フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧




0歳1か月

あっという間に1ヶ月。

始めの1週間~3週間目あたりまでは
今までとの生活の変化に少々困惑し、
もちろん夜中に何回か授乳に起きないといけないわで
体も疲れて毎日スッキリしない日々でした。

出産後すぐに母が日本から手伝いに来てくれてたので、
3週間目までは割りとのんびりできていました。
外にも出ていけたしね。

母が帰ってからは、子供が寝ている時に出来ることをするか
お昼過ぎは一緒に昼寝をして体を休める、
というリズムに落ち着きつつあります。

おっぱいが十分に出てるのかも不安でしたが、
搾乳機でどれだけミルクが取れるのか確かめて、
授乳後2~3時間後には十分におっぱいが出てる事がわかったので
授乳に対するストレスもほぼなくなりました。

1ヶ月での子供の成長は明らかで、
顔も真ん丸になったし、太ももや手もプクプクしてきました。

先週1ヶ月検診に行ってきましたが、
体重は約800g増の4キロ、身長は3㎝ほど伸びて52㎝でした。
顔にニキビが出ている事以外は全て問題ナシ。
(ニキビもそのうち消えるようなので特に心配していません)

これからもっと重くなっていって、抱っこするのが大変なんやろうな~。

でも、もうちょっと大きくなったら沢山笑うようになるみたいなので、
それがとっても楽しみです。
(今はたまーに笑うくらい。
 おっぱい飲んだ後の顔がおばあちゃんみたいになるのはめっちゃ面白いけど 笑)
a0153355_17394616.jpg


1ヶ月を無事に迎えられて一安心。
これからどんなことがあるのかドキドキですが、
母ちゃん頑張ります。
[PR]



by naomusic | 2015-06-29 17:46 | フランス‐子育て | Comments(0)

出産レポート

5月28日の午前8時47分(Carnet de santeには48分って書かれてるけど)に
3220g、49㎝の男の子を無事に出産しました。

出産予定日は5月26日だったのですが、
それまで全く出てくる気配なく、
予定日当日の朝に病院に行きモニタリングで
赤ちゃんの様子や陣痛が起きてないかなどのチェック。
それから触診で子宮口の開き具合を確認しましたが、
全く開いていないとのこと。

で、28日にまた検診に来てくださいと言われ
その時にもまだ子宮口が開いていないようなら
30日に促進剤を使って出産しましょう、という事になっていました。

促進剤をどうしても使いたくなかった私は、
26日の夕方から約1時間のウォーキングに出かけ、
更に次の日27日も1時間のウォーキングを実行。

この2日間のウォーキングが効いたのか(どうかは謎)、
27日の夕方17時過ぎ頃から弱~い生理痛の様な痛みが始まりました。
(ウォーキングが終わって昼寝をしていた時)


「これは陣痛なのか???」 と最初はトイレに行きたくなる痛みなのか
陣痛なのか区別がつかず、とりあえず晩御飯の準備をし始めました。
(この時点でトイレに行くと軽くおしるしが出ていました)

料理していると、痛みが消えたりまた痛くなったりしてきたので、
とりあえず痛みの間隔を計ってみることに。

すると間隔は10~15分くらい。

これって聞いていた話だともう病院に行った方がいいくらいの
間隔の狭さじゃないのか?!と思いましたが、
痛みの程度がまだ全然余裕なので、どうしたらいいものか・・・
とジョスに相談。

まあとにかくご飯を食べて、
その後ゴローンとなり痛みの変化を観察。

そうこうしているとちょっとだけ最初の頃より痛みが強くなってきました。

で、ジョスが一度家に帰されることになっても
とりあえず今病院に行って様子を見てもらった方がいいと判断。
(家から病院まで車で30分かかるので)
用意してあった入院グッズを持って病院へ向かいました。

病院に着いたのは夜の10時頃。
少しだけ待って個室に案内され、
まずは尿を取り、寝台でモニタリングをしながら
子宮口の開きをチェック。
この時点で子宮口は1㎝開いていました。

がしかし、出産までにはまだまだ子宮口の開きは足りず
そのまま約1時間モニタリングを続け様子を見ることに。

そして1時間後、陣痛は続いているものの
子宮口は開いてこず。

家まで30分かかるので、そのまま病院で1泊させてもらうことになりました。

ジョスは次の日仕事でしたが、
ジョスも一緒に病院に泊まってくれることに。

いつ出産してもおかしくないので
よく眠っておいた方がいいということで
睡眠薬投与を勧められましたが、とりあえずは薬なしで休むことにしました。

が、ここから陣痛はますます痛みを増し
寝ようとはするものの完全には眠れず・・・

夜中5時頃にまた助産師さんが様子を見に来てくれましたが、
その時には子宮口は3㎝開いており、
陣痛も痛みを増していてかなり疲れてきていたので、
睡眠薬を少しうってもらうようにお願いしました。

薬はすぐに効き、意識はもうろうとして
眠た~くなるものの、同時に陣痛がくるので
結局やっぱり眠れず・・・・・・

午前7時頃にまた助産師さんが子宮口のチェック。
この時点で7㎝開いていました。

で、分娩室に移動しましょうとなり、
ここで麻酔しますか?と言われ、
どうしようか、と少し悩みましたが、
この痛みならイケると思った私は、なしで頑張ってみることに。

睡眠薬で意識がもうろうとしていたことと、
コンタクトもメガネもつけていなかったので、
視野もボヤーっとしていたこともあり、
何だか夢の中の世界のように感じていました。

それから陣痛は更に強くなりましたが、
出産直前の痛みって赤ちゃんの頭が下に押してきていて、
本当にう〇ちしたくてたまらない感じです(笑)

助産師さんに「う〇ちしたいんですけど」と言うと、
「それは赤ちゃんの頭が押してるからよ」 と言われ我慢させられます。

分娩室に着くと「お風呂に入りたい?」と言われたので、
「ハイ」 と答えバスタブにお湯をはってもらうことになりました。
(自然分娩室だったので、バスタブやバランスボールなど
 出産のための色んなグッズが置いてありました。ちなみにバスタブはあっても水中出産はしません。)

がしかし、急速に痛みが増し
そのまま破水させたので、結局お風呂には浸かれずじまい。

破水させた後は、いきみたかったらいつでもいきんでいいですよ、
と言われたので陣痛が来たらいきむ、の繰り返し。

ヨガの呼吸法が大活躍!と聞いていましたが、
私、そんな余裕全然なかったです(苦笑)

もうとにかくいきむの大変!!!!!

これでもかっっ!!ってくらいいきんでも
いきみ足りません。

プール講習の時に、できるだけ長く息を吐いてと
散々言われていましたが、その理由がよ~くわかりました。

いきむ時に早く息を吐き切ってしまうと、
長くいきむことができません。

長くいきめないとなかなか赤ちゃんを外に出せないので、
それが大変です。

陣痛も痛かったけど、いきむのが一っ番大変でした。

赤ちゃんの頭が出かかった時には、
「会陰が痛い!」 と当たり前のことを発した私(笑)

でもそこで更に頑張っていきむとスルッと赤ちゃん出てきました。

頭が出てからは早かったです。


結局、弱い陣痛が始まってから約15時間もかかってしまいましたが、
最後はあっという間でした。

赤ちゃんが出て来てからは、
ジョスが臍の緒を切り、赤ちゃんを綺麗に拭いて
そのままおっぱいを飲ませ始め、
その状態で約2~3時間ほど分娩室で過ごしました。

その間に会陰の処置をしてもらい、
個室に移動する前には赤ちゃんに服を着せてもらい、
私は車いすに乗って部屋まで移動。

それからは毎日授乳をしていくわけですが、
出産後は胸の痛みと戦うことになりました。


現在産後19日目。
胸の痛みもだいぶん治まり落ち着いてきたものの、
今は眠気と戦う日々です。


出産、大変だけどとっても貴重な体験でした。

a0153355_16381178.jpg

[PR]



by naomusic | 2015-06-15 16:45 | フランス‐妊婦生活‐ | Comments(6)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新のコメント

makiさん、草餅・・・..
by naomusic at 17:21
草餅美味しそう! 今年..
by maki at 23:44
akikoさん、オムツは..
by naomusic at 23:02
お、ムスコくんオムツ卒業..
by akiko_tp at 22:44
akikoさん、詳しくあ..
by naomusic at 20:58

最新の記事

秋の味覚と息子の絵
at 2017-11-15 22:27
秋の散歩
at 2017-11-07 22:15
毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46
2歳4か月、一人寝デビュー
at 2017-10-11 21:06

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル