フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

<   2014年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧




久しぶりの文通

土曜日のポストに入っていた物。

シャモニーからのポストカード。
a0153355_20114339.jpg



誰かなぁー??と差出人の名前を見ると、Alexandreと。

そう、今年始めの小学校でのトレーニングの際に知り合った、最年長クラスの折り紙好きな男の子。

トレーニング終了日にクラス皆のメッセージカードを渡された際に、手紙を書きたいから住所を教えてと言われ、私の住所と彼の住所を交換していたのです。

で、それから彼からは手紙は来なかったのですが、私が日本に帰った際に、彼にポストカードを送りました。
下の名前しか知らないので、ちゃんと届くか心配でしたが、人伝てで聞いたところ、どうやらちゃんとカードが届き、すごく喜んでくれた様子。

だって、海外から手紙が届くのって凄くワクワクするし、ましてやそれが人生初ならメチャメチャ嬉しいと思うのです。
(って想像しながら、サプライズをする時のようなワクワク感と共にカードを書きました)

そしてアレキサンドル君はというと、現在バカンス中なので家族でシャモニーに行ったようで、そこからカードを送ってくれたというワケです。

今度は私がまた手紙を書こうと思うのですが、次は日本から買ってきている折り紙を一緒に送ろうかな〜と思います。

人が喜ぶだろうって想像しながら何かするって、本当にワクワクします。

確実に喜んでくれるかどうかは別として、ある意味自分の楽しみ(自己満足)になっていますね。

まあでもコレが大人対象、特に男性となると難しいんだな〜…
[PR]



by naomusic | 2014-07-28 19:54 | フランス生活2014 | Comments(0)

野菜が…

畑仕事をし、採れた野菜を食べる。

というのは、前からしたかったことだし、実際出来た野菜を食べられるのはとっても幸せ!なことです。

がしかし…、
インゲン豆にブレットと呼ばれるこっちの野菜、沢山出来過ぎて食べるのに追いつかない〜T_T
※ブレットってこんなんです。茎はセロリみたいで、だけど無臭。葉っぱは取って、茎とは別々に調理するのが一般的。茎は筋があるのでスーッと包丁で取り除きます。
a0153355_19512978.jpg



インゲン豆は湯がいて冷凍出来ますが、
ブレットは調理してから冷凍しないと美味しくない、というジョスママ情報で、調理法も考えなくてはいけない…という手間が。

ホワイトソースやトマトソース味にして、というアドバイスはもらいましたが、そればっかでも飽きるし〜。

何か他にないか…?と考えながら作ったものが、
ブレットとベーコンのキッシュに、ジャガイモとブレットのグラタン風。
a0153355_19512769.jpg


更にはブイヨン味にして少し食べ、その後はカリフラワーと合わせてミキサーにかけ、少しクリームを入れてペースト状に。

でももうどうしていいのかわからーん!

インゲン豆も毎日食べられへんし(~_~;)

贅沢な悩みですが、ホント困ってるのです。
友達沢山いたら、毎日お裾分けするのになぁ〜って思ってます。
[PR]



by naomusic | 2014-07-25 19:40 | Comments(2)

ティティンの散歩用に

最近のティティンは本当にヤンチャで、ケージに入れていても、出せー‼︎とギャーギャー言いながら暴れたり…

これに昨日はジョスがイライラし、
ティティンにキレていました…(~_~;)

そこで出来るだけ外に出し、散歩をさせようということになり、フェレット用のリードも買ったのですが、ティティンにはまだ大き過ぎてスルリと抜け出してしまう。
ということで、逃げないように体をしっかり固定するためのティティン専用リードを作りました。

裁縫が苦手な私。
2時間もかかりました(。-_-。)

出来たのがこれ。
a0153355_1972442.jpg

a0153355_1972849.jpg


布は結婚式の時に、リングピローがない!と式前日に気づき、母と叔母が急遽リングピローを作るために買ってくれたもの。結局リングピローは、弟とイトコ夫婦が見つけてくれたので、作らずに済みましたが…

ピンクの部分は、ちょっと前にティティンに買った猫用の首輪を切りました。

しっかり固定できた!
と思ったのも束の間…
ティティンは既にコレから抜け出す方法を取得しています。
トイレはイマイチ覚えきてれいないのに、自由になるための知恵はしっかり働くようです。
[PR]



by naomusic | 2014-07-25 18:56 | フランス生活2014 | Comments(0)

ティティンの家

ティティンがうちに来てから早2週間が経とうとしています。
この2週間の間に少し大きくなり、かなりヤンチャに動き回るようになりました。

先週始め頃から、ジョスが仕事から帰って来てすぐにせっせと作っていたものが完成。

3階建てのティティンの家。
a0153355_20595942.jpg

a0153355_210184.jpg


プロではないので、釘がはみ出てたり…とちよっとした事はありますが、立派な家を約4日間かけて作り上げました。

しかし完成後、
まだ体の小さいティティンは、あらゆる隙間から脱走を試み、その度にジョスはその隙間を閉じるという作業に追われていました。

そして、一階に設置してあるトイレ。
ちゃんとする時もありますが、まだまだ失敗ばかり…

最初失敗した場所に臭いがついているためか、そこでばっかりしてくれます。
しつけって難しいわ〜(。-_-。)

そんなヤンチャなティティンですが、どうやら目が見えていないようで、歩いているとたまにゴツンとテーブルや椅子の支柱で頭を打っています。

これからちょっとは見えるようになるのかな〜…
a0153355_210398.jpg

[PR]



by naomusic | 2014-07-23 20:48 | フランス生活2014 | Comments(0)

続く畑の被害

昨日の昼過ぎから突然すっごい突風&豪雨&雷&霰…
(霰は飴玉くらいの大きさの物でした。)

短時間で終わったものの、かなりの被害が出ました。

ヴァケーションの時期なので観光客も沢山アルデッシュに来ている時。
キャンプ場ではなんと2名の死者が出るという大惨事に。

更に木が折れたり、怪我人が出たり、夜11時頃まで停電だったりと、予期せぬ被害が色々とありました。

そして、私たちの畑はというと、
サラダ菜やインゲンなどの葉っぱ類には霰のせいで穴が空いたり、トマトの茎が幾つか折れていたり、ゴーヤの支柱が倒れていたり…とありましたが、大した被害ではありませんでした。

これは私の畑のネギとゴボウ。
葉っぱに穴が空いたのと、ネギの葉が折れてしまいました。
a0153355_2022645.jpg

a0153355_2022869.jpg


そんな悲しい惨事をもたらした豪雨でしたが、それでもやっぱりそれ以上に私たちの頭を悩ますのは、虫。

ボヤけて見にくいですが、白いのが虫。
通常は、5センチ程列になりついています。
a0153355_2022929.jpg

a0153355_2023099.jpg


この虫対策のために、植物の周りの虫を退治してから白い紙製のネットでトマトと茄子をこの様に覆っていました。
a0153355_2023411.jpg


がしかし、トマトが赤くなるには太陽を沢山浴びないといけないだろうということで、昨日トマトを覆っていたネットを全て外す事にしました。


雨のせいでなのか、虫の数は少し減っていましたが、また暑くなるとトマトや茄子、インゲンに沢山付きそうな予感…

毎回素手で1匹ずつ退治しているので、ジョスの手も私の手も真っ黒。
洗っても綺麗にならないほど。
※正直、この自分の手を見ると女性としてちょっと悲しくなります。


さて、そんな虫に悩まされてはいますが、ズッキーニやカボチャ、キュウリなどはスクスク育っています。
a0153355_202319.jpg

a0153355_2023339.jpg


もちろん此処にも虫が付いていますが、トマトや茄子よりは数は少なめ。

ズッキーニはビックリするくらい巨大化しています。
カボチャは実がなかなかつきませんでしたが、やっと二つほどの実が出来ているのを発見しました。


そして、私の畑のゴーヤも結構大きくなり、実も沢山付いています!
a0153355_2023541.jpg



でも、苦いゴーヤ。
フランス人の口には合うのだろうか…

もしジョスが食べなければ、私1人で食べる事になるな〜…( ̄◇ ̄;)
なんて、沢山なっているゴーヤを見て、考えています。
[PR]



by naomusic | 2014-07-21 19:47 | フランス生活2014 | Comments(0)

41歳の誕生日、そして親と子

フランスでは、誕生日の本人がパーティーを企画して友達や家族を招待したりというのが一般的なよう。

更に、40歳の誕生日は特別らしく(他の年でも特別な年があるのかもしれませんが)、盛大にパーティーをする人が多いそう。
※実際、ジョスの妹の旦那さんが今年40歳なので、パーティーをするらしく、私たちも招待されています。

で、ジョスは去年40歳を迎えたのですが、去年は寿司屋の準備をしたりと色々あって、パーティーを企画することも出来ず、地味に誕生日を過ごしました。

そして、41歳になった今年の誕生日は、ジョスの両親と4人でレストランへ行きました。
バケーションシーズンに入ったフランス。
どこもかしこも沢山の人で溢れ、昨日私達が行ったレストランも大繁盛!

そんな中食事をしたのですが、メインが終わりデザートかチーズを頼もうとなり、ウェイターのお兄ちゃんがメニューを渡しに来てくれ、それから待つこと約20分。

全然私たちのテーブルに注文を聞きに来てくれず、ジョスママが、

『周りのテーブルにはデザートが運ばれて来てるのに、私たちはまだ注文も出来てないわね。私たちより後から来た人もいるのに…』

とボソボソ言い出したのですが、
これがジョスには気に入らなかったようで、ジョスとママのちょっとしたぶつかり合い勃発。

帰りはちょっと雰囲気悪くなりましたが、まあここは親子だからね。

ママとジョスとのぶつかり合いはちょくちょくあるので、私はどっちの味方にもならず、パパと2人で見守るのみ。

母と息子って、色々あるんでしょうね。

私はジョスからママに対する想いやら、昔あったことやら聞いているので、ジョスがママに素直になれない気持ち、そしてママのもどかしい気持ちもどっちも何となくかもしれないけれど分かるので、そっと見守るしかありません。

親の気持ちは親になってからじゃないと分からない。

そして更に最近思うのが、親になると自分が子供の時に抱いていた親に対する想いって忘れてしまうのかもしれませんね。

大人になっても、純粋だった子供の頃に傷付いたことって、ずっと残ってるんやな、という事にもジョスとママを見ていて気付きました。

親子関係って複雑。

私はちゃんと親になれるかな〜…

a0153355_20514731.jpg


ジョスのために作った、ガトー・ショコラ。こんなんやけど、意外にメッチャ喜んでくれました。
[PR]



by naomusic | 2014-07-18 20:47 | フランス生活2014 | Comments(2)

OFIIで2度目の面談

6月26日にOFIIへ行ってからのその後。
その時の面談の際に、「AubenasオーブナとValenceヴァランスで研修を受けてね」
と言われたわけですが、6月末にOFIIからその研修の
詳細資料が送られてきました。

前回聞いていた日取りとは若干違い、7月11日にオーブナ、
7月30日にヴァランスでという日程でした。

で、先日オーブナに行ってきたわけですが、
研修何日か前にマダムから丁寧に確認の電話が入り、
参加できるかどうかを確認されました。

当日はグループ研修かと思いきや、
私と担当の女性2人きりのマンツーマン研修。

研修と言っても、今までどんな仕事をしてきたか、
これからどんな仕事をしたいか、したい仕事をするために必要な物は何か、
などフランスで働くためのノウハウを相談&アドバイスしてもらうという形でした。

ちなみに研修の際に持参したものは、
パスポート、履歴書、資格または証明書(フランス語研修の修了書など)、
Pôle emploiの登録番号(日本のハローワークのような所)。

約3時間の研修でしたが、私に関する資料を作成してくれ、
それを持ってPôle emploi(ここへは去年すでに登録済み)へ行くように
言われました。

そして一昨日、早速仕事の相談をしにPôle emploiへ行ったのですが、
「La carte sejourは持っていますか?」 と聞かれ、
「パスポートに張り付けてあるやつだと思うんですが」 と答えると、
「これじゃなくて、ちゃんとカードになってるやつ」 と言われたので、
「それは思っていません」 と言うと、
持って行っていたOFIIの資料を読んでくれ、
「7月30日の研修が終了してからもらえるよ」 と教えてくれました。

どうやら対応してくれた男性の奥さんも外国人のようで、
手続きのノウハウを把握しているらしく、とても親切にしてくださいました。

ということで、フランスで働くために必要な
La carte sejourを手にするのは、来月以降になりそうです。
[PR]



by naomusic | 2014-07-17 20:59 | フランスでの結婚 | Comments(2)

フランス革命記念日

7月14日は、フランス革命記念日。
2014年の今年は、100周年記念だったようで、パリでは豪快なパフォーマンスが繰り広げられた様子。
(私たちはテレビで観賞)
コンサートや花火、そしてエッフェル塔が凄い事になってました。(電飾や花火を使ったパフォーマンス)

※今年の3月日本に帰った時に、突如友達に会いにその子の実家に行った時の事を思い出しました。友達は用事で出かけており不在だったのですが、おばちゃんがその子に電話してくれ、私が来たことを伝えてくれました。『パリからナオミちゃんが来てるで!』
イヤ、だからおばちゃん何回も言ってるけど、パリじゃないねん…
結構フランス=パリと思う人、多いなーという発見。まあ、日本=東京と同んなじって事ですな。
でも、何回もパリじゃない、って言ったんやけどなぁ…なんて(笑)
まあパリの方がお洒落やし、このままでいっか。


で、田舎に住む私たちはこのフランス革命記念日に、
去年はサーカスを見に行った帰り、たまたま通りかかった隣町で花火があがったので、車を停めて観たんだけれど、今年はなんやかんやとしていて、花火を観に行くこともしませんでした。

がしかし、ラッキーにも家から小さ〜くですが、隣町の花火を見ることが出来ました。
ひっそりとした革命記念日。
日本人の私にはまだまだ特別感が無いのですが、少しずつね。

ちなみに、今日はジョスの誕生日。

今朝、職場にケーキとジュースを買って持って行きました。
フランスって、自分の誕生日にそんなことまでするんやな〜と感心。

今年のプレゼントは、日本語本。
ちょっとは日本語勉強してもらおかな、という気持ちを込めて。



[PR]



by naomusic | 2014-07-17 15:11 | フランス生活2014 | Comments(0)

宗教のこと

6月30日から約1週間、泊りがけでカトリックの勉強をしに行ってきました。
日本では10日間のヴィパッサナー瞑想をしたことがありましたが、
同じような感じでした。

月曜日の夜から土曜日の夜まで、ひたすらイエス・キリストの歴史や
カトリックの瞑想、自分が犯した罪のこと、カトリックでの決まり…などなど
色んな話を聞き、そして1日3回ほどの瞑想をしました。

1週間の間、他の参加者とは話をしてはならないという決まりがあり、
自分と神イエス・キリストに集中するというものでした。

ヴィパッサナー瞑想に比べれば、少しゆるい感じだったので、
全く苦痛でもなく、おいしいご飯も食べられたし、
わからないことはシスターや神父さんに直接質問もできたしで、
割と快適に過ごすことができました。


更に、大人になってから洗礼を受けカトリックに改信した私ともう一人の女性には、
特別に神父さんからカトリックについての基本的なことも講義してもらいました。

といっても、もちろん全てフランス語だったので、
全部は理解できず、更には苦手な瞑想も毎回テーマに沿ってすることになっており、
理解不足の私は1週間ずっと神父さんに質問しに行く日々でした。

瞑想のテーマというのは、自分が持つ記憶、智慧、意志について。
そして、イエス・キリストの生涯や自分が犯した罪について等々。

正直私は瞑想云々よりも、カトリック教徒として生きていくにあたり、
その決まりと自分がしたい事&自分の考え方との間に沢山の疑問点が浮かび、
毎日それに対して神父さんに質問をしに行っていました。

というのは、私が6年間熱を注ぎやってきたヨガをしない方がいい、
と言われたのがまず一つ。
神父さんに何故ヨガがいけないのか、という質問をしたところ、
「私はヨガの事を良く知らないけれども…」と言った後、
ヨガの哲学に問題があるとのことでした。
「ヨガの事を良く知らない」 と認められた瞬間、もうカトリックに関わる人たち誰にもこの質問をするのはやめようと決めました。
なぜなら、私はずっと「ヨガの事を勉強したわけでもない人たちが、なぜ表面的な事だけでヨガをしてはいけないといえるのだろう」 と疑問に思っていたから。
ヨガとカトリックとの間のことは、自分が納得できればいいや、と思ったのでした。

ヨガスートラの八支則の中にある、ヤマ・ニヤマ。
Ahinsmsaアヒムサ(非暴力)
Satyaサティヤ(正直)
Asteyaアステヤ(不盗)
Brahmacharyaブラフマチャリア(禁欲、梵行)
Aparigrahaアパリグラハ(不貧)

Shauchaシャウチャ(清浄)
Santoshaサントーシャ(知足、満足)
Tapaタパス(苦行)
Swadhyayaスヴァーティヤーヤ(読誦)
Ishwara-pranidhanaイーシュバラ・プラニダーナ(最高神への信仰、自在神祈念)

そしてカトリックにおいての、7つの罪。
Orgueil 傲慢
Avarice 物欲
Luxure色欲
Colére怒り
Gourmandise貪欲(大食)
Envie妬み
Paresse怠惰

これって私にはどちらも生きていく上での心得として、
同じことを言っているようにしか思えません。

実際、ヨーガスートラが成立したのが紀元後(イエス・キリスト誕生後)400~450年だと
いわれているので、もしかしたらイエス・キリストの教えも少し関係しているのかも?
などと思ったり。

とにもかくにも、むか~し昔のことなので、
現在の私たちには真実はわかりません。

もちろん私は神様を信じているし、毎週ミサにも行くし、
神様にお願いしたい、祈りたいと思えばイエス・キリスト、もしくは聖母マリア様に
向かってお祈りをします。

でも、やっぱり共感できないのは、
神父さんたち(実際にジョスも)から他宗教の事を批判交じりで聞く事。
それには正直、もううんざり。

私は純粋に神様を信じ、他宗教の人もどんな人も尊重し合うのが
信仰に沿った考え方なのではないか、と思えて仕方がない。

現に、私の祖父は真言宗だし、そのことについても神父さんに質問をしました。
すると、「彼らのために祈るだけ。神様が何とかしてくださる」という答え。
結局、最終的には「祈る」ということらしい。

私はもちろん祈りもするけれども、全てのものは神様が与えてくれたものなのだから、
神様が決断されること、自分の意思であってもそれは神様と共にあるもの、
だから全てはなるようになるのだし、なりたいようになることも出来るのだと
いうのが私の考え。

まだまだそれぞれの宗教の歴史について、それに絡む国々の歴史についての
知識が浅い私なので、知らない事や理解できていない事も沢山あるのは事実。

根が真面目過ぎる私なので、考え過ぎなのかもしれませんが、
実際ジョスもジョスの家族もそして私もみんなが関係していることだから、
考えずにはいられません。

そんな宗教の事と自分の考えの間で悶々とする日々ですが、
カトリック教徒だった作家の遠藤周作さんの、「侍」という小説を読み、
この人もきっと私と同じように悶々としていたのかなぁと
感じたと同時に、悶々しているのは私だけじゃないのかなと少し気持ちが楽になりました。

まあでも実際、宗教と政治が根っこに絡んでいるから、
世界で争いがおきたり、批判し合ったりという問題が出てくるんですよね。

気晴らしにティティンと外で遊んで来ようと思います。
[PR]



by naomusic | 2014-07-16 21:13 | 日常のアレコレ | Comments(0)

頭を悩ます虫

先月くらいからずーっと私たちの頭を悩ませている事…

それは、ジョスが今年春から一生懸命やっている畑に発生した得体の知れない白いフワフワした虫。
a0153355_18415916.jpg

※写真は実際のものではありません。この写真は一匹だけですが、実際は縦に並ぶように何匹もついています。

最初は何か白い物が付いてるな…くらいに思っていたら、よくよく見ると動いているΣ(・□・;)
しかも触ろうとすると、ピョンピョン飛ぶ‼︎

日か経つにつれ、どんどん繁殖し、今では全ての野菜、花につきまくっています。
特に茄子とトマトの茎と葉っぱの裏側にベターっと付いています。

この虫の事を色んな人に聞くも、知っていたのはジョスの叔父さんくらい。
畑をしている人たちに聞いても知らない人ばかりで、実際被害もない様子。
なぜならば、私たちがしている畑は元々木がわんさか生えていた場所を開拓した場所なので、虫も発生しやすいのに対し、他の人たちがしている畑は塀で囲われ、ドアも付いているし、余計な木や草も生えておらず、それはそれは綺麗な畑なのです。

で、この虫の対処法はネットで調べる他なく、調べた結果、Savon noirという石けんをかけると良い、との事。

早速試した結果、効き目ナシ…T_T
その他にもBio殺虫剤を振りかけるも、効き目ナシ…

ということで、現在はひたすら手で虫を退治し、そのあと野菜を守るべく、薄い紙製ネットで野菜を覆っています。
しかし、トマトは陽が当たらないと赤くならないはずなので、これからどうするかまた考えなくてはいけません。
畑って、ホント大変…

でも、収穫した野菜を食べれるのはすごく幸せなことです。

重労働と引き換えに、と言っては何ですが、最近はスーパーで野菜を買う必要がないので、家計的にも助かっています。

それにしても、早くこの虫がいなくなってくれるといいんだけど…

追記:私もネットで調べてみたところ、日本にもこの虫が存在するらしいです。アオバハゴロモと言って、吸汁性害虫なんだとか。
[PR]



by naomusic | 2014-07-16 18:37 | フランス生活2014 | Comments(2)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

makiさん、草餅・・・..
by naomusic at 17:21
草餅美味しそう! 今年..
by maki at 23:44
akikoさん、オムツは..
by naomusic at 23:02
お、ムスコくんオムツ卒業..
by akiko_tp at 22:44
akikoさん、詳しくあ..
by naomusic at 20:58

最新の記事

2歳半
at 2017-12-05 23:08
秋の味覚と息子の絵
at 2017-11-15 22:27
秋の散歩
at 2017-11-07 22:15
毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル