄子にして冷凍保存しましたが、
それでも毎日食べないと追いつかないくらいです。
(これまた毎日食べるとなると、調理法に困ります。上の写真は味噌炒め)

それに引き替えトマトは・・・
病気になってしまったり、なかなか赤くならなかったり。
今年はトマトが不作です。

ズッキーニにインゲン豆もイマイチ。

ここ2か月ほどまとまった雨が降っていないので、
そろそろ降ってくれないと土がカチカチで
これでは今植えている野菜も上手く育ってくれない気がします。

てるてる坊主でも作って、雨が降ってくれるようにお願いしようかな、
と思いましたが、そういえばてるてる坊主は雨の時に晴れるように願うために
作るものだということをすっかり忘れていました(笑)

アカンやん!って思わず一人ツッコミしました。。。

とにかく、早く雨が降って欲しい。

[PR]



by naomusic | 2017-08-02 14:57 | フランス生活2017 | Comments(2)

フライドポテトとさよならキャラバン

フランスでは夏になるとみんな食べたくなるらしい、
フライドポテト。
a0153355_20483609.jpg
日本ではハンバーガーとセットで食べることが多いので、
アメリカ発祥の食べ物だと思っていたら・・
ベルギー発祥なんですね。

フランス人男性や子供たちは特にフライドポテトが大好き。
うちの息子も2歳児ながら既に好物の一つになっています。
なので、この間は面倒だけど新じゃが切って、
ちゃんと油であげました。


さて、話は変わってキャラバン。
a0153355_20491838.jpg
1ヶ月ほど前になりますが、私の住む地区ですんごい大きなあられが降りました。
大きい物だと5~6㎝ほど。
10~15分ほどの間だったのですが、さすがに怖かった!
そのせいで車やキャラバンの天井部分にぼこぼこと傷が出来、
屋根の樋にも数か所穴が空きました。

樋は既に取り換えにきてもらい、現在は新品状態です。

しかし、キャラバンや車は古いこともあり、
修理するのに保険はきかないとのことだったのです。

で、このキャラバン。
数か月前に中古で購入してから一度も使用しておらず、
(中古と言っても一度も使われておらず、中はほぼ新品状態)
そこに霰で傷ができて・・・
このまま手元に置いておくか、900€と引き換えに引き渡すかという
選択を迫られ、結局手放すことになったのでした。
(ちなみにキャラバンは650€だったので、金銭的にはちょこと得しました)

息子は車やトラック、トラクターも好きだけれど、
キャラバンも結構気に入っていて、ちょっと残念だったけれど、
これからすぐに使う予定もなかったし、
傷がある状態でまたどこかに売りに出すこともできないしで、
結局は手放してよかったのかなぁーと思います。


それに、キャンプなんかは息子がもうちょっと手がかからなくなってからの方がいいなぁーなんても思っています。


[PR]



by naomusic | 2017-07-13 21:06 | フランス生活2017 | Comments(3)

七夕と初めて食べた貝

よく見るクワバタオハラの小原正子さんのブログで、 
7月7日が七夕であることに気づき、
せっかく庭に竹があるので、
折り紙で飾りを作ることにしました。
a0153355_20300785.jpg
息子が興味を示しやすいような飾りを・・と思って作りましたが、
息子、見向きもせず・・・(苦笑)

結局、私が飾り作りを楽しんだだけという結果に。

まあでも、小原さんがブログで七夕のことを書いていてくれなかったら、
七夕のことなんてすっかり忘れていたし、考えもしなかったので、
ほんの少しでも日本の夏に触れられたようで嬉しかったです。(私が)


七夕とは関係ないですが、
あさりとかハマグリみたいな貝が食べたいなぁ~
と思っていたら、たまたま魚屋さんであさりに近いような貝が売っていたので
買ってみました。
a0153355_20300955.jpg
魚屋のお姉さんが「すっごくおいしいよ」と言っていましたが、
確かにおいしかったです。
ただ、砂抜きしたのに身が小さいこともあるのか、
結構砂が残っていたのがちょっと残念でした。

ちなみに何と言う貝なのか、、名前は不明。

フランス生活も5年目に突入したのに、
本当に私ってそれぞれの地域の名物料理だったり、
特産物だったり、食べ物の名前を覚えません。
野菜の名前は割と覚えられるのに。

人って興味のあることしか覚えられないものなのか、、と思ったりしました。
(私が特になのかもしれませんが)


[PR]



by naomusic | 2017-07-10 20:47 | フランス生活2017 | Comments(2)

トマトの収穫とひまわり

今年もひまわり咲きました!
咲いたら去年と同様、もっと植えればよかった・・・と思います。
a0153355_13035737.jpg
そして収穫し始めたトマト。
黄色のミニトマトは色に反してとっても甘く美味しいです。
a0153355_13035970.jpg

それから、立派にできているビーツ。
a0153355_13040188.jpg
もともと体にいいからと好きだったのですが、
いざ採れ始めると調理するのに、レシピのレパートリーがあまりなく、
どう食べようか悩む日々です。
今までに作ったのは、ポルシチ、ビーツチップス、ビーツジュース、サラダ、ビーツのラペ、ニンジン代わりに使ってタコライスのようなナシゴレンのような物。
あと10個は庭に出来ているビーツをこれからどう処理しようか考え中。


最後は、ちょこっと泳ぐようになった息子。
a0153355_13023451.jpg
でもまだまだ頭を水につけるのを怖がり、
これから一人で泳げるようになるまでは時間がかかるかなーというところ。

6月でこんなに暑いのに、7月、8月がどうなるのかと思うと
怖いです。。。

[PR]



by naomusic | 2017-06-26 13:14 | フランス生活2017 | Comments(3)

最近のいろいろ

いろいろと言っても大したことはないですが、
ここ最近のフランスは猛暑日が続いていて、
朝7時前に起床したらすぐに窓を全開にして
涼しい風を家の中に取り入れ、
9時頃にパンを買いに行くのに外に出るので、それと同時に雨戸まで全部締切り、
10時以降の暑い日差しと空気をシャットダウン。

2日に一回はジョスママに琉生を見ていてもらい、
パパから受け継いだ畑の水やりをしに行きます。

朝9時半の時点でも既に汗だく。。。

それから10時半までには帰宅し、
干し切れなかった洗濯物を干したり、息子のごはんの準備をしたり。
本当に午前中はあっという間に時間が過ぎていく。

逆に日中は暑くて外に出れないので、
17時~17時半頃にようやく外に出るといった具合。
それでもまだまだ暑くて、結局息子を18時半までにはお風呂に入れて、
ご飯を食べて寝る前の20時半~21時過ぎまで外で少し遊ばせるといった感じです。

夏は以外にも屋外で遊ぶ時間が減ってしまうという現状。

暑さのせいで以前にも増して寝つきが悪くなった息子。
それにプラス、イラちな性格が顔をだし、
何か上手くいかないと叫んだり、私を叩いたり、物を投げたり・・・
これからどんどん忍耐力と根性をつけるために鍛えてやる・・と、
私の魂に火がついてきたここ最近です。

それでもご機嫌な時には畑仕事を手伝ってくれたり、
掃除をしてくれたり。お手伝いもちゃんとしてくれます。
a0153355_21332152.jpg


最後は、こんな暑いときにはもってこいの日本のデザート、わらびもち。
母が随分前に送ってくれ、食べよう思いつつ今になってしまい、
賞味期限が2月までだったのですが、気にしない気にしない。
味もまだしっかり美味しかったです。
a0153355_21342394.jpg
ここのわらびもちは、わらび粉100%で本当に美味しいです。
a0153355_21342545.jpg
デザートの中で一番好きだと言っても過言ではない、わらびもち。
フランス人には受けが悪いです(笑)

[PR]



by naomusic | 2017-06-21 21:47 | フランス生活2017 | Comments(4)

畑、これからの目標

今年の春はほとんど野菜を買わずで過ごしました。
(玉ねぎとニンジンくらいかな。あとは、果物をちょこちょこと)

これからの目標は、できるだけ自分たちで作った畑の野菜で
食事をしていくこと。

肉や魚、卵に乳製品はさすがに買わざるをえないけれど、
野菜はできたら買わずに自分たちの手で育てて収穫したものを
食べていきたいし、息子にも食べさせていきたい。

となると、常に種を撒いて、畑の野菜を絶やさないようにしなくてはいけない。

まだ夏前だけれど、今から冬野菜に向けての準備を始めなくては・・

全部を自給自足しようと思ったら、
本当にゆっくりしている暇もないんだなぁ~と
なんだかしみじみ考えてしまいました。

ちょっと早いけど、必要だったので採ったジャガイモ。
a0153355_20413868.jpg
キュウリにズッキーニもどんどん育っています。
a0153355_20413510.jpg
息子がトマト好きなので、沢山植えました。
サラダ菜もいっぱい。右側のホウレンソウは時期が終わって伸びきっていますが、
種ができるまで待ちます。
a0153355_20413378.jpg
ビーツとジャガイモとインゲン豆などなどを植えているところ。
a0153355_20413989.jpg
家の入り口前の花コーナー。
花は女性の心を豊かにしてくれる、とすごーく実感した今年。
a0153355_20414151.jpg
最後は、たった1つしか実がなっていないアプリコット。
食べられるのかも微妙・・・・
a0153355_20414374.jpg

[PR]



by naomusic | 2017-06-02 20:52 | フランス生活2017 | Comments(5)

滞在十年許可証ゲット。

フランス生活もちょうど5年目に突入した今年。
2013年~2014年はワーホリビザで滞在。
それからは毎年車で1時間かかる県庁へ滞在許可証の申請へ行っていました。

今年は申請4回目ということで、
受付女性に、「10年許可証の申請しますか?」と言われたので、
「できるなら、是非」ということで、
直筆で一枚、フランスに来てからのアクティビティについて、
10年の滞在許可証を申請したいという事などを書き、提出。

そして一昨日、ついに10年の滞在許可証をゲットしました。
これで、しばらく申請に行かなくていいし、
毎年€169ほど払っていた申請料も払わなくていいし、
ちょっと面倒なことがしばらくなくなるので嬉しいです。
ちなみに10年の滞在許可証の申請料は、€269でした。


さて話は変わって、しばらくうちの動物たちについて書いていませんでしたが、
今年に入って亀のタロウちゃんがずっと行方不明だったんです。
冬は土の中で冬眠するので特に探しもしなかったのですが、
春になって暖かくなり、もうそろそろ冬眠も終わって土の中から出てくるだろう・・と思っていたにも関わらず、探してもどこにもおらず、
きっと逃げ出したんだろうと思っていました。

がしかし、3日ほど前にフェレットたちを庭で散歩させていると、
タロウちゃん、いました!
a0153355_21325075.jpg
出て行ったと思っていたので、これにはかなりびっくり!!
正直、「いたの?」という感じで、
息子が触って噛まれたりしないか、本当にごくたまに生肉を餌として与えるだけだけれど、気にしなくてはいけないし、
結局世話する動物が増えたのか・・・という心境で。
動物は好きだけれど、本当にこれ以上増えるのは嫌!

実際の話、私はウサギもフェレットも亀も、一度も飼う事を承諾した覚えはありません。。。。。
でもいるからには放っておけないし、息子も喜んでいるので
今は仕方ないのですが。

最後は私の癒しの植物。

外に植え替えたアボカドは・・・
a0153355_21342867.jpg
a0153355_21342676.jpg

何と新しい葉が伸びてきていて、元気になりました!!
これからの成長がすごく楽しみ。

[PR]



by naomusic | 2017-05-16 21:52 | フランス生活2017 | Comments(2)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

最新の記事

毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46
2歳4か月、一人寝デビュー
at 2017-10-11 21:06
日本の思い出② 
at 2017-10-10 21:22
日本の思い出①(兵庫県)
at 2017-10-09 21:22

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル