フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧




12月スケジュール

すっかり寒くなりましたね。

今年は暖冬だと聞いていたのに、違うようです…

今年も残すところあと1か月とちょっと!
来年の目標を決めて、体調を整えて、良い年末を過ごせますように。

さて、2012年最後のクラスの予定です。

12月6日、13日、20日、27日(木)

   11:20~12:20(60分)

呼吸を深くじっくりしながら体を動かし、気持ちよく新しい年が迎えられますように。

ヨガでリラックスした心穏やかな時間を過ごしましょう!


※体験希望の方は、☎080-3802-1118 または ✉naomi760@hotmail.com まで
  ご連絡くださいね。 いつでも大歓迎です(^-^)/
[PR]



by naomusic | 2012-11-28 12:16 | Comments(0)

食すということ。

先日、「マインドフルネス」 をテーマにした講演会へ行ってきました。

マインドフルネスというのは、
意識を今この瞬間におき、あるがままの自分を受け入れた状態のことを言います。

お話してくださったのは、心療内科の先生、阪大医学部の助教授、
そして3年間お世話になった日本ヨーガ療法学会の木村慧心先生でした。


それぞれの先生が患者さんについてや、患者さんに対してどのような治療を行っているか、
統合医療についてやヨーガ療法について、そして個々の考えを話してくださいました。


その中で興味深いある一つの実験がありました。

2粒のレーズンが一人ひとりに配られ、
まず一つ目のレーズンをじっくりと隅から隅まで観察します。
余すことなく観察します。

そして、それをゆっくりと口の中に入れ、まずは噛まずにその形状や
口の中での感触などを観察します。

十分に観察できたら、ゆっくりと咀嚼します。
咀嚼したときの感覚や風味をよーく観察します。

さらに飲み込むときには、レーズンが喉を通る感覚、
そのあとの口の中の状態なども観察します。

一粒のレーズンがすご~く奥深いものに感じられ、
さらに普段食事をするときよりも唾液の量が増えるのです。


2つ目のレーズンも同じように食しますが、
今度は目を閉じて行います。

すると、視界が遮られるので更に “食す” ことに意識が集中します。
唾液の量が更に増え、口の中の感覚やレーズンが喉を通るときの感覚がより明確になります。


日常の生活の食事では(特に仕事の合間の食事)、何かを見ながら(本やテレビなど)
食事をすることが多いと思います。

何を食べたのかはっきり覚えていない時さえあります。

しかし、“食す” ということに集中して、
食べ物の風味、噛むときや飲み込むときの感覚に意識を向けると、
“食す” ことへの意味をしっかりと感じ取ることができ、満足感や幸福感度が増します。


こんな当たり前のことですが、無数と言っても過言ではないくらいの情報が飛び交う世の中で
こういった感覚を感じとることは難しいかもしれません。

でもよっぽど敏感な人ではない限り、私たちの五感はどんどん鈍っていくように思えます。

五感が鈍るということは、人間の本能的な直観力が鈍るということに繋がるのではないでしょうか。


何日に一回かでも、食事の時間にぜひ “食す” ことをしっかり味わいたいものです。
[PR]



by naomusic | 2012-11-25 11:01 | ヨガのこと | Comments(0)

NEWアイテム

先月の末に北海道から友達が遊びに来ていたので、アメ村に一緒に行きました。

その時に、たまたま通りかかったお店 “TIGER”
デンマークからやってきたお手頃価格の雑貨屋さんです。
デザインもシンプル且つ可愛くて、見ているだけでも楽しいお店でした!

そこで、私の目に止まったのがこちらの商品です。
a0153355_23444742.jpg

腹筋を鍛えるためのマシーン。

なんとお値段700円!!

即購入決定でした(笑)

これで毎日寝る前に、10回〜20回の腹筋を実行中。

どんな効果が出るのかの楽しみです。
[PR]



by naomusic | 2012-11-22 23:37 | ダイエット | Comments(2)

南仏②

次の日の朝。
妹家族のお家から見える風景は、最高!

a0153355_1039218.jpg


動画でもどうぞ。


目の前には海が広がり、横を見れば山がある。
そして海の広がる方向へ進むと、カンヌへ行けるのだそう。

静かで空気がキレイで、最高のロケーション。
いいとこ住んでるなぁ~としみじみ。


そんな素敵な場所ですが、ここもまた滞在時間短く、
朝食を済ませニースに向けて出発。

お天気がいいので、ドライブも気持ちがいい!

a0153355_1045588.jpg


ニースに着くとまずはホテルの場所探し。
朝予約したホテルを、携帯地図を見ながらぐるぐる車で回り探しました。

街中にある小さなホテルだったので、少しややこしかった…

とはいえ無事にホテルに着き、チェックインを済ませしばし町を散策することに。

人を観察していると、学生と観光客の姿が特に目立ちました。

a0153355_10535368.jpg


適当なレストランを見つけ、ランチ。
日陰は肌寒かったので、陽のあたる落ち着いたロケーションをチョイスしました。

a0153355_1055229.jpg


そこで食べたのがこちら、大量のムール貝。
a0153355_10554487.jpg


海が近いとなれば、シーフード。
チリで食べた美味しい料理を思い出しました。

お腹を満たした後は、車でモナコまで。

その途中、モナコへ向かう車、また反対へ向かう車のナンバープレートが
ところどころ違うことを発見しました。

というのもモナコは、世界で2番目に小さい都市国家。(カジノやF1が有名ですよね)
ナンバープレートが違うのもそのため。
なんだかお上品な雰囲気漂うプレートのような気がしました(多分)

モナコへ着くと、白い制服をきっちり着こなした警官がところどころに立っていました。

街並みもセレブな雰囲気がムンムンと漂っています。
a0153355_1152015.jpg


沢山の個人が所有していると思われるボート。
ボートでパーティーなんかもするみたいです。
a0153355_1154855.jpg


モナコをプラプラ歩きましたが、特にすることもなく…
滞在時間は1時間弱でした。
とはいえ、眺めは最高ー。
a0153355_11659100.jpg


お金を持って、パーッと遊ぶのには楽しい場所だと思います。


さてさて、モナコを見学した後は再びニースへ戻り、
フランス最終日だったこの日にお土産をちゃちゃっと買い、ディナーを食べるべくレストラン探し。

ライトアップされた教会の目立つこと(笑)
a0153355_1195868.jpg


有名だというニースの海岸沿いを歩き、
沢山レストランが建ち並ぶ通りから1本外れた通りにあるレストランを選びました。

伝統的なフランス料理を出しているお店のようで、
店内の雰囲気もアンティークな感じ。
a0153355_11124913.jpg


私は鳥料理をオーダーしましたが、量が半端ない…
頑張ってほとんど食べましたが、完食は無理でした。

メインの後は、お決まりのチーズ。
今まで食べたことのないような数種類のチーズ。
a0153355_11141752.jpg


この中に一つお酒に漬けたチーズがありましたが、
チーズ大好きな私もさすがにアルコールの匂いがきつ過ぎて食べれずでした。

さてディナーの後は歩いてホテルに戻り、荷物の整理を少しだけして就寝。

次の日は、彼に空港まで送ってもらい、
ニースからリヨンへ飛び、リヨンからイスタンブールを経て関西に帰ってきました。

長い長い移動時間。
南米で長い移動時間には慣れていたハズの私もさすがに疲れました。

とはいえ、この12日間でもかなりの移動をしました。
たくさん移動して、いろんなものを見て…
短い時間に色んな事がぎゅーっと詰まった日々。
体調万全で、もっと元気だったら…と思うものの、充実した時間でした。

でも、これからは優雅でゆったりとした時間が過ごせる旅がしたいな、と思います。
[PR]



by naomusic | 2012-11-16 11:32 | 旅のこと | Comments(0)

南仏

フランス滞在後半は、
南フランスへ行きたいという私のリクエストで、彼が車で連れて行ってくれることに。

1日目の目的地は、カンヌの近くに住む彼の妹家族のお家。

まずは、ArdecheからOrange、Avignonを通過し、マルセイユまで。
マルセイユで高速を降りると、今までの雰囲気とは違い、
スラム街があったりと少し暗い空気。

さらに少し車を走らせると、中心街は沢山のお店が並び
買い物を楽しむ人などで賑わっていました。

あまり時間がなかったので、丘に建つ教会だけ見に行くことになりました。
丘の上に堂々と建つ教会は、まるでお城のようにも見えます。
a0153355_10474651.jpg


a0153355_10484064.jpg


教会から見えるマルセイユの街並み。
a0153355_1049403.jpg


a0153355_1050070.jpg


陽が暮れてきたので、急がねばならず
サラっと教会を見学し、そのままCassis(カシ)へ。

小さく可愛らしい街並み、綺麗なビーチ。
静かで落ち着くステキな場所でした。
a0153355_10522260.jpg


海にちょこっと入ってみましたが、水は思ったよりも冷たくなく、
泳いでいる人もいました。私は絶対ムリですが…
a0153355_10522898.jpg


a0153355_1054494.jpg


Cassisの滞在時間、約30分。(短すぎ)

しかし、妹家族のお家には小さな子供が2人いるので、到着が遅くなるわけにはいきません。

8時までには着くように、急いでお家に向かいました。

そして予定通り8時前に到着!

お家に着くと、「Naomi~!」 と私の名前を口にしながら寄ってくる可愛い子供たち♡
フランス語で話かけてくるので、なんと言っているのかわからないのですが、
それでも寄ってきてくれるので、可愛くてたまらない!

そのうちフランス語がわかるようになったら、沢山一緒に遊ぼうね!! という気持ちです。


この日妹夫婦は、次の日仕事があるにも関わらずお家に泊めてくれました。
疲れているのにごめんなさい、ありがとう。

ホント、みんないい人ばっかり。

感謝感謝です。

明日は、ニースに向かいます。
[PR]



by naomusic | 2012-11-14 11:05 | 旅のこと | Comments(2)

ホームパーティー

リヨンから南へ約2時間。

彼の出身、Ardeche へ戻ってきました。

相変わらずのんびりとした空気が漂い、
古い石造りの建物などが可愛らしい場所です。

a0153355_1943286.jpg


これは、教会。
a0153355_19442777.jpg


イタリア旅行とは打って変わって、のんびり過ごす数日。

ワイン畑へ行き、既にワイン用のブドウを収穫し終えた木々に残ったブドウを取って食べたり、
a0153355_1946287.jpg

↓赤ワイン用
a0153355_19462745.jpg

↓ロゼ用
a0153355_194744.jpg


更に、ザクロを取ってジュースを絞って飲んだり、
アーモンドを取って食べたり。
(アーモンドの木を初めて見ました!)
a0153355_19482328.jpg



そしてある1日には、彼のご両親とおじさん、おばさんにお寿司を作りました。
材料を買いにスーパーやマルシェへ行き、
サーモンやエビ、野菜にチーズやパン、果物まで大量買い。

a0153355_2055389.jpg


久しぶりの料理。
a0153355_1950810.jpg


巻き寿司の作り方を披露。
a0153355_19502079.jpg


そして、初めて使うお箸にアタフタしながらも、楽しそうに食べるパパ・ママ、おじさん、おばさん。
a0153355_19524668.jpg


海苔はフランスで売っているものを使いましたが、
何の香りもなく、私たちが日常食べる海苔とは全く別物でした。

でもそんなことを気にするのは日本人の私くらいで、フランス人のみなさんは
美味しいと言って食べてくれました。


さて、その同じ日の夜には
彼のお友達をお家に呼んでホームパーティーを開きました。


お料理は彼のママがほとんど用意をしてくれ、
数日前から体調を崩していた私は、ほんのちょっとしかお手伝いできず。

体調不良の中、彼のお友達とその子供たち合わせて10人ほどがやってきました。

今年の2月に一度会っていた、夫婦が一番に到着。
奥さんのクラウディアは、アフリカからここArdecheへと嫁いできたのです。
24歳の彼女。
物静かだけど、笑顔が可愛いとってもチャーミングな女の子です。
a0153355_2002463.jpg


片言フランス語で何となくコミュニケーションをとるだけなのに、
私にとってなぜかホッとする存在の彼女です。


子供たちもとっても可愛い。
a0153355_2011937.jpg


夜遅くまでパーティーは続き、3時頃に就寝。
飲みすぎた彼は、二日酔い。

次の日は川辺で昼寝して少し散歩したり、映画を見に行ったりと普通に過ごしました。

のんびりArdecheは、のんびり過ごすのが一番です。


フランス滞在後半は、南フランスへ!
[PR]



by naomusic | 2012-11-10 20:10 | 旅のこと | Comments(2)

イタリア最終日。

最終日は、13:45のフライトまでに
サン・ピエトロ大聖堂を見に行くことにしました。

というのも、宿のオーナーが
「ローマに来たなら、サン・ピエトロを見ないわけにはいかないよ」 
と言ったことで、彼が 「これを見ずには帰らない!」 という空気になったため。

a0153355_2375944.jpg


ということで、宿から歩いてテクテクと大聖堂まで向かいました。

と、2日程前にチラッと大聖堂の前を通った時に比べ、人の多いこと!
中へ入るのに長ーい列ができていました。

しかし、列に並ばなくては中に入れないので、とりあえず列に並びます。

並んではみるものの、何か様子がおかしい。

そしてなんと、中に入るのに空港での手荷物検査の時のようなセキュリティーチェックまで!

セキュリティーチェックを済ませ中に入ると、
大聖堂の前にはずら~っと沢山の椅子が並べられていました。

警備員や警察官もたくさん!
大聖堂へどうやって入るのか聞いたところ、
「今日は昼1時以降からじゃないと入れない」 と言われてしまいました。

これを聞いた彼は、とても残念そう…

フライトが13:45のため、大聖堂の中に入るのは絶対ムリ。

仕方がないので、椅子が並べられているところへ入り、とりあえず座ってみました。

本当に沢山の人!
a0153355_2314673.jpg



実はこの日、ローマ教皇 ベネティクト16世が来るということでした!

しばらく待っていると、ワーっという歓声が聞こえ、ベネディクト16世が登場!
a0153355_23161781.jpg


この日のために世界中からヴァチカン(ローマ)へたくさんの人々がやって来ていたのでした。

正面のステージへ立たれ、何かをお話しされました。


ベネディクト16世のお声を確認し、私たちは空港へ向かうため、そっとこの場を離れました。

大聖堂の中は見ることができませんでしたが、
滅多にお目にかかれない方にお会いできて、とってもラッキーだったなと思います。

そうそう、忘れていましたが
ローマの町で “かわいい!” と感激したもの。
それが、こちら。
a0153355_23292934.jpg

ストリートの名前を書いた標識。
どこの道でも目にすることができ、とってもオシャレで素敵でした!



さてさて、帰りは宿のオーナーに空港まで送ってもらい、飛行機に乗ってリヨンへ戻りました。

リヨンに着くと、彼の親戚が迎えに来てくれ
再び彼のおじいちゃんのお家へ戻りました。


夜は彼の友達と会ったり、ちょこっと出かけたりで2人とも帰るとグッタリでした。


まあでも、初のイタリアは夢も叶ったし、
美味しいものや美しいものを見ることができたので、良かったなぁと思います。


連れて行ってくれた彼に感謝です。

Merci beaucoup!

a0153355_2328111.jpg

※みんなに褒められた写真。カプリへ向かう地獄の船で(笑)
[PR]



by naomusic | 2012-11-06 23:40 | 旅のこと | Comments(8)

Besties!

この週末は、大好きな友達との再会祭!

9月に北海道に会いにいった友達が、
旦那さんを連れて関西に遊びに来てくれました。

そして、今オーストラリアに住み、今年始めに一緒にボリビア・チリを旅した友達も
日本へ一時帰国中。

カナダで友達になった彼女たちとはかれこれ10年のお付き合い。

年齢は違えど、離れていてもここまで強い絆で繋がっていられることに
お互い喜びでいっぱいでした。


フランスから帰ってきて、ずっと体調を崩し本調子ではない私。
段々調子は良くなってきたものの、100%ではない状態です。

でも、みんなに会えてこれからの夢や、計画中の事について話をしていると、
私も頑張らないと…! という気持ちになれました。

いつまでもお互い刺激し合って、それぞれがそれぞれの人生を楽しめるのが理想。


友達の家でのご飯。ガールズトークが飛び交う中でも、文句も言わない優しい友達の旦那さん。
友達が本当にいい人に出会えて、良かった~といつも思う!
a0153355_22151999.jpg


最終日は王将でがっつりお昼を食べて、お腹も心も満足。
a0153355_22173352.jpg


a0153355_22175521.jpg


最高の週末でした。

みんな、ありがとう!
[PR]



by naomusic | 2012-11-04 22:19 | 友達のこと | Comments(2)

夢を叶えに…!

さて次の日の朝、とうとうこの日がやって来ました。

“ナポリでピザ” の日!

ローマでのメインステーション、テルミニ駅からナポリ行の電車に乗って向かいました。
電車にはランクがあり、私たちが乗った朝の電車は割とランクの高いもので、
片道一人€40ほどしました。
席も広くキレイで、時間もローマからナポリまで1時間半で着いてしまいます。

うとうと寝てるうちにナポリに到着!

駅がすごく大きくて、ナポリがローマよりも大きな町に見えました。

駅のインフォメーションセンターでナポリの情報をゲット。

町では特に見たいところもなく、
結局 「青の洞窟」 で有名な “カプリ島”へ行くことになりました。


ということで、駅からバスに乗り港まで。

バスを降りてすぐのところにあるレストランで腹ごしらえ。
(写真はありませんが、ここのレストランでは魚のパスタを食べましたが、私的に味はイマイチ)

お腹を満たした後は、港にある古城を見てみました。
a0153355_21452744.jpg


正直言って、どうってことないお城でした。
中までしっかり見れなかったのが、残念。

この日も天気が良くて気持ちいい!
a0153355_21462223.jpg


古城を後にして、ボート乗り場まで行きました。

途中、沢山のアフリカ人男性がフェイクのブランドバックを売る姿を見かけます。
ローマでも何人か見ましたが、ここ最近アフリカや中東、その他色んな国から移民してくる人たちや
違法で入国する人たちが増えている様子。
イタリアに限らずフランスやスペインなんかもそうみたいですが。

さて話はそれましたが、ボート乗り場のインフォメーションセンターにはこんな張り紙が。

a0153355_21501481.jpg

「チケットオフィスは私たちの背後にある」

なるほど、日本人も沢山くることがこの張り紙から伝わります。

ボートの時間を尋ねると、この張り紙を見てと言われました。
a0153355_21515911.jpg


次のカプリ島行きは、14:00ということで、まだ時間があったので散歩することに。

本当に天気がよく、可愛い街並みの映えること。
a0153355_21533229.jpg


a0153355_21541267.jpg


気持ちよくってぼーっとしていると、いつの間にやらボートの時間が迫っていました!

ちょっと急いで乗り場に戻り、さらに急いでチケットを買いに走るも
ほとんどのカウンターが閉まっている!

「カプリ行に乗りたいんだけど!」 というも、お昼休みに入ったスタッフたちは
全然対応してくれようとしない…

というのも、ボート会社によって時間が違っており、
14:00発のボートのチケット販売カウンターはすでに閉まってしまっていました。

次の14:40発のボートのチケットをなんとか買うことができ、さらにまた40分待つことに。
「ナポリに帰ってくるのが遅くなるー…」 と思いつつも、仕方がないので
近くにある高級旅客船の待合センターへ行くことに。

中にはたくさんのお店がありました。
お店を見ていると40分はあっという間。

今度はちゃんとボートに乗ることができました。

a0153355_21593697.jpg


しかし、ここから地獄の1時間…
ボートが揺れる揺れる。

最初は良かったのですが、揺れが激しくなるにつれだんだん気持ち悪くなってきました。
彼も気分が悪くなり、終盤トイレに駆け込んだみたいです。

私はできるだけ目が回ってしまわないように、1点に視点を定め意識をコントロール。
なんとか1時間持ちこたえました。

長い1時間がたち、やっとのことでカプリ島に到着!!!

a0153355_2215291.jpg


映画で見るような、とっても素敵な場所。

a0153355_2222939.jpg


カプリ島で何をするかも決めていなかったので、とりあえずバイクを借りて
カプリ島を走ってみることにしました。

小さな街並みに、可愛いお家。
ホテルやレストランもありましたが、どこもかわいらしい。

※雑音がすごいですが、カプリをバイクで走った時の様子です。




途中、灯台の見えるところで一休み。


青の洞窟へのサイン。
a0153355_2211174.jpg


a0153355_22111719.jpg


サインが示す方へ降りていくと、おじさんたちが釣りしてました。
a0153355_2212211.jpg


洞窟らしきものはありましたが、もちろんボートでないと中には入れません。
この日は波が高かったので、ボートも出ていない様子でした。
残念だけど、またの機会に!

でも天気が良くて、本当に気持ち良かったです。

陽も暮れてきたので、そろそろナポリへ戻る頃。
a0153355_22143947.jpg


カプリ島、今度はここで泊まってみたい…!
a0153355_2210846.jpg


そんな素敵な場所でした。

帰りのボートはまたまた恐怖でしたが、来るときに乗ったボートよりは少し大きめ。
シートも安定していたので、最初から眠る体制へ。

しっかり眠れ、気づけばナポリ。

辺りはすっかり暗くなっていました。

さてここからが本番! ナポリでピザを食べずには帰れません。

特にココ!というお店は調べていなかったのですが、ナポリのピザならどこでも美味しい
との噂を信じて、バスにのり適当にお店を探すことに。

彼が見つけてくれたお店で一段落。

もちろん、マルゲリータをオーダー。
後は、キノコの乗ったピザとビール。

こんな可愛い窯で焼いてくれました。
a0153355_22185379.jpg


ピザを作る様子。


そして、出てきたピッツァ!!!
a0153355_22195991.jpg


デカイ。

ほぼ完食しましたが、お腹がはち切れそう!

でも私の長年の夢が果たせて、本当に嬉しい!!
付き合ってくれた彼にも感謝。

後は、ドイツでビール&ソーセージ、香港でアワビとフカヒレを死ぬまでにいつか(笑)

さてさて、お腹も心も満たされたところで
ここからローマまで帰らなくてはいけません。

エスプレッソを一杯ひっかけ
a0153355_22232962.jpg


再びバスに乗って駅に向かいました。

なんと残すは最終列車!ギリギリセーフです。
a0153355_22244439.jpg


この電車はランクが低く、電車も古くて料金は行きの半分。
一人€20ほど。
しかも時間は約2時間ちょっとかかるという。
a0153355_2226206.jpg


仕方がないので、ここでも寝て過ごすことに。

弾丸ナポリツアーはこれにて終了。

今度はもうちょっとゆっくり来たいなぁ…

a0153355_22273044.jpg

[PR]



by naomusic | 2012-11-01 22:36 | 旅のこと | Comments(0)

ローマ観光

ローマで行きたいところ…
と考えたときにまず思いついたのが、“コロッセオ” と “ヴァチカン美術館”

美術館へ行くのが好きな私は、どこの国であれ美術館には行ってみたいと思う性分。

ネットで調べていると、どちらも入るまでにかなりの長蛇の列ができるのだとか。
しかし、「ネットで事前にチケットを購入しておくと長蛇の列に並ばなくてよい」 のだそう。

並ぶのが大の苦手な私は、迷わずネットでチケットを購入しました。

※コロッセオのオンラインチケット予約&購入サイト→
※ヴァチカン美術館のオンラインチケット予約&購入サイト→
(ADMISSION TICKETSを選んでくださいね)

ネットで買うと少しだけ(確か約€5ほど)上乗せされますが、それでも私は長蛇の列を並ぶことに比べたら…


ということで、チケットを持っていたおかげで、
長~~~い列(本当にすごい列です!)をすっ飛ばし、まずはヴァチカン美術館へ。

a0153355_1483032.jpg


外は晴れていて、気持ちの良い天気。(美術館のお庭から)
a0153355_149439.jpg


古代彫刻、エジプト美術、現代キリスト教美術などなど、沢山のキレイなものがあります。

a0153355_14122492.jpg


a0153355_14123212.jpg


長く続く廊下の天井は見事でした。

a0153355_14143451.jpg


a0153355_14144990.jpg


a0153355_1415359.jpg


a0153355_14152161.jpg


広いヴァチカン美術館を楽しんだ後は、メトロ(地下鉄)に乗ってコロッセオまで。
駅の名前もColosseoです。
a0153355_1417053.jpg


落書きがいっぱいの電車。海外のメトロの風景は、どこも似ているなと思います。
a0153355_1418969.jpg


さて、コロッセオの駅の改札を出ると、目の前にはど~っんとコロッセオが!
a0153355_14192541.jpg


いきなりすぎて圧倒されましたが、これが噂のコロッセオ…大きかったです。

中に入る前にお腹が空いたので、近くのレストランでランチ。
宿のオーナーが、ローマで一番有名だという “サン・グレゴーオリ通り” を通って行きました。
a0153355_14332148.jpg


a0153355_14205733.jpg

ローマの料理 「アマトリチャーナ」(だった気がします) というパスタをオーダー。
なかなか美味しかったです。
やっぱりイタリアといえば、パスタやピッツァですね。
でも、パンはフランスの方が美味しいです。

お腹もいっぱいになり、コロッセオへ向け出発!

ここでもチケットを事前に購入していたので、並ばずスムーズに中へ入れました。
並ばなくていいとのことで、彼も上機嫌。

コロッセオの中はこんな感じ。
a0153355_14263647.jpg
 

a0153355_14302932.jpg


思っていた通りの大きさで、思っていた通りに感動しました。


さらにさらにこの後、せっかくなので “トレビの泉” も見に行くことに。

途中ジェラートで休憩。これもイタリアならでは。見た目が本当に可愛い!
a0153355_14372750.jpg


ジェラートを楽しみ終え、トレビの泉へ向かいますが、行き方がわからずうろうろ。
そうしていると、なぜだかイタリア語でおばちゃんに 「トレビの泉はどっち?」 と聞かれる。
「いや、私もわからないんですけど…」

たとえ自分が迷っていても道を聞かれるというこのシチュエーションには
さすがに笑ってしまいます。

そんなこんなもありつつ、なんとかトレビの泉に到着!
a0153355_14421111.jpg


左隣りは、何やら工事をしている様子。
しかし、沢山の人!さすが観光名所。

みんながするように、私たちもちゃんとコインを後ろ向きに投げ、
またローマに戻ってこれますように…と願いました。

そしてさらにさらに、彼がサンタ・マリアの教会へ行きたいということで、
またまたメトロを乗り継ぎ “サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会” へ。

この時点で私の足は限界に近づいておりました。
ショートブーツを履いていた私。
石畳がつづくローマの街並み。
とても素敵だけれど、今回の私の靴には適さなかったようです。

a0153355_14491644.jpg


そんな私を見かね、教会を見終わった後、彼がスニーカーを買ってくれました。
これで私の足はかなり快適に!!!

そして明日のナポリもきっと気分よく乗り切れそう。

それにしても、この日は本当によく歩きました。


明日はナポリへ日帰りで(ピザ食べに)行ってきます。
[PR]



by naomusic | 2012-11-01 14:58 | 旅のこと | Comments(0)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

makiさん、草餅・・・..
by naomusic at 17:21
草餅美味しそう! 今年..
by maki at 23:44
akikoさん、オムツは..
by naomusic at 23:02
お、ムスコくんオムツ卒業..
by akiko_tp at 22:44
akikoさん、詳しくあ..
by naomusic at 20:58

最新の記事

2歳半
at 2017-12-05 23:08
秋の味覚と息子の絵
at 2017-11-15 22:27
秋の散歩
at 2017-11-07 22:15
毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル