フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

<   2013年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧




フムス

ちょうどヒヨコ豆の缶詰があったので、
大好きなフムスを初めて作ってみました。

a0153355_21583435.jpg


レシピを見ると、練りごまを入れるようですが
なかったので、白ごまをすりつぶしていれました。

オイルは、ジョスママがくれた大豆油をたら~っとかけて。

フムスというと、何故だかしげさんを思い出す。

しげさんのフムス、美味しかったなぁ…

ニンニクをがっつりと入れたので、
食べた後は自分でわかるくらいニンニク臭くなりました。
[PR]



by naomusic | 2013-06-29 22:02 | 食のこと | Comments(0)

予想外です。

何がって、これです。
a0153355_1718790.jpg


ちょっとわかりにくいですが、
茎から知らない間に根が出てきていました。

先週のある日、ジョスパパの畑に行き、
トマトの苗に付いている虫を絵画用の筆で、ほいほいと掃うのを手伝いました。

その時にジョスが折れたトマトの苗の一部を拾い持ち帰り、
水につけておいたんです。

まあそれから毎日水を変えるのは私なんですが、
トマトも挿し木できるのかなぁ~なんて考えていたら
2日程前に気づけば根が出てきていた!

ネットでも調べると、意外と簡単にトマトも挿し木ができるとのこと。

それにしても、すごい生命力。

何度か水から出ちゃって、シナ~ってなっていたのに。


このままトマトの挿し木にも成功するかも?!

a0153355_17234547.jpg

[PR]



by naomusic | 2013-06-28 17:24 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

フランス人と日本人

早いものでジョスとの生活も3ヶ月半が経ちました。

私とジョスとの出会いは、
日本でもフランスでもなく、インド。

なので、私がめちゃめちゃフランスが好き! ってわけでもなく、
ジョスがめちゃめちゃ日本が好き! ってわけでもありません。

私は、昔からフランス語には興味があり、
今まで2~3度独学でフランス語を勉強したことがありました。

ジョスはというと、子供の頃に柔道を習っていたことがありました。

お互い何らかの形では、お互いの国に触れてはいたようです。

そんな私たちですが、やっぱりそれぞれ自分の国のこと、
家族のことをとても誇りに思っています。

だからこそ、私は今いるフランスという国の人々、文化や習慣を
尊重したいと思えるのだと思います。

ジョスも政治のことになると別ですが、
日本の文化や食については、あまり抵抗なく受け入れてくれています。


まあそれはそうなんですが、
私がフランスにいる限り、フランスのルールにある程度従わなくてはいけないのですが、
言葉の他にも私の今までの習慣とは違うことがちょくちょく出てきました。

まずは、これ。
a0153355_16273928.jpg


上が私の今までの数字。下が練習中の数字。

ジョスにスウドクしてた時から言われていましたが、
特に 「2と7」 が違うんだって。

「Naomiの数字は、シャッシャって書いててわかりにくい」 そう。

税理士の祖父の手伝いもしていたので、
数字は意識してきれいに書いてきたつもり。

あまりにも言われると、「日本ではこうやねんっっ!!!」 
って思わず(ちっちゃくやけど)叫んでしまった。

でも実際、郵便局のお姉さんにも、「これ2??」 って言われたので、
本当にフランス方式に直さないとダメなんだなって思いました。

それからは、意識して数字をフランス式で書くようにしています。


他には、銀行口座を開設しに行った時のこと。

「じゃあ、サイン決めてもらえますか?」 と言われ、

今まで普通に漢字でサインしていた私は、すごく戸惑ってしまい
ジョスと銀行のお兄さんに色んなアイデアを出してもらい、
10分ほどかけいわゆる、シャシャっと書くサインが決まったのでした。

それから、フランスで主流のチェック。

もちろん使ったことがなかったので、
初めてチェックを手にした日にレストランでジョスに教わりながら、
初チェック払い。

これからは、数字をアルファベットで書く練習もしなくてはいけません。


どんどんフランス人化していきそうで、なんだかな~と思うのでした。
[PR]



by naomusic | 2013-06-27 17:04 | フランス男子との生活 | Comments(4)

アボカドのその後

こんな感じになっています。
a0153355_18532019.jpg


ぐんぐんと根が伸びてきたので、コップを変えました。

早く上からも芽が出てほしい…


この子が木になる日が待ち遠しい
親のような気持ちの私です。
[PR]



by naomusic | 2013-06-26 18:54 | アボカド成長日記 | Comments(0)

フランスで日本を感じられる場所

先日の日曜日。

久しぶりに少し足を延ばし、
今いる場所(St Just)から車で約1時間半弱の場所にある
Aduze-St Jean-du-Gard という所へ行ってきました。

Train a Vapeur des Cevennes
と言って、トロッコ列車に乗って楽しむ というのがメイン。

Aduze-Bambouseraie-Saint Jean du Gard の3駅に停まります。

今回私たちは、Aduze駅から列車に乗りました。
a0153355_17233865.jpg


料金は大人一人€15(往復の値段+途中下車OK)

私たちの隣にいた男の子が興奮してはしゃいでいたのが可愛かった(笑)


列車からの風景。
a0153355_17304765.jpg


なぜだかトンネルに入ると、みんな
「きゃー!!」 とかって面白がって叫んでいたのが不思議でした。

さて、私たちはまずSt Jean du Gard まで行くことに。

駅を降り、ふと見ると可愛い色のバラが。
a0153355_17363874.jpg


あまり見ない色で、とっても私好みだったので思わず写真を撮りました。
と、撮った瞬間に手が滑り、地面がメインの写真に(汗)


それはさておき、ここは駅を降りるとすぐに川もあり、
自然が広がる気持ちの良い場所です。
a0153355_17404543.jpg


少しだけ歩き、ジョスが私に 「どうする?何したい?」 と聞いたので、
「J'a faim!! (お腹すいた!!)」 と言うと、めちゃめちゃ爆笑されました。

フランスでは、何かすっごくしたいことや自分の意見を主張するときには
ハッキリと強めに言葉を発することが大事みたいで(私の解釈では)、
私の場合、そんな風に言うことがあまりないので、
ジョスにとってはそれが可笑しかった様子。

ということで、水族館に併設されたレストランで食事をすることになりました。
エジプト風のレストランで、柱にはエジプトっぽい彫り物が沢山。
a0153355_1749750.jpg


前菜には、Tartineというオープンサンドを食べました。
a0153355_1752492.jpg


前菜だけでも十分な量ですが、この後メインとデザートまでいただきました。

とのんびり食事をしていて、ふと時計を見ると
電車の時間まであと5分!

ちゃっちゃとお会計を済ませ、ダッシュで駅まで。
食べた後にすぐ走るのは、かなりキツイぜ…。


なんとか電車に間に合い、
本日メインのBambouseraieまで。

a0153355_17545682.jpg


入場料を払って、中に入ると立派な竹が広がります。
a0153355_17562940.jpg


ここにある竹のほとんどが日本から来たんだそう。

盆栽コーナーもあり、フランスではあまり見ることのないもみじまでありました。
a0153355_17593942.jpg


a0153355_1854330.jpg


水の上にポツポツと並べられた盆栽。
a0153355_1874669.jpg


母の好きなアジサイも見つけました。
a0153355_1891347.jpg



フランスでも日本を感じられる場所があることを知り、
とても嬉しい楽しい1日でした。

a0153355_18202461.jpg

[PR]



by naomusic | 2013-06-25 18:20 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

いよいよ夏です。

6月に入り、あちらこちらで色んなイベントが始まっています。

昨日の夜は、Aubenas(オブナ)という場所で行われた
ミュージックフェスティバルに行ってきました。

私のいるSt Just からは車で約1時間ほど。

夜9時を過ぎた頃に到着しましたが、
赤ちゃんからお年寄りまで沢山の人たちで賑わっていました。

いくつものステージがあり、テクノやロック、アフリカン、レゲエなど
色んな音楽を楽しむことができます。


食事をしたレストランからは、控えめなライトが灯るキレイな教会が見えました。
(木がかぶってますが…)
a0153355_222261.jpg


この暗さで夜の10時過ぎ。

日が落ちるのが遅いので、お腹が減るのもこれくらいの時間からになります。


これから夏のイベントは、夜中の1時、2時まで盛り上がるそう。

こんな遅い時間まで赤ちゃんや小さい子供を連れているのを見ると、
日本との違いを感じずにはいられませんでした。


それにしてもみんな楽しそう。
a0153355_2262834.jpg



こっちの人は本当に夏の楽しみ方が上手です。
[PR]



by naomusic | 2013-06-22 22:15 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

粗食

ジョスは昨日、今日と2日間研修に行っているので、お昼は私一人。

こんな時は、チャンス!とばかりに母が送ってくれた物と
頂いた物で、日本食。

頼んでおいたシュガーレディ―の清湯スープで
ずっと作りたかったワカメスープを作り、
冷凍してあった玄米と頂き物の梅干しと焼き海苔。

a0153355_20442388.jpg


こんなあっさりとしたご飯は久しぶり過ぎる。

一人じゃないとなかなかこうはいかないのが現実。

ジョスが日本マニアだったら、違ったのかもしれない(笑)
[PR]



by naomusic | 2013-06-21 20:45 | 食のこと | Comments(0)

旅したパッケージ

先々週に母が荷物を送ってくれたのですが、
通常1週間ほどで着くはずが、約2週間ほどかかりようやく私の手元にやってきました。

まず、日本側の郵便局のミスで荷物が戻ってしまい、
それから再び荷物はフランスへ向け出発したのですが、
荷物の宛名が私の名前だったので、
私を見つけられずフランスの郵便局で止まってしまっていました。

というのも、今いる家の郵便箱にはジョスの名前のみ。

母が荷物を送ってくれる前に 「宛名はどうしたらいい?」 
と聞いてくれていたにも関わらず、
「私の名前で大丈夫やと思うでー」 
と住所が合っていれば着くだろうと安易に考えていた私。


届けてくれた郵便局のイカツイおばちゃんにも、

「あんた、ポストに名前がないからわからんねん!
 ここ(ポストの名前を書くとこ指さしながら)にちゃんと名前書いとかなアカンやろ!」

的な感じに片手にタバコを持ち怖い顔で言われました。


「すんません、すんません。ありがとうございます。」 と私、何度も言うと

「どういたしまして!」 ってまた怖い顔で言ってくれました(笑)



さてさて、そんな長旅を終えた荷物は、
途中箱がボロボロになったのか、沢山のテープで補修されていました。

中身は頼んでおいた物の他にも
青汁パウダーや黒酢サプリメント、好きなわらび餅粉などなど…
色んなものを沢山入れてくれていました。

母親ってそうだよなぁーとしみじみ。

a0153355_1716062.jpg


今日の朝は早速青汁を飲みました。


そして、持ってこようと思っていたお気に入りの
スティーブン ノル のトリートメント。
a0153355_1718561.jpg


本当は1000円ちょっとするものらしいですが、
たまたまドラッグストアで500円ちょっとで購入。

本当にするんとストレートになります。

フランスへ遊びに来られる方、お土産はこのトリートメントをリクエストします(笑)
なんて、図々しいですが…。

オススメです。


そして、荷物の中にはナゼかこんなものが。
a0153355_1723032.jpg


ボールの空気入れ。

一瞬、「えっ?私こんなん日本で使ってたっけ?何に使ってたっけ?」 
と考えましたが、どう考えても私のモノではない。

きっと弟のモノが箱の中にどうやってだか紛れ込んだのでしょう。

せっかくフランスにやってきたことだし、
フランスで使う機会があるかもしれないので、大切に保管することにします。


何はともあれ、大事な大事な日本からの荷物が無事に届いてよかった。

お母さん、ありがとう。
[PR]



by naomusic | 2013-06-20 17:34 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

タンタン2冊目

TinTin(タンタン)1冊目を読み終え、ジョスママに本を返した際、

「今度2冊目を渡すわね」 と言われていました。


そして先日、タンタン2冊目を渡されました。
a0153355_21592255.jpg


更に、たまたまパーキングエリアのショップで見つけた “星の王子様”

好きな本の一つなので、これも同時に読んでみようと思います。


フランス滞在、ちょうど3ヶ月。

これからどれだけレベルアップできるかなぁ…??? 
[PR]



by naomusic | 2013-06-19 22:01 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

リスペクト

今日テレビを見ていたら、鳥の映像が流れました。

すると突然ジョスが庭に行き、何かを手に持ってきました。

それは何かと言うと…
a0153355_5571289.jpg


ちっちゃな鳥の巣。

もう雛も巣立った後の巣。

外にはどこかから見つけてきた細いプラスチックも混じり、
中はフェルトのようにフカフカ温かい構造に。

一つ一つのパーツを一所懸命運び、立派な巣を作った鳥を
すごく尊敬した瞬間でした。

そしてそんな私と同じように動物に対して尊敬の念を抱くジョスで
よかったと思えました。


実は先週始めに大きなケンカをした私たち。

良く言えば我慢強い私。
相手の言うことに対してすぐ反論はせず、相手を観察し
タイミングを見て意見を述べる傾向があります。

これはもしかしたら日本人特有の性質なのかもしれません。


それに対し、思ったことをすぐに言葉に出すジョス。
かといって、完全に空気が読めないのではなく、
私が気分が良くなかったり、ネガティブな雰囲気だと
それを察知していることが多々あります。


ケンカの原因はというと、先々週末に私がジョスの態度について
嫌だったことを我慢できずにポロッと口に出したことからはじまりました。

ジョスにとっては、その時思ったことはその時に言って欲しかったということ。
(でも、お酒も入っていて話す勢いが強すぎて、
  とても言い返せる状態ではなかったんですが)


でも、そうだよな~と、思ったことをすぐに口に出せない自分のことを
もう一度見直すきっかけとなりました。

フランスで生きていくには、はっきりと自分の思っていることを
相手に伝えていかなくてはいけないことに気づかされました。


とは言っても、日本人としての自分らしさは揺るぎなく、
大切にしたいと思うのです。


日が経つにつれ、文化の違いをひしひしと感じます。
[PR]



by naomusic | 2013-06-18 06:19 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新の記事

毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46
2歳4か月、一人寝デビュー
at 2017-10-11 21:06
日本の思い出② 
at 2017-10-10 21:22
日本の思い出①(兵庫県)
at 2017-10-09 21:22

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル