フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

<   2013年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧




フランス式おもてなし

日曜日、ジョスが 『両親と叔父さん叔母さんを家に招待したい』 ということで、2人で料理をしてもてなす事になりました。

といっても、料理するのは私がメインだったのですが、以前ご近所さんに頼まれて作ったタジン鍋での料理を作りたい、というジョスの要望で豚肉と野菜を沢山使った煮込み料理をし、更に日本食も味わって欲しいと思ったので、椎茸を入れたワンタンスープに母に頼んで送ってもらった桜海老を使ったかき揚げを作りました。

かき揚げはサクッと揚げるために、ネットでレシピを検索。
結果、小麦粉と冷水を2:1の割合で使った衣で挑戦!
二口程のミニサイズのかき揚げが上手く揚がりました。天つゆではなく、抹茶塩で。
ジョスも始めての桜海老の天ぷら。

ワンタンスープも桜海老も、そしてタジン鍋も美味しいと言って食べてもらえたので一安心。

フランスでは、食事前のアパルティフ(お酒とおつまみ)だけに招待する場合と、それプラス食事まで招待する場合がありますが、さすがに食事まで招待するとなるとまだまだ緊張…

ただ、ジョスが飲み物やおつまみの事などはしてくれるので、私はちょこちょこ料理を考えるだけなので、助かります。

ただ料理中に、『アレ入れたら?コレ入れたら??』 と横から言ってくるので、黙ってて(−_−;)と思う事もありますが。


フランスに住み始めて10ヶ月弱。
ここではおもてなし上手になる必要があるな、と実感しています。

来年の目標の一つに、料理のレパートリーを増やすことを入れようかな。

a0153355_1004253.jpg

※食べた後のタジン鍋。写真ではわかりにくいですが、かなりの大きさ!
[PR]



by naomusic | 2013-12-31 09:39 | フランス男子との生活 | Comments(0)

フランスでの初クリスマス

フランスでの初クリスマス。

今年は、ジョスママ側の家族と過ごすことになりました。

お喋り好きなママの妹たち家族、そしてエノロジスト(ワイン醸造家というのかな?)であるママの弟と、沢山のご馳走とワインにシャンパンで、飲んで食べてのクリスマスを過ごしました。
a0153355_2294341.jpg

a0153355_2294452.jpg



24日のイヴの日の夜から始まり、25日クリスマス当日のお昼過ぎまで、何本のワインが空いたことでしょう。

ママの弟(ジョスの叔父さん)はワインのプロなので、珍しく美味しいワインをいつも用意してくれます。

更に今回は、自分で狩りをして獲ったというイノシシのパテまで作って持ってきてくれました。ピスタチオ入り。
a0153355_2292777.jpg



その他の料理は、ザッとこんな感じです。

おつまみに、オリーブのパテとエスカルゴ。
a0153355_2293941.jpg

a0153355_2294183.jpg



前菜にスモークサーモンやアボカドが入ったヴェリーヌ。(ジョスママの妹作)
a0153355_2293581.jpg



ジョスママ作のサーモンのテリーヌ。メチャメチャ美味しい!
a0153355_2293442.jpg



メインは、チキンとキノコのクリームソース。付け合わせは栗と名前が覚えられない名前の野菜。
a0153355_2293281.jpg



そして、これもグルメな叔父さんが用意してくれた、大量のチーズ!
a0153355_2292937.jpg


デザートは、フランスのクリスマスケーキ、ブッシュドノエル。
a0153355_2293140.jpg


ジョスのおじいちゃんおばあちゃん家に大事に保管されている、銀のフォークとスプーン。これを使うだけで、特別感が感じられました。
a0153355_2294678.jpg



たらふく食べたクリスマスでした。

まだまだ年末な感じがしませんが、今年も残すところあと4日?!

来年はどんな年にしようかな、と考え始めたところです。

皆様、楽しい年末年始をお過ごし下さいね。

子供たちはやっぱりプレゼントが1番楽しみなようでした。
a0153355_2294772.jpg

[PR]



by naomusic | 2013-12-28 21:54 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

ジョスの手に握られていたモノ

ある夜、いつものようにジョスとご飯を食べていると、突然ジョスが外の方を見て、

『あっ、外見てみ、猫おるで』

私は暗くてよく見えなかったので、ガラス戸の方へ少し近づきよく見ると、そこには家の中を覗いている2匹の猫がいるではありませんか!

するとジョス、『ドア開けて』
と言い出す。

『なんで?』と思いましたが、言う通りにすると、1匹の猫がドアの隙間からヒョコッと顔を出し、こちらの様子を伺っていました。

しかしその後すぐに猫は姿を消し、私達はそのままいつも通りに夕食を終え、私は適当に、ジョスはタバコを吸いに外に出ました。

すると、一服しにいったはずのジョスが直ぐに家の中に戻って来て、

『プラスチックの箱なんか持ってきて!』

といきなり言うではありませんか。

何事かと思い、ジョスの様子を見てみると、片手にはタバコ、そしてもう片方の手には何やらよくわからないものを持っていました。

そのよくわからない物は、灰色っぽくも茶色っぽくもあり、ジョスの手からはみ出た部分から見えるのは、細長く垂れ下がったもの。

『なんなん?』

と言いながら、プラスチックの箱を探すも直ぐに見つからなかったので、適当に目に入ったジャムの空き瓶を渡そうとすると、

『そんなんやったらあかん!何かタッパーみたいなんあったやん。早くー』

と言われたので、またキッチンに戻り、その後すぐ無事にタッパーを見つけ手渡すと、何とジョスの手に握られていたものは、ヤモリ。

そのヤモリをタッパーに入れ、

『そこに動かずにいてん。多分、猫にイタズラされて動かへんくなったんやで。猫がそこにいたのも、こいつがいたからやと思う。
ていうか、こいつ何食べるんやろう?』

って、ヤモリ飼うつもり?!

『いやいや、これヤモリやから。』

と言おうとする前に、亀のタロウちゃんのために買ったエサを持ち出し、ヤモリにあげてみるジョス。

『多分、食べへんと思うで。これ、日本ではヤモリって言って家の回りによくおるねん。で、虫食べるねんで。』

って私が言っても、『ふーん』と言うだけで、何やらネットでこのヤモリの事を調べ出したジョス。

結局、そのヤモリの写真だけを見つけ、『これや、これ』と私に見せ、『せやな』 と私相づちをうち、その後ヤモリは一晩ずっとプラスチック容器(途中タッパーから植物用プラスチック容器へ移しました)の中で朝まで動かずにいました。

翌朝、全く動かなかったヤモリをジョスが外に離すと、サササッと逃げるように素早く動いたヤモリ。

それを見て、

『やっぱり昨日は猫にイタズラされてたから、固まってたんやな。今日はめっちゃ動き速かったで。』

と興味津々に言ったジョスでした。
(実際、ヤモリの動きが猫のせいなのかどうかはわからないけど、タロウちゃんの事にしても意外にジョスの言った通りだったりする…)

それにしても、ヤモリを飼う事にならなくて良かった良かった^_^;
[PR]



by naomusic | 2013-12-24 17:39 | フランス男子との生活 | Comments(0)

研修所でのクリスマスランチ

先週金曜日のお昼は、
フランス語研修所で、仲間たちとクリスマスランチをしました。

料理の担当は、モロッコ人のファティマ2人にチュニジア人のヤミナ、そしてデザートは唯一の男子モロッコ人のアメッドが用意してくれました。

テーブルは、サラダからチキン、チュニジアのパンにタジン、フルーツにケーキ…と一杯になりました!
a0153355_1434152.jpg

a0153355_1434461.jpg




イスラムの人達は気前がとても良く、よく喋り、よく食べる。

えっ!?と思う事もチラホラあるけれど、とても豪快で温かい人たちなので、何とも憎めない味のある人たちです。

プレゼント交換もして、楽しい一日となりました。

この日はお腹一杯食べたので、晩御飯はほとんど食べれず。


フランスでの初クリスマスでも、沢山のご馳走を食べることになりそうです。
[PR]



by naomusic | 2013-12-23 14:32 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

フランスで観た日本の映画

この間の日曜日、日本の映画 “モモへの手紙(LETTRE DE MOMO)” という映画を見てきました。

少し前に、たまたま映画館のチラシを見つけ、そこで日本の映画が公開されていることを知り、是非ともフランスで日本の映画を観たい!と思い、ジョスと一緒に観に行きました。

でももし日本にいたら、多分観に行っていなかったと思う…。
(実際この映画、友達に聞くと日本では去年の春に公開されたものらしい)

映画の内容はというと、父親を突然亡くしたモモとその母親が、母親が昔住んでいた汐島という島へ移り住み、そこで繰り広げられる人々と、そして妖怪との日々を綴った物語。

2時間と長い映画だったので、ジョスは途中ちょこっと寝てしまったらしい(苦笑)
でも映画をみて、また日本に行きたくなったとか。

観客は沢山ではなかったけれど、子供からお年寄りと幅広い顔ぶれでした。

汐島の風景があまりにも淡路島のおじいちゃんの住む所と似ていたので、思わず映画が始まってすぐに、淡路島の事を思い出し、感動する場面でも何でもないのに、涙した私。

自分が日本をまだすごく恋しく思っている事に気づいた日でもありました。

やっぱり日本人だなー、私。
[PR]



by naomusic | 2013-12-22 17:39 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

地元のお医者さん

あっという間に今年も残すところ半月。

最近では、年末の忙しさと気温の変化の激しさのせいなのか、風邪を引いている人の多いこと。

ジョスもその1人で、先週始め頃から喉の痛みと鼻づまりが酷く、生姜とレモン、蜂蜜を混ぜたホットドリンクを飲ませたり、釜揚げうどんをして梅干しやらネギ(乾燥の物ですが)やらを食べさせたり…
色々してみた結果、そういう事が効いたのかどうかはわかりませんが、彼は回復。

それとは反対に、私はジョスが回復していくにつれて喉が痛くなり、今では咳が止まらなくなりました。

ということで、日本ではこの程度では病院にはいかない私ですが、ここに来てジョスに進められ、村の病院に行くことに。

担当してくれたお医者さんは、昔からジョスを知る人で、私がジョスの奥さんだとわかると、とっても気さくに対応してくれ、途中からはジョスも一緒に3人で会話をしながらの診察となりました。

最後に薬を処方してもらい、何だか親戚のおっちゃんのところに来た感じで診察が終わりました。

病院にはあまり行かない私ですが、何かあった時には、またこのおっちゃんにお世話になることになるかな?
[PR]



by naomusic | 2013-12-19 05:26 | フランスワーホリ2013 | Comments(2)

研修所でのちょっとした変化。

今週からフランス語研修に戻りました。

2週間のトレーニングを終えたみんなの感想は、腰が痛くなったとか肩が痛いとか、ずっと立ってたから疲れた、とか。
でも、基本的にどのトレーニングも順調に終わったようです。

そして、いつも車に乗せてもらっているポルトガル人のサラは、ビックリなニュースを持って研修に戻ってきました。

現在、彼と同棲中の彼女。
彼もポルトガル人で、彼がフランスで仕事をするからと2人で一緒にフランスへやって来た彼ら。

しかし、ちょうどトレーニングが始まる頃から、2人の関係が上手くいかなくなり、サラはクリスマス前にポルトガルへ帰ることにしたそうです。

なので、サラとは今年でお別れ。

まだまだ若い彼女なので、これからまた色んな事に挑戦できるでしょう。


人生いろいろ。


彼女のこれからの成長と活躍(ポルトガルではアマチュアの歌手をしていた彼女)、そして幸せを陰ながら祈っています。


フランス語研修も残すところ約3ヶ月。


今まで通りボチボチ頑張ります。
[PR]



by naomusic | 2013-12-14 06:28 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

フランスで買った豆腐

フランスで(というか、私の住む所で)日本と同じような豆腐を買うのは、なかなか難しい。

豆腐好きの私としては、ちょっと寂しいな〜と感じるところ。

少し前に、カルフールで豆腐を購入。
a0153355_463392.jpg


しかし、これが木綿豆腐と高野豆腐を足して二で割った感じの豆腐。
色も茶色っぽい。

不味くはないけど、美味しいって訳でもない。

パリやリヨンやマルセイユといった大きな町に行けば、日本で食べるのと同じ豆腐が買えるハズだけど。


今度日本に帰ったら、豆腐を沢山食べたい!と妄想が膨らみます。
[PR]



by naomusic | 2013-12-07 04:04 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

トレーニング終了!

今日で、Communaute de communesでのトレーニングが終了。

子供とのアクティビティのある水曜日とその準備をする、前日火曜日以外は特にすることもなく、フランス語の勉強をしたり、折り紙をしてみたり、コーヒー飲んでお喋りしたりの時間が殆どでしたが、みんな優しい人達ばかりで、振り返るとここで良かったなーと思います。

なんと言っても、子供とヨガが出来たことが1番嬉しかった!

そして今週水曜日には、クリスマスツリーの飾り付けをしに行ったり、子供達に絵をプレゼントしてもらったり。
自分のおやつのミカンを半分わけてくれてり。
子供たちも優しい子達でした。

子供たちとの触れ合いは、色々学ぶ事も多く、いい体験ができました。
a0153355_20414564.jpg



しかし、これが毎日だとさすがに疲れるな〜と。

子供は可愛いけれど、相当なエネルギーと、怪我をさせてはいけないと神経を常に張っていなくてはいけないのとで、本当に大変な仕事だなということを実感しました。


なんでもそうだけど、体験する前のイメージと、実際体験してみて感じる事は違っている事が多く、やっぱり何でもやってみなくちゃ分からないなと改めて思いました。


さて、来週からはまたフランス語研修へ戻ります。

研修所の仲間たちは、どんなトレーニング体験をしたのか、話をするのが楽しみです。


※今週水曜日、サーカス団の練習所へ行ったときの写真。
a0153355_20414836.jpg

a0153355_2041503.jpg

[PR]



by naomusic | 2013-12-06 20:39 | フランスワーホリ2013 | Comments(0)

すべらない話?すべってる話??

結局、亀のタロウちゃん、現在家のクローゼットの中で生活しております。

あれだけ討論を繰り返し、ワニ亀パークへ引き渡そう、という話になっていたのに、最後の最後でジョス、
『俺の亀と離れたくない』 と言い出したのです。
(また、子供みたいなこと言って…)

もう好きにして。

私は、もうこれ以上いちいち亀について熱を上げて話すのも面倒だし、亀の事をよく知る人たちに預けて、いい環境で生活する方がタロウちゃんにとってもいいだろうし… と言ったのに、結局私の意見はどこへやら。


前々回?(もういつだか忘れたけど)の討論会で、『家の中ならクローゼットがいいんちゃう?あんまり開けへんし、静かやしタロウちゃんも落ち着くと思うで。プラスチックの大きい服しまう箱に入れたらいいんちゃう?』 という案を出した私。

それに対して散々、プラスチックなんて動物は嫌がる、クローゼットは微妙や、と言ってたジョス。


だんだん寒くなり、外にせっかくタロウちゃんの家を作りましたが、やっぱり寒いので、すっごく心配し出したジョス。

『こんな寒くなったら、タロウを家の中に入れた方がいいと思う。クローゼットがいいよな?』

いやいやいやいやいや、
それ私が前に言ってたことー!

この時ホント、心の中で私の目は丸〜くなりました。

しかもプラスチックの箱に水入れてるし(笑)
(あんだけ、プラスチックに反対してたやーんっ!)

もうわざわざ 『それ前に私が言ったやん!』とか余計な事は言わなかったけど。


もう、ああするって言ったり、こうするって言ったり。

一緒に住み始めて気づいた事は、ジョスの好きなようにしとけばいいということ。
でも一応私の意見は言わなきゃならないので、それがめんどくさい(^_^;)

なんやかんやで、えっ!?と思う事が、突拍子もない事だったり、予想外の事だったりすることが多いので面白いです。


すべらない話をジョスシリーズで、ネタ帳作ってみよかな〜なんて思う今日この頃。

私とジョスの話、すべってる?それともすべってない??
すべってないようなら、本気でネタ帳作ってみようと思います(笑)

※かなりの暇人です。

ツッコミどころ満載のジョス。
でも、他の人からしたら相当めんどくさい人かもしれない…(苦笑)

でも私にとっては、日々飽きない可愛い人です。(一応、妻になりましたので)
[PR]



by naomusic | 2013-12-03 05:45 | フランス男子との生活 | Comments(0)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

makiさん、草餅・・・..
by naomusic at 17:21
草餅美味しそう! 今年..
by maki at 23:44
akikoさん、オムツは..
by naomusic at 23:02
お、ムスコくんオムツ卒業..
by akiko_tp at 22:44
akikoさん、詳しくあ..
by naomusic at 20:58

最新の記事

秋の味覚と息子の絵
at 2017-11-15 22:27
秋の散歩
at 2017-11-07 22:15
毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46
2歳4か月、一人寝デビュー
at 2017-10-11 21:06

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル