フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

<   2013年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧




昨日の夜から!

標高が高く、エネルギー消費量も多かった山を下りてから2週間ちょっと。

山にいた頃に比べ、確実に運動量も減ったのだけれど、
アルデッシュに来てから気づけば体重、2キロも増えてた!

これ以上増えると自分の中では 「やばい」 という範囲。

今までもお正月太りで2キロ増えたら、
必ず元に戻していた私。

今回は環境が違うけど、
とりあえずは元に戻るように少し頑張ってみたいと思います。

まずは昨日の夜から、“夜はパンを食べない” ことを実践中。

今日は昼も食べてないけど、
とにかく動く量が減ったのであれば、少し食べる量を減らすしかない。


2週間後には元の体重に戻っていますように…!
(願うだけは簡単だよな)
[PR]



by naomusic | 2013-05-31 21:19 | ダイエット | Comments(0)

今の心境は…

フランスに来てちょうど2か月半が経ちます。

長いのか短いのか全くわからないけれど、
10年前にワーホリでカナダに行った時とは
180°違う感覚であることは間違いない。

10年前の自分とは違うこと、

・年齢
・モノの見方
・国
・パートナーと一緒

ざっと考えるとこんなところでしょうか。

今までずっと恋人と呼べる人もおらず、
1人で好きなことを好きな時に思う存分やってきた私。

「誰かと生活を“みっちり”共にする」(しかも異性と) 
ということは、私にとって大きなチャレンジの一つ。

1人でカナダに飛び立った時には、
これから起こる出来事を想像するだけでワクワクし、
全くと言えば嘘になるかもしれないけれど、
不安と感じることがほとんどなかった気がします。

まだまだ知らない事だらけで、毎日経験することの一つ一つが
楽しくてしょうがない!という状態だったことを思い出します。


フランスでは1人ではないので、ジョスやジョスの家族に色々助けてもらい、
自分でしなくてはいけないことはほぼないに等しい状態です。
なので、ずっと誰かに頼りながらの生活。

有難い反面、自分が弱っていっていくような気がして仕方ありませんでした。


というのも、フランスへ来る前の自分の生活が
人にも恵まれ、すごく充実したものであったこと、
それらは自分が動きたい時に動けて、それは物事に対するある程度のノウハウもわかっていたからできたことだということ、もちろん言葉が通じたということ。

色んなことが今とは違う。

そのことに不安を感じ、
実を言うと少し前まで軽いホームシックになっていました。
(ホームシックになるだろう事、ある程度は予想していましたが)

でもそれらは、
フランスで自由に動けない自分への「理由付け」にしていたとやっと気づきました。
(もっと早くに気づけよ…ってことですが)

私がフランスでヨガやマッサージなどできるようにと、ヨガDVDや本を買ってくれたり
フランス語をできるだけ話すように仕向けてくれるジョス。
そんな彼に、なかなか私の頭がついていけずにいました。

でも、今回もあっこさんが背中を押してくれたおかげで
やっとエンジンがかかってきました。

まずはヨガで使う単語をフランス語で覚える、
これを毎日することにしました。

心が前向きになると、同じような毎日に少し光が差したような気がするのは
気のせいでしょうか?(笑)

Petit a petit 少しずつぼちぼちとやっていきます。
[PR]



by naomusic | 2013-05-30 18:56 | フランスワーホリ2013 | Comments(2)

男性特有の共通点?!

ジョスとの共同生活を始めてから、ケンカをしたのは2〜3回ほど。
その中での大きなケンカは1回。
(共同生活を始める前の大きなケンカも1回)

ケンカはもちろん嫌なものですが、ケンカをするたびにお互いを理解し合えている気はします。

国籍も違うし、母国語も違うので、
完璧に説明しきれない事があると同時に、面倒な事は「まあいいわ」とか 「もういいや」 で流せることもあります。
※ “私は” の話で、ジョスはどうか知りませんが。

育ってきた環境も、経験値もお互い違うので、私だけでなくジョスも私に対して日々思うことは色々あるでしょう。

こちらに来てから毎日ジョスの態度や言動を観察していますが、その中で驚く事に私の父と同じことをいくつか発見!
なもんで、これはかなりの確率で世の男性全般的に共通することなのか!?と疑問を抱いています。
(注:決して世の男性 “全員” とは言っていません!!)

まず
①ある物事に対して私が 「◯◯だと思うで」 と言っても、自分で確認するもしくは、第三者の意見を得ることをしないと納得しない。

なので後から、「だから私、そう言ってたやん?」 って言うこと多々あります。

②テレビを観ていてCMになるとすぐにチャンネルを変えること。

ジョス曰く、「CMはつまらん」 らしいです。
パチパチとチャンネルを変えるジョスを見たとき、「うちのお父さんと一緒やん!!!」 とどれだけ驚いたことか。


どれだけの人が、「うんうん、うちの旦那もそう!」 と思われるかわかりませんが、これは男性特有の性質なのか、あるいは単にジョスとうちの父との共通点なのか…
とっても疑問に思う今日この頃です。
[PR]



by naomusic | 2013-05-30 04:44 | フランス男子との生活 | Comments(0)

イチゴジャム

一昨日、今住んでいる家のご近所さんが
「庭で取れてん。あんまり美味しくないけど。」 と言ってイチゴをくれました。
※ちなみにイチゴはフランス語で、Fraise と言います。
a0153355_20292562.jpg


写真は洗ってきれいなのを撮りましたが、
小さいのから大きいのまで、袋いっぱいくれました。

味は酸味が強く、生で食べて、
「うんま~!」 となることはほぼゼロに近いです。

日本のイチゴがどれだけ美味しいか、ということ。
日本のイチゴを超えるイチゴに、まだ海外で出会ったことがありません。

さて、そんな酸味の強いイチゴなので、
これはジャムにした方が美味しいだろうと思い、ジャムを作ってみました。

洗ってヘタを取り、水気を切ったイチゴを鍋に入れて火にかけ、
砂糖を入れてしばらく中火でコトコトと。
a0153355_2035271.jpg


味を見ながら砂糖は少し足したりしながら、最後にレモン汁を加えました。

保存用の瓶は煮沸消毒。“本当は瓶が全部浸かるくらいのお湯で”だそうです。
(かなり大きい瓶しかなかった…)
a0153355_20383167.jpg


熱いうちにジャムを瓶に移し、軽く蓋をしてからもう一度熱湯で瓶を消毒。

完成したのがこちら。
a0153355_20401329.jpg


やっぱり量の割に、瓶が大きすぎる。

ジョスはパンに必ずチーズなので、
このジャムはヨーグルトと一緒に食べることにします。

日本のイチゴが食べたい…
[PR]



by naomusic | 2013-05-29 20:45 | 食のこと | Comments(2)

最近食べたもの

ジョスも私も無職の状態ですが、
なぜだか食事にはとっても恵まれている生活を送っています。

ありがたや~。

最近は、ジョスはほとんど料理をすることなく、
私がメインで食事を作っています。

といっても、「何か手伝うことある?」 とか、
作っている最中に突然キッチンにやって来て、 「コレ入れたらいいんちゃう?」 とか、
「〇〇食べる?」 というので、「食べたいん?」 って聞くと、
「Naomiが食べたいんやったら」 とかってちょこちょこ横から言ってきます。

正直、「黙ってて」 と思うこともしょっちゅうあります(笑)

ただ、サラダのドレッシングを作るのはとっても上手!

昨日もドレッシングは作ってもらいました。

さて、食事内容ですが

ある日は家の外にあるバーベキュースペースでシーフードを焼き、
a0153355_0311084.jpg


ハマグリ、ホタテ、エビなどなど
a0153355_0322473.jpg


そして昨日は、サーモン・白アスパラ・玉ねぎ・ホウレン草のキッシュ。


生地は市販の冷凍のモノを使いました。
卵3個に、牛乳、クリーム、塩・胡椒を入れ混ぜて型に流して、180℃で40分ほど焼けば完成。
a0153355_0335362.jpg


天気が良かったので、外で食べました。
a0153355_03727.jpg


といっても、まだ肌寒いフランス。
今年は去年に比べて、暖かくなるのが遅い様子。


キッシュは適当に作った割に、美味しくできました。

今のところジョスは私が作ったものを 「Tres bon」(とても美味しい) と
食べてくれています。
※但し、イマイチのモノは 「なんか変わった味やな」 と言うか無言で食べます(正直)

そうこんな時、変に手伝おうとしなくていいから
「美味しい、美味しい」 と食べてくれればいいよ、と思うのでした。


実際、ジョスパパもジョスママの作ったものを
「Tres bon」 といつも言っています。

フランスに来てから特に感じることが
女性にとって、“男性からの褒め言葉” というのは必要不可欠だということ。

そんなところは、フランスを見習いたいなと思います。
(私、女性ですけどね)
[PR]



by naomusic | 2013-05-29 00:53 | 食のこと | Comments(0)

Chartreuse de Valbonne

実は、リヨンでのアパート、
決まったと思ったのですが、ロケーションが思っていたよりも悪く
(高速道路のすぐ横&交通量が多いという理由)
また違う所を探すことにしました。

ということで、来月もアルデッシュにしばらくいることになりそうです。

ここでも毎日のんびりと、これからの事などを考えながら過ごしています。

そんな中、息抜きとして少し遠出をすることもしばしばあります。

といってもほとんどがジョスの突然の思いつき。
車に乗った時点ではどこに行くのかわかっていない事も少なくありません。

昨日は、アルデッシュから車で1時間弱のところにある
Chartreuse de Valbonne という所へいってきました。

かなり古い教会&ホテルのある場所で、
どうやら乗馬もできる様子。

今の時期、どこででも色んな色のバラを見ることができ、
石を積み重ねてできた壁との相性バッチリです。

a0153355_03551100.jpg


広い庭。古い建物と青々とした緑の相性もバッチリ。
a0153355_0375665.jpg


a0153355_039538.jpg


a0153355_0402459.jpg


a0153355_0412419.jpg


そして猫との相性も。
a0153355_042299.jpg


この子だけは人見知りしませんでした(笑)
a0153355_043473.jpg


次はどこへ連れて行ってくれるのでしょうか。
[PR]



by naomusic | 2013-05-28 00:44 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

母の日

“5月12日(日)は母の日” ということを確認していた私。

でも、これは 「日本では」 の話でした。

ちょうど12日(日)は、山を下りジョスの地元に戻ってくる日だったので
ジョスママにお花をプレゼントしました。

つたないフランス語で 「母の日だから」 ということを伝えて。
(多分、伝わっていなかった…恥)

a0153355_21193759.jpg


「ありがとう」 と喜んでくれたジョスママ。

そしてそのままジョスママ手作りの料理でランチをし、
今住んでいる家へと向かう車の中でジョス。

「今日は母の日ちゃうって。なんで母の日って言ったん?
 おかしいなーと思ってん。」

と言うではないか。

「えっ??!! だって日本では今日母の日やで!」

ていうか、もっと早くに言ってよ! って、自分も母の日のこと全然頭になかったやん!!


フランスの母の日は、5月26日(日)だったのです。

ということで、ジョスの妹家族が26日に実家に戻ってきており
みんなで母の日ランチをしたのでした。

ジョスの妹には、7歳のビクターと4歳のイヴァンという2人の息子がいます。
2人ともめちゃめちゃ元気な男の子。

この度3回目の再会でした。

フランス語が話せない私とも一緒に遊んでくれる優しいボーイズです。

更に今回、7歳のビクターが私に絵をプレゼントしてくれました。
a0153355_21285787.jpg


“Pour Naomi” (For Naomi)

カワイすぎる…

そしてさらに、フランス語の本を一緒に読んでくれたビクター。

きっと将来は、男前の優しい男子になるね。

2人の成長がとても楽しみなのでした。

そして、来月の父の日は間違えないようにしなくては!と思うのでした。

※ジョスの実家のお庭。
a0153355_21373254.jpg


ブドウの木。
a0153355_2138506.jpg


バジルやレモン、ミントなどのハーブ。
a0153355_21404992.jpg


めちゃめちゃいい香りのするマンダリン(オレンジ)の木。
a0153355_214150100.jpg

[PR]



by naomusic | 2013-05-27 21:41 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

収穫

一昨日、サクランボを収穫してきました。

1本の木以外はまだ実が赤くなっていませんでしたが、
収穫した木にはたっくさんの実が赤々と実っていました。

a0153355_18175262.jpg


カゴに一杯取れました!
a0153355_1819488.jpg


まだまだ沢山取れたのですが、この日はここまで。

味は日本のモノには劣りますが、真っ赤な物は甘いです。

これからは、アプリコットが取れる時期。

コレもまた楽しみです。
[PR]



by naomusic | 2013-05-27 00:21 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

Saintes Maries

先日、またまたジョスの突然の思いつきにより
南フランスにある Saintes-Maries という場所へ行ってきました。

海に面した町は、まさに南国の世界。

フラメンコや闘牛、乗馬などが盛んな地域で
レストランなどからはラテン系ミュージックが聴こえ
いたる所で牛や馬の絵や彫刻が見られます。

a0153355_23104227.jpg


a0153355_23115579.jpg


a0153355_23144249.jpg


フラミンゴも沢山見られます!ボリビア、ウユニで見た時以来。
a0153355_23244441.jpg


お昼は適当なレストランで。

a0153355_23154932.jpg


私は魚のスープ、ジョスはサラダ。この後メインも食べました。
a0153355_23134418.jpg


食事が終わったころに突然バンドが登場。
a0153355_23175599.jpg


演奏後に各テーブルに回り、チップをおねだり。
結構稼いでたんじゃないかな。

Saintes-Maries は沢山過ぎる観光客であふれていたので、
食事が終わり少し散歩をして退散することに。

ジョスが10年以上前に行ったことのあるというビーチへ行くことになりました。

Saintes-Maries の西にある場所です。(名前はわかりません)

途中、乗馬用の馬たちに遭遇。
a0153355_23231213.jpg


馬って近くで見ると面白い…。口を動かす姿が何ともおかしかったです。

さて、ビーチに到着すると少し歩いて速攻昼寝!
a0153355_2326510.jpg


泳いでいる人はぽつぽつ程度。
水着姿で日光浴を楽しむ人がほとんどでした。


1時間近く昼寝をした後は、町に行ってアイスを食べてアルデッシュへ戻りました。
a0153355_23271479.jpg



帰りは太陽が照りながらも雨が降り、「狐の嫁入り」状態。

ジョスに「狐の嫁入り」の説明をするも、「ふーん」って反応のみでした。
あんまり興味なかったね。

雨のお陰で虹を見ることができました!
しかもダブル!
a0153355_23294149.jpg


何かイイ事あるかなぁ…
[PR]



by naomusic | 2013-05-24 23:31 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

40歳の誕生日会

先日、ジョスの友達の40歳のお誕生日のお祝いパーティーに行ってきました。
フランスでは40歳という年は特別なようで、盛大にお祝いするそうです。

パーティーは大概が、主役の家族がサプライズで企画し、
同級生たちを招待して行われます。
家族によっては、町のフリーペーパーにパーティーのお知らせを載せたり、
貼り紙までしちゃう人もいるとか。

今回のパーティーは、ヨガ教室が開かれる場所で行われました。
主役のご両親が会場を可愛く飾り付け、
ピザやキッシュ、ワインなどの飲み物などすべて用意されていました。

主役のジョスの友達は女性で、
小さい頃からのお付き合いなんだとか。

小さい頃の写真も貼ってあり、初々しいジョスの姿もありました。
今とは全然違う姿のジョスに、思わず笑ってしまいました。

同級生たちが幼いころの写真を見ながら懐かしむ様子。
a0153355_22285694.jpg


さて、会場には主役の同級生がぽつぽつと集まり始め、
全員が集まったところで、「レストランでお祝い」と聞いていた主役が登場。

サプライズに驚き、喜ぶ様子が覗えました。

ここから、一人一人に挨拶。
一般的なフランス式あいさつはほっぺにキス2回。
ですがここアルデッシュでは3回!

挨拶するのに時間がかかります。
(ちなみにリヨンに行けば2回)

全員へのあいさつが終わった後は、食べたり飲んだりしながらみんなでおしゃべり。

いい時間になってきたところで、大きなバースデーケーキが登場。
ケーキカットは主役の務め。
ピンクやら紫やらの色鮮やかな海外らしいケーキ。
味も甘~い海外らしいお味でした。(全部は食べられない…)
a0153355_2232849.jpg


最後に証明を暗くして、音楽をかけてダンスしたり、というのがパーティーの流れだそうです。

ですが、今回は招待客も少なく、もうみんないいお年なので、ダンスしている人はほとんどいませんでした。
この日は、主役の彼女とその姪っ子さんがダンスしていました。
a0153355_22331712.jpg


私たちはケーキが終わったところで退散。

パーティーは遅くまで続いた(と思われる)のでした。

ジョスの40歳の誕生日は7月。

こんなパーティーがまた開かれるのかな。
[PR]



by naomusic | 2013-05-24 22:34 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

makiさん、草餅・・・..
by naomusic at 17:21
草餅美味しそう! 今年..
by maki at 23:44
akikoさん、オムツは..
by naomusic at 23:02
お、ムスコくんオムツ卒業..
by akiko_tp at 22:44
akikoさん、詳しくあ..
by naomusic at 20:58

最新の記事

2歳半
at 2017-12-05 23:08
秋の味覚と息子の絵
at 2017-11-15 22:27
秋の散歩
at 2017-11-07 22:15
毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル