フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧




先週の出来事

先週は本当に色々あった一週間でした。

まず、先々週の金曜日(フランス語研修、一週間の最終日)に突然、私の所持するビザでは研修を続けてもらえない、と宣告される。

そして呆気なく、研修が終了。

家に帰り、ジョスにその事を伝えると、「いきなり研修続けてもらえません。ごめんなさい、さようなら。なんて、ありえない!」
と怒り、週明けの月曜日に研修所に電話をかけてくれました。

それから3日間で、ジョスが雇用所のボスへ手紙を書いて送ったり、研修所の先生と電話で話をしてくれたりと、色々動いてくれたお陰で、先週の木曜日からまたフランス語研修に戻れる事になったのでした。

なので、今はまた以前と変わらず、研修を受けています。

先週末には久々にお寿司の注文が2件あり(そのうちの1件は突然めしたが)、4人分と7人分のお寿司を作りました。

11月末には、どこかでトレーニングとして仕事の研修を受けなくてはならないのですが、その場所を探さなくてはいけません。

寿司屋と研修、そしてそれをジョスとどうしていくかを考えなくてはいけませんが、どうなることやら…


先週のお菓子は、モロッコ人の男の子がブランジェリーで買ってきてくれたタルト2つに、モロッコ人のおばちゃん、タミムーンが作ってきてくれたお菓子とお茶でした。(マダムアガルフーフと、ポルトガル人のサラ)
a0153355_2295621.jpg

[PR]



by naomusic | 2013-10-29 02:28 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

庭の改造

もうかれこれ2週間~3週間近くになるでしょうか。
先月終わりころから、ガレージ&庭の改造を続けていた私たち。
(といってもメインで動いていたのは、ジョス)

ガレージの改造は終わり、庭に竹を植えたい!というジョスの希望で
先週末うちの庭に竹がやってきました。

フランスで竹? と意外に思う方もいると思いますが、
車で街を走っていると、ちょくちょく竹を植えている家を見かけます。

園芸屋さんでも竹を買うことができますが、
一株€20ほどするので、沢山買おうと思うととても高くつきます。

しかし今回は運よく、区役所で働く女性の実家に「これでもかっ!」というくらい
沢山植わっている竹をわけてもらえることになりました。

ジョスと二人、その女性の大きな大きな実家の庭へ入らせてもらい、
シャベルと電動ノコギリを使い、数十株の竹を取らせて頂きました。

思っていたよりも簡単に取れたのですが、太い竹はやはり手ごわく、
シャベルの柄が折れるというハプニングもありました(笑)

なにはともあれ、とりあえず家の入口に植える分の竹は全て確保。
フランスで少しアジアを感じられる空間ができ、私も嬉しいです。
a0153355_16275156.jpg


a0153355_16341792.jpg


更に、お向かいさんから家が丸見えだったので、ご近所さんからの視界を遮るのも
目的の一つでした。彼らから全く私たちが見えなくなったわけではないけれど、
少しでも視界を遮るものがあるだけで、気分が全然違います。

そして、これからタロウちゃんが冬を越すための場所を家の裏に作成。
(いらないだろうと私は思った)水と、ウサギ用の草を入れました(隠れるのが好きなタロウちゃんなので)。
a0153355_16395861.jpg


a0153355_16421066.jpg


しかしタロウちゃん、一応作った出入り口から抜け出し庭にあるお気に入りの場所に戻っていってしまいます。もうちょっと寒くなったら、ここに入ってくれるかな~?




※朝8時頃の空。段々明るくなるのが遅くなり、暗くなるのが早くなりました。
a0153355_1644611.jpg

[PR]



by naomusic | 2013-10-16 16:51 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

今週のお菓子

今週の金曜日のお菓子日の担当は、チュニジア人のヤミナ。

なのはもちろんなのですが、イスラムの女性はサービス精神が旺盛なのか
自分の番ではなくても何か作ってきてくれます。

今週は、モロッコ人2人にヤミナ1人の計3人がお菓子を作ってきてくれ、
テーブルがお菓子でいっぱいに!

a0153355_22124588.jpg

※左からモロッコのお菓子(外にはココナッツがかかり、味はシトラス系。真ん中もモロッコ人女性作。オレンジのムースのケーキ。一番右がチュニジア人ヤミナ作。蜂蜜とゴマの揚げドーナツ)

モロッコ人のおばちゃん、タミムーンが作ってきてくれた
クレープとパイを足したような物。
(ムスンメン?というのかな?お肉や野菜などと食べるのも美味しいらしい)
a0153355_22162663.jpg


これが本当に美味しかった!

しかし、バターと油をたっぷり使っているので
いつも食べてると確実に太るわよ!と言っていました。

なので、特別な時に振舞う料理のよう。


毎回、色んなお菓子を食べれるので
金曜日がとても楽しみです。
[PR]



by naomusic | 2013-10-12 22:20 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

再会とキノコ狩り

世界のどこに居ても再会できる友達のmiaちゃん。

今回は “ヨーロッパに住む友達と再会を果たす旅” を決行中。

その間に私との時間も作ってくれ、リヨンに始まりここアルデッシュにも来てくれました。

リヨンではパリから夜遅めの到着にも関わらず、ジョスの友達のパーティーに参加してくれ、ワインを飲みながら話に花を咲かせ、次の日は川沿いのマルシェをチラッと見てからのレストランでのランチ。

面白いけど長く居るとうっとうしくなってくる(失礼極まりないですが…笑)ジョスの友達(パーティー主催者)もランチに参加。

その後はジョスのリヨンにいる家族に挨拶に行くため、私とジョスはmiaちゃんとジョスの友達2人を残し、レストランを去りました。

旅慣れたmiaちゃんだからこそ、こんな風に特に心配もなく好きに動けることに感謝感謝でした。

そしてその数日後、私のフランス語研修が休みの日に合わせアルデッシュまで来てくれました!

サラッと村を案内しようと考えていた私ですが、ちょうどキノコ狩りのシーズンという事で、前々からジョスママと話していたキノコ狩りにmiaちゃんが来るタイミングで行く事になりました。

キノコ狩り前夜は、遅くまで話をし、寝るのが遅くなったし、リヨンを重いバックパック背負って歩いていたmiaちゃんには朝早くからのキノコ狩りはさすがに疲れただろうと思う…

それでも口癖のように、「幸せやな〜」って沢山いう事とか、何するにも楽しそうに豪快に笑うmiaちゃんは、本当に幸せなライフを生きてるなーと今回改めて思いました。

そしてなんと言っても、関西人同士で話ができるのも、ホンマに面白い。

ツッコミ入れながら話をすると、本当に話す度に笑いが途切れない。

あ〜、本当に楽しかった。


そういえばのキノコ狩りは、
ジョスがまず大きなキノコを発見し、その時の反応が可笑しく、「ナオミ!!!」 と大声で叫んだところから始まり、満面の笑みでキノコを取り、その大きさに大喜びし、思わずキノコにキス(笑)

宝物を見つけた少年のようだった。

「メッチャ嬉しそうやん(笑)」

とmiaちゃんと2人笑いながらジョスにツッコミ、その後ジョスママも取れたキノコを見て、

「なんて綺麗なキノコなの!!」と大喜び。
そして、 「どこで見つけたの??」 とその周辺を探し始め、ジョスが見つけたものよりも一回り小さいキノコを発見。

大喜びの2人を見てmiaちゃん、
「なに、このキノコ親子(笑)」

ホンマやな〜。

客観的に見るとこの風景おもろすぎるよな〜(笑)(笑)

しかし、そこからは私たちも負けじとキノコ狩りに集中!

こんな見るからに毒キノコっていうキノコは簡単に見つかるのに、感じんの食べれるキノコはなかなか無い。
a0153355_0132586.jpg


日本でいう、松茸みたいなものなのかな?

さて結局、トータルでジョスが4つ、ジョスママが1つ見つけたという結果に。

私とmiaちゃんはゼロ。

途中のピクニックでは、外が寒すぎて車の中で食べるという予定外の事態。

ピクニックの後は最後の足掻きで、キノコを探しアルデッシュへ帰りました。

夕方アルデッシュに帰ってくると、太陽も照りいい天気。

せっかくなので家のテラスでのんびりし、その後は「ちょっとでも…」と思い、近くの川へmiaちゃんを案内。

そこでメチャメチャ笑った2人の写真を撮り、私のiPhoneにいれていた〝すべらない話(小藪の略礼服の話)″ を見て大爆笑。
a0153355_0132792.jpg


何をするにも本当に本当に楽しかった!


なので翌日の朝、miaちゃんが電車に乗りニースに向かった直後は、急に寂しくなり久しぶりに泣きそうになりました。

そのうち友達みんなでワイワイ延々と話したり、ご飯食べたり当たり前にしていた事をしたいなー。

miaちゃん、会いに来てくれて本当にありがとう。

そして、こんな素敵な結婚祝いももらいました♡
a0153355_0132372.jpg

[PR]



by naomusic | 2013-10-11 23:56 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

毎週金曜日の習慣。

フランス語研修は、月・火・木・金の4日間ですが、そのうちの金曜日だけは1時間早く授業を終え、グループ交代で掃除をします。

そして掃除の前にはおやつの時間。

これも毎週1人1人交代でお菓子を作って持ってくる事になっています。

第1週目は、ポルトガル人のリリアナ。
パイナップルのケーキとチョコレートのケーキ。

そして昨日はモロッコ人のファティマにマダム-アガルフーフ、そしてマダガスカル人のエミリナの何故か3人。

ファティマが作ったモロッコのお菓子。白いのはココナッツ。
a0153355_2255284.jpg


そしてエミリナは、ケーキではなくインドのサモサのようなマダガスカルの食べ物。
a0153355_2255557.jpg


そしてマダム-アガルフーフ。
大きなチョコレートのケーキを作って持って来てくれました。
(奥にいる女性が先生)
a0153355_2255639.jpg



モロッコやチュニジアの人たちと密に接するのは今回が始めてですが、色々と話していると本当に面白い。

そのお陰で、益々アフリカ大陸に行ってみたい欲が増してきています。


私の順番の時には是非、日本のお菓子を作りたい!と思いますが、なかなか食材が手に入らないので、何を作ろうか考え中です。
[PR]



by naomusic | 2013-10-05 21:55 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

頭の中の切り替え方

フランス語研修、2週目に突入しました。

最初の1週間で、読み書きが苦手なモロッコ人のおばちゃんがドロップアウト。
最後は先生と喧嘩をし、教室から去って行きました。

そんなこんながあった一週間。

頭が一杯いっぱいになりましたが、少しずつ慣れてきたかな?というところ。

しかしそれに伴って、勉強も少しずつ難しくなっています。

さてさて、そんな言語まみれの頭をリフレッシュするため、今までの如くスウドクをしたり、最近買ったパズルをしたりしています。
a0153355_1284522.jpg

a0153355_1284720.jpg


2000ピースの細かいパズルなので、なかなか終わらないでしょうが、やっぱり私の頭はどちらかと言うと数字の方が好きみたいです。

フランス語が頭で考える前にスラスラ出てくるのは、いつになることやら‥
[PR]



by naomusic | 2013-10-04 01:26 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

makiさん、草餅・・・..
by naomusic at 17:21
草餅美味しそう! 今年..
by maki at 23:44
akikoさん、オムツは..
by naomusic at 23:02
お、ムスコくんオムツ卒業..
by akiko_tp at 22:44
akikoさん、詳しくあ..
by naomusic at 20:58

最新の記事

秋の味覚と息子の絵
at 2017-11-15 22:27
秋の散歩
at 2017-11-07 22:15
毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46
2歳4か月、一人寝デビュー
at 2017-10-11 21:06

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル