フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

<   2012年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧




南米旅行記 その㉘

昨夜早く寝たせいで、朝は早く目覚める。

そして、最後のラパスは贅沢しようぜ! ということで
昨日友達が発見し、チョー美味しそうだったという朝食バイキングへ行くことに。

宿から5~10分ほど歩いたホテル1階のカフェ。
私たちが泊まっていた宿とは全く違った雰囲気。

私の大好きなフルーツに、パンやヨーグルトドリンク、パンケーキ。
a0153355_19444674.jpg


種類は多くなかったけど、久しぶりにまともな(?)ホテルでの朝食に、
今までの旅の仕方との温度差を感じる。

バックパッカーとしての旅もエキサイティングで面白いけど、
そろそろもう卒業してもいいかなぁ~… 

朝食を食べていた人たちも、お上品なおばさま&おじさまがほとんど。(そんなに人はいなかったですが)

そんなことを思いつつ、贅沢な朝食を楽しみ、
最後にキレイで広いトイレに感動し、この場を後にしました。
※友達が先にトイレに行き、出てきたときの第一声。
  「なおみん!ここのトイレめっちゃきれいで!トイレで寝袋持ってきて泊まれるくらい。
    ちょっと一回行ってきて!(やたらとトイレに行かせたがる)」  さすがにウケた(笑)


さて、私たちのイキケ行のバスはお昼12:30発。
宿でパッキングを済ませ、1時間ほど前にバスターミナルに到着。
またお菓子と水を買い込んで、少し待ってからバスに乗り込みました。


今回のバスは2階建てではなかったですが、割と快適なシートに、ランチも付いてきました。

このランチがまた面白く、豆とチキンとポテトのセット。(炭水化物とタンパク質のオンパレード)
a0153355_2003557.jpg

さすがボリビア。ユニークなランチです。しかも爪楊枝しかついておらず、食べずらい。


そしてシートは快適だったのですが、
バスに乗り始めてしばらくした時点で、天井から水漏れ。
雨は降っていなかったのですが、天井に溜まった水がポタポタ漏れており、
私の足元にかかってくる…!
私だけでなく、1席前の人たちにも水が降りかかっていました。

何時間か後に溜まっていた水が尽きたのか、やっと水漏れから解放。

ボリビア入りしてから、移動の時は必ず何かがオプションでついてきていた(苦笑)


そんなこんなで、チリとの国境までバスは走り続けます。
天気は良くなかったですが、国境までの道での風景が素晴らしかった!
写真は残念ながらないのですが、自然が作り出した地形や、壮大な山々。
南米大陸の大きさを目の当たりにすることができました。



バスは5~6時間走り、ボリビアーチリの国境に到着。
一度バスを降り、荷物を降ろし、パスポートにスタンプを押してもらい、荷物検査。

a0153355_2074822.jpg


私たちの乗ったバス。
a0153355_2081817.jpg


周りには湖。山には雪が積もり、天気も悪かったので結構寒かった!
a0153355_2092566.jpg



そして、無事にチリに入国!!!!!

再びバスに乗り込み、まずはチリのアリカまで。

しかーし、30分ほど(そんなにも進んでないかも?)進んだところで、バスがストップ。
特にストップすることには、問題を感じなかったのですが、
これが一向に進まない。

待てども待てども、進まない。
夕方だったので、まだ明るかった空が、暗くなるまで進まなかった。
結局、2時間バスは止まったままでした。

というのも、道が凍っており、大きなバスなどが対向して通るのには危険であったため、
対向車が全て通ってしまうのを待っていたよう。(ここら辺もよくわかりませんが…)

2時間後、やっとバスが進みアリカへと向かったのでした。

はたして、イキケまで無事に着くことができるのか…

 
[PR]



by naomusic | 2012-03-31 20:19 | 旅のこと | Comments(2)

ありがとうございます。

先日3月28日は、私の29回目の誕生日でした。

誕生日が1日違いのFさんと
去年から始まった、一緒にお祝いしましょう会(勝手に名前つけました)から、
20代最後の年を迎えるにあたって、すごくワクワク楽しみにしていました。

温かいメッセージをくれた友達。まさかのご近所の子供たちからのメッセージカード。
プレゼントをくれた弟とその彼女。私の好きな角煮を作ってくれた母。
花を送ってくれた恋人。
そして、温かく支えてくれる生徒さん。

私の誕生日を覚えていてくれることが、すごく嬉しかった。
この日だけは、自分が特別な存在に感じました。

そして、心から生まれてきてよかったと感じることができました。

今まで自分の存在価値を認めることができなかった時期もありました。
人見知りで自分の思っていることを口に出して言えない弱い自分が嫌いでした。
ずっと強くなりたいと思い、強くなろうと頑張ってきました。
はたして強くなれたのか?

大学受験の失敗と極端なダイエットで苦しんだ高校時代。
母に多大な迷惑と心配をかけました。
こんなバカな自分が嫌で、頭がよくなりたいと思い続けていました。(今ももちろん!)
少しは賢くなれたのか?


なかなか自分を認められず、自信を持てなかった私ですが、
今私の周りにいるみんなが、私に元気と自信を与えてくれています。

この29歳の誕生日に、みんなのお陰で
私が私でよかったと思えたことは、自分にとってすごく大きなことです。



20代最後の1年。
20代はがむしゃらに思いっきり、自分の直観にしたがいやりたいことをする年代と決めていました。
30代は今まで培ってきたものを咀嚼するように、何とも言えない味のある人を目指したいと思います。
そして、強くエレガントな女性になれるように。


これからの自分を楽しみながら、日々精進していきます。


本当に心の底から、みなさんありがとうございます。
[PR]



by naomusic | 2012-03-30 11:58 | 日常のアレコレ | Comments(2)

南米旅行記 その㉗

予定よりも早くラパスに到着!!!

朝8:00過ぎ。

今日はなんとバレンタインデー。

きっとラパスの町には、るんるんとしたカップルが沢山いるんだろうなぁー♪ 
なんて妄想をしていたので、以前のラパスよりもなんだか町がピンクがかって見えた(気がする 笑)

※実際は、そんなにるんるんなカップルもおらず、普通でしたけどね。


さて前回の失敗から学び、バスターミナルに着くなりイキケ行のチケットを購入。

それから宿へ徒歩で移動。
今回の宿は、友達が5年前に宿泊してなかなかよかったという場所へ。

この日は、ラパスを満喫。
やっぱり1人よりも2人の方が断然楽しい!
買い物は特に。
「コレ、見て~」 「コレかわいいー!」 「きれいやな~」 「どれがいいと思う?」…etc
なんて1人だと言えない。

ご飯を食べるのも、2人の方が楽しい。
もちろん、相手にもよると思いますが。

ディナーは、アジアンレストランへ。
日本、中国、タイなどがミックスされた面白いレストラン。

こんなものも発見。
a0153355_10574018.jpg


さあ何を食べようか…
定食が充実しており、てんぷら、ラーメン、トムヤムクンなど
忘れましたがその他諸々。
メニューはかなり豊富!

アジア料理が恋しい友達は、味噌ラーメンをオーダー。
私は、やっぱり野菜が食べたかったので、ベジタリアン風ラザニアをオーダー。

ボリビアで食されている味噌ラーメンとは、いったいどんなものなのか?
わくわくしながら来るのを待ちました。

そしてついに登場!
(食べる前の写真です)
a0153355_1114753.jpg


久しぶりのラーメンに、友達めっちゃ嬉しそう!

気になるお味は…麺が柔らかい。
チャーシューは、ハムのようなもので代用(?)
スープは、味噌汁みないな味。

まずくはないが、やっぱり日本のラーメンではない。

でも、久々の味噌の味に心が癒されていたようです。

ちなみに、私のオーダーしたラザニアは、普通に美味しいラザニアでした。


1人のラパスと2人でのラパス。
全く違う感覚で楽しめた、ラパス。

明日はそのラパスともお別れして、ついに憧れのチリへ向かいます!!!
今から興奮…!

a0153355_1155169.jpg

[PR]



by naomusic | 2012-03-30 11:08 | 旅のこと | Comments(2)

南米旅行記 その㉖

さて、朝。
まず思ったことは、停電がどうなったか…ということ。


残念ながら、まだ復旧しておらず。
その影響で、私たちが申し込んだツアーが中止になった!
理由は、「停電の影響でガソリンを売ってくれなくて、バスが出せない」 というもの。

しかしこの理由にはさすがに、??? なぜ?

そこで、直観力がものすごく働く友達が、
他の旅行会社にも理由を聞きに行こう!ということで、
何軒かの旅行会社に聞いてみる。

すると、
「天気の影響だよ。ボリビアとチリの国境で雨と雪がすごくて危険だからツアーが中止になったのさ。」 
ということでした。

これには、納得。

しかし予想のつかない天気のせいで、ツアーが再開するのをいつまでも待ってはいられない。
なぜなら、私たちの旅のリミットはもうすぐそこだったから!

私は、19日の夜中の便でリマから日本へ。
友達は、20日の夕方サンティアゴ発の便に乗らなくてはいけません。

あと6日間しかないので、これからは1日を、いや、1分1秒を大事に大事にしなくては。
といいますか、そんなことよりも、私たち帰れるのー?! という状況です。


しばらく考えた末、予定を変更し夜8:00発のバスでラパスへ向かうことにしました。
そしてどーーーーしてもチリに行きたかった私。
日本に帰る前にかじるくらいでいいから、チリに行きたい!
そこで、ラパスの後はチリ人の友達におすすめされた、イキケ(Iquique)という町に行くことにしました。
※イキケはスペイン語で 「うそつき」 という意味らしい。(だったよね?)


さあ、そうと決まればどうするか…。
バスの時間までたっぷり、いや、十分すぎるほど時間ができてしまった私たち。
ウユニの町はもう見尽くした感じだし、何をしよう?

とりあえず、ポストカードや日記を書いてみたり、
ベンチに座ってぼーっとしてみたり、何度も見たお土産屋さんをもう一度見てみたり…。

ウユニの町の一部。
a0153355_191856.jpg


BIEN VENIDO! ウユニへようこその文字。
a0153355_191488.jpg


町を撮ろうとしたら、なぜだかポーズをとるおっちゃん。
a0153355_193194.jpg


カワイイ郵便局。明るく見えますが、中は結構暗かった。
a0153355_1934285.jpg



昼過ぎからは、さすがに町をぷらぷらするのも飽きてしまい、
またベンチに座ったり、ベンチの横でストレッチをしてみたりしました。

そして、ウユニでの最後のディナーを食べ、
夜20:00発のバスで、再びラパスへ向かいました。

この日のバスが揺れる揺れる…。
揺れが激しすぎて、さすがの私もバス酔いしそうなくらいでした。
[PR]



by naomusic | 2012-03-29 19:12 | 旅のこと | Comments(2)

4月スケジュール!

少しずつ春めいてきましたね。
桜のつぼみも膨らみ始め、九州では開花宣言があったようです(^-^)

春は目の前!
心を開放し、気持ちよく新たなスタートを切りましょう!!

4月は、上半身を伸び伸び動かし、首・肩周りのつまりと取って、
体の中からスッキリ!デトックスを促します。

さて、4月の学園前スタジオデポでのスケジュールです。

5日・12日・19日・26日(木)   
 AM11:20~PM12:20(60分) 

  1回=1500円、4回=5000円

※初回体験は無料です。
 体験希望の方は、 ☎080-3802-1118 または ✉naomi760@hotmail.com へご連絡ください。
[PR]



by naomusic | 2012-03-28 17:20 | Comments(0)

南米旅行記 その㉕

今日はまったりウユニの町を楽しむ日。

といっても、小さな町。
30分もあれば、ぐる~っと観て回れてしまいそうなくらいです。


朝は、何度もリピートのカフェへ。
今日は私もパンケーキを注文。
パンケーキの上のものは、チーズ。ホントは、ジャムやキャラメルなんかをかけて食べるのですが、
どうしてもチーズが食べたかった私は、特別につけてもらいました。
右上は搾りたてオレンジジュース。やっぱりフレッシュなのは美味しい!
a0153355_15465581.jpg


メニューはこんな感じ。(見えるかな?)
a0153355_15484115.jpg


モーニングプレートやフルーツサラダなんかもありました。

朝食を食べながら、昨日の塩湖の美しさを思い出し、余韻に浸る私たち。

本当に行ったんだな~と、1日前のことながら、夢のよう。


さて、そんな時間を過ごした後は
明日のチリ抜けツアーへの準備のために、お菓子を買ったり
お土産やポストカードを買ったりとショッピング。

ぶらぶら歩いていると、町の様子が何か変なのでした。


実はこの日、毎夜続く雷と雨のせいで朝から町中が停電。
ほとんどのレストランやネットカフェは営業できず。

とここで一つエピソード。

この日、ウユニ塩湖へのツアーを申し込もうとしていた日本人学生(男子)がいました。
ツアーは10:00頃スタートなので、その前にツアー代を払うため
ATMが空くであろう8:00頃(だったはず)にお金を降ろしに行きました。
彼は、カードをATMへ入れ、降ろしたい額を入力し、お金が出てくるのを待っていました。
ATMマシーンがお金を数え始め、さあ出てくるぞ! って時に、
「ヒュ~ン……」 とマシーンがストップ。
彼は、何が起きたのか全くわからず。カードもマシーンの中。

そうです、この時にタイミング悪く停電になってしまったという。
その後、いつ復旧するかわからない状態で、カードを誰かに取られてしまっては困る!
ということで、彼は四六時中ATMの前で待ち続けていたのでした。


彼はこの事件をきっかけに、一瞬にして町中の有名人になりました。

町を歩いていると、沢山の日本人に出会うので、
私たちも彼のことをラパスで出会った日本人カップル(ここでも再会♪)に聞き、
様子を見に行ってみることに。


すると、彼の顔は日に焼け真っ黒。皮まで剥けてきていました。
どういう経緯でこんな状況になったのかを聞いたり、
沢山の日本人が差し入れを持ってきてくれたこと、
現地のボリビア人にも優しくされたことを話してくれました。

大変だろうけど、沢山の人の温かさに触れていたようでした。
若いうちにこういうことを経験しておくと、
きっと彼もまた誰かにやさしさをおすそ分けできるようになるのだろうな…なんて思いました。


幸いにも私たちは、停電の大きな被害もなく
ただただ夜はロウソクの炎と共に過ごしたのでした。


一応、夜の6時には復旧するという話でしたが、
それが朝の9時だという話に変わり、
結局私の知る限りでは丸2日間、電気のない状態でした。


さて、明日は無事にツアーに参加できるのか… ちょっと不安。
[PR]



by naomusic | 2012-03-27 16:13 | 旅のこと | Comments(0)

南米旅行記 その㉔

昨夜から続く、雨。

老朽化した塩のホテルのいたるところで雨漏りを発見。

私が寝ていた部屋も例外ではなく、
しかもちょうど私のベッドの上からポタポタと。
頭周りと足元がしたたり落ちてくる水で濡れてしまい、
それが気になってあまりゆっくり眠ることができませんでした。

そんな中、朝の5時に起き窓の外を確認。

朝日を期待しましたが…、外は真っ暗。

雨は降り続けていました。

一応外に出てみるも、何も見えず。

もう一度部屋に戻り、寝ることに。
(といっても、あまり眠れなかったんですけどね)


朝8時を過ぎたころから、車がぞくぞくと到着。
観光客がぞろぞろとホテルにやってきました。

そのころから、少しずつ空が晴れはじめ、
お昼に近づくにつれ、青空が見え始めました!

a0153355_11172193.jpg


a0153355_11175381.jpg


a0153355_11133525.jpg


そして、昨日の昼よりもスカーっと晴れた最高の天気に変身!!!!!

a0153355_11185482.jpg


二人でハート❤
a0153355_11192822.jpg


a0153355_1120060.jpg


足元はこんな感じ。
a0153355_11202647.jpg


フラミンゴの群れを発見!!


インディヘナのおばちゃんも、ちゃーんと映ってる!
a0153355_11234177.jpg


はしゃいでジャンプしたり、
a0153355_1123669.jpg


ヨガのポーズしたり、
a0153355_1125065.jpg


走ってみたり、


もうキレイ過ぎて、どうしたらいいのかわからない。

世界にはキレイな場所が沢山あるんだろうけど、
こんなに美しく、地球を映し出す鏡があるなんて。

本当に最高の場所。

夕日や星空は見れなかったけど、
こんなにパーフェクトな青空を見せてくれた!

神様、ありがとう!

a0153355_11304266.jpg



ランチを終え、とうとうこの美しい塩湖ともお別れ。

a0153355_11313631.jpg


後ろ髪を強く引っ張られる思いで、塩湖を去りました。

最後にかわいい塩の山を発見。
これも完璧にミラーになってる。
a0153355_1133370.jpg


帰り道、虹を見た。
写真には納めてませんが、すごくハッピーな気持ちになれました。


ホテルに到着し、シャワーを浴びて、夕食を食べにレストランへ。

友達との再会、素晴らしい旅に、コカビールで乾杯。
a0153355_11352821.jpg


そして、初めて食べるリャマ肉。味はラム肉に似ているかな?
a0153355_11355914.jpg


ご飯を食べながら、何度も何度も写真を見返す友達。
「ホンマにキレイやったよなぁ~」 と言いながらニヤける私たち。
かなりの日焼けをし、ひりひり皮膚は痛かったけど、
そんなことはどうでもいい。
とにかく、キレイだったから!

今日はいい夢が見れそうです。
[PR]



by naomusic | 2012-03-26 11:42 | 旅のこと | Comments(4)

南米旅行記 その㉓

10年以上夢に見たウユニ。

死ぬまでに絶対来たいと思った場所の一つであったウユニ。

とうとう来てしましました!!!

a0153355_2324266.jpg


a0153355_23253819.jpg


a0153355_23255557.jpg


ちゃんと人まで鏡のように映っている…
a0153355_23262018.jpg


塩のホテル 「PLAYA BLANCA」
a0153355_23273688.jpg


中には、塩でできたテーブルやオブジェがあります。
a0153355_2328450.jpg


着いてからは、素晴らしい景色を堪能し、ホテル内でランチを食べて、
日帰り組はそのまま町へ車で戻り、
ホテルに宿泊する組は、そのままホテルに残ります。
明日のお昼ころにまた車でガイドさんが迎えに来てくれます。

日帰り組が行ってしまった後は、、
な~んにもない塩湖のど真ん中で明日のお昼すぎまでフリータイム。

写真を撮ったり、少し遠くまで歩いてみたり…
とにかく暇といえば、ヒマです。

お昼を過ぎると、段々雲が暑くなり
天気が悪くなってきました…


このままでは、夕日が見れない(悲)

晴れることを願いながら、いろんなポーズをとって遊んでみる。
a0153355_2337571.jpg


a0153355_23514853.jpg


曇っているのも神秘的ではある。
a0153355_23383628.jpg




夜、月はかろうじて何とか見えましたが、空が雲に覆われ星は見れず…。
a0153355_23462244.jpg


とっても残念でしたが、明日の朝雲が晴れ、朝日が見れることを願いました。

夕食はロウソクの光の中で、スープ、スパゲティ、パンなどを頂きました。

今回の宿泊者は私たちを含めた日本人のほかに、
ニュージーランド人のカップルと韓国人の男の子2人が一緒でした。
 
明日の朝5時頃に起きて、朝日を見よう!
起きてなかったらお越しに来てね。

などとみんなで約束をして、明日の天気に期待しながら眠りにつきました。
[PR]



by naomusic | 2012-03-25 23:50 | 旅のこと | Comments(0)

南米旅行記 その㉒

いよいよウユニ塩湖へ出発の日!

こんなスペシャルな日は、朝食もスペシャルです。

ツアー開始時間が、10:00とゆっくりめだったので
その時間まで友達のお気に入りのカフェで朝ごはんを食べながら過ごすことにしました。

ここのカフェのオーナーは、地元ウユニ出身のご主人と
スウェーデン出身の奥さん。

カフェにはちゃんと、スウェーデンの国旗が飾ってありました。
a0153355_22363161.jpg


友達はここのパンケーキがお気に入り。
私も一度食べてみましたが、確かにおいしい!
でも私がもっともっと感動したのが、手作りのパン!!
本当においしいパン!

南米で食べるパンのほとんどがパサついた、決して美味しいとは言えないパン。

しかし、ここのパンはもっちりしていて、味も素朴ですごく美味しい。
こんな素敵なカフェに連れて行ってくれた友達に感謝感謝です。
また絶対行きたい場所の一つになりました。


さて、朝食を済ませ荷物を持って、ツアー会社へ行き
車が迎えに来てくれるのを待ちます。
このウユニ塩湖へのツアー、本当に日本人が多い。
私が行った時期は、学生も多く日本人の若者率が高かったです。

そして、ウユニ塩湖にある塩のホテルに泊まる人の約95%が日本人。(と思われます)
なぜなら、欧米人がよく使っているガイドブック “ロンリープラネット” には、
「塩のホテルは、とても不衛生なので宿泊は避けた方がよい」 
というようなことが書いてあるそうで、欧米人は日帰りツアーでの参加がほとんど。
※実際、塩のホテルにはシャワーも洗面所もありません。
 トイレはありますが、正直臭いが…

しかし、日本人がよく使うガイドブック “地球の歩き方” にはそんなことは書いてありません。
なぜならば、私たち日本人にはロマンがあるから(笑)

というのも、塩のホテルに泊まる人たちの理由のほとんどが、夕日、星空、朝日を見るため。
更にそれらが、なんでも鏡のように映してしまうウユニ塩湖に映ると
どんなに美しいことだろう…と想像し期待してしまう。

私たちもそのうちの2人。

ウユニに来る前から、星空が湖に映るところ絶対見たいよね!
映ったらどんなにきれいなんだろうね…と想像に想像を膨らましていたのでした。

さあ、そんな期待と共に、
10:00に迎えにくると言っていたが11:00前に迎えに来た車に乗り込み、
まずはなぜかわかりませんが、列車のお墓といわれる場所へ。

線路を見ると必ず写真を撮る私。(なぜならスタンドバイミーが大好きだから)
a0153355_2304671.jpg


使われなくなった列車が沢山。
a0153355_2321199.jpg


友達に、ポージングさせてみる(笑)
a0153355_2325222.jpg


ここでは、ただただ写真を撮って遊んだり、ぐるっと一通り回って
使われなくなった列車を見学するのみ。


列車のお墓を見学した後は、お土産物屋さんへ。
車を降りてお店をぐるっと見て、トイレへ行って終了。

早くウユニ塩湖へ行こうよー!! と心がうずうず…。

そして、再び車に乗り込み最終目的地ウユニ塩湖へ出発!!

こんな小さな村を通過して、
a0153355_2391093.jpg


途中、パトカーにも遭遇し、
a0153355_2395736.jpg



しばらく車を走らせると、

遠くに見えてきた…!!!

あれが、あれが、夢に見たウユニ塩湖…!!!!


遠すぎて、はっきりは見えないけど
何かが鏡のように下に映っているのがわかる!

あれだよね? そうだよね? と何度も確認しながら、興奮状態。


ついに来たー!
[PR]



by naomusic | 2012-03-25 23:21 | 旅のこと | Comments(0)

南米旅行記 その㉑

夜7時ラパス発、朝8時頃にウユニ着予定のバスに乗りました。

バスは今まで乗った中で一番小さく、
2階建てではないふつうのバス。

私の隣には、ボリビア人のおばちゃん。
伝統的なインディヘナの恰好をしたコロンとした可愛らしいおばちゃんでした。

夜が明け、順調にバスが進んでいると思い時計を見ると、すでに8時前。

予定ではもうウユニに着くかなぁ…という頃。

ですが景色を見る限り、全くもってウユニに到着する気配すらありません。

延々と続く道。
延々と続く同じような景色。

いったい私はどこにいるのでしょう?

と思っていると、少しずつお家のような建物が見え始め、小さな町(というか村)に到着。
 
「ここがウユニ???」 

隣のおばちゃんが何やら言っていましたが、
スペイン語かケチュア語かで話ているので、全く理解できず。

後ろの席にいた欧米人に、「ウユニに着いたの?」 と聞くと、
「まだウユニじゃないみたいよ。
ドライバーが道を間違えたか何かで時間調整のために止まったみたい。」 との答え。

よくわからん。

とりあえず、バスを降りてみる。

ウユニに向かうバスには、日本人が沢山。
私が乗っていたバスを含め、3台のバスが同じようにここでストップ。

と、向かいにいたバスをフっと見ると、
ラパスのツアーで一緒だったカワイイ日本人夫婦が乗っていた!
手を振ると、バスから降りてきてくれ、「また会いましたねー」 と言いながら
またまた2人の柔らかい空気に癒された瞬間でした。

さて、約1時間ほど待ち
再びバスに乗り込んで、ウユニの町へと向かいました。

結局着いたのが、昼12:00過ぎ。

朝8時頃に着くと友達に伝えていたので、
きっとバス停まで迎えに来てくれていたと思いますが、
何があるかわからないのが、南米の旅。(南米だけとは限りませんが)

でも大丈夫。
私が旅立つ前から、ウユニでの待ち合わせ場所はきちんと決めていました。
ホテルAVENIDAへと向かいます。

部屋番号を事前にメールしておいてくれた友達。

ホテルに着き、フロントのおじさんに友達が先に宿泊していて、
彼女と一緒の部屋に泊まりたい、ということを伝えました。

が、このおじさん英語が話せないので
私はつたないスペイン語(ほとんど単語を並べたのみ。そしてたまに英語が混じる)で
必死に説明。

しかし、おじさんにはあまり理解してもらえず。

こうなったら、まずは友達を探さねばと思い、
新たにメールが来ていないかネットカフェへチェックしに行きました。

すると、部屋の鍵をフロントに預けてくれているとのこと。

もう一度、おじさんにこのことを伝えるべくフロントへ乗り込みました。

「mi amiga, left a room key here for me, 32」 って
スペイン語mi amiga のみ(笑)

でもなぜだか伝わったようで、おじさんの後ろに鍵を発見し、鍵をゲット!

これでやっと重い荷物を降ろし、落ち着ける…と一安心。
部屋に入り、荷物を降ろして、友達を探しに行こうと部屋を出たちょうどその時、
友達が外から帰ってきたところで、やっと再会!!!

「やっと会えたね~」 と再会を喜び、
久しぶりなのにいつも普通で、とりあえずランチをしに行くことに。

彼女は以前、世界一周をしていて
もちろん南米にも来たことがあるのだけど、
今回は前回行かなかったブラジルと、そして雨季のウユニ塩湖を見に再び南米にやってきたのでした。
ウユニの乾季を体験済みの彼女ですが、
今回初の雨季で以前と全く同じルートでアルゼンチンからボリビア入りしたにも関わらず、
その道のりは乾季とは違い、命の危機を感じるような壮絶なものだったようです。

雨季のウユニ塩湖は確かに、美しい。
でもそれとは引き換えに、移動はかなり厳しいです。

しかし去年か今年から、ラパス~ウユニ間で飛行機が飛ぶようになり、
空路での移動も可能になったのだとか。

私は陸路しか知りませんが、雨季に来るなら空路の方が安全で快適だと思います。


さてさて、ランチをしながらお互いの旅話、そして恋話などをして、
町をプラプラしながら、さらに話をして…。

話は尽きないものです。

明日はいよいよ、ウユニ塩湖へ。
1泊2日のツアーに参加します。
塩湖の上に唯一あるホテル “Playa Blanca” に一泊します。

夕日や星空、朝日が見えることを期待して。

ついに長年夢見たウユニ塩湖へ行ってきます!
[PR]



by naomusic | 2012-03-23 10:45 | 旅のこと | Comments(0)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新の記事

毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46
2歳4か月、一人寝デビュー
at 2017-10-11 21:06
日本の思い出② 
at 2017-10-10 21:22
日本の思い出①(兵庫県)
at 2017-10-09 21:22

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル