フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧




1歳7か月とクリスマス

日本滞在中から色んな言葉をまねして言うようになりましたが、
ここ最近は本当に私たちが言う事を何でもリピートします。

「いっしょ」「C'est bon」「Ca(サ)」「あか」「あお」「きいろ」
「くつ」「トーマス(機関車トーマスのこと)」・・・
他にもいくつかありますが、今は思い出せない。
とにかく、息子が印象に残った言葉、
彼にとってインパクトのある言葉は必ずリピート。

こうして言葉を覚えていくんですね。

フランスに戻ってくる数日前に風邪を引き、
何度か嘔吐を繰り返し、それから食欲が落ちていたものの、
家に帰って来てからは不思議といつもの食欲モリモリ状態に戻りました。

本当によく食べてくれるので助かります。

そういえば、日本へ行く際の機内では、
席を一つ挟んで隣にイタリア在住の日本人女性がいてくれ、
その方が本当に素敵な方で、
話をするのも楽しかったし、息子の相手もしてくれて
すごく助かりました。

しかしフランスに戻ってくる際の機内では、
一つ席を挟んで隣には外国人男性。
この人もいい人で、息子の相手を少ししてくれ、
子どもが好きなようで、息子が動いても嫌な顔一つせず対応してくれました。
が、息子、日本滞在中に「歩く」から「走る」に変わっていて、
機内で走りまくるわ、後ろの広いスペースで寝ころがるわ・・・
とにかく動きまくって、大変でした。

テレビを見せてもあんまり興味がないようで、
画面を見てじっとしてくれたのは、
眠る前くらいでしょうか・・・

元気なのはいいけれど、
長いフライト中はずっと動き回られるとキツイです。

何はともあれ、今年も無事に健やかに成長してくれて感謝。

今年の始めに友人がくれた「こどもずかん」。
最近のお気に入りです。
これに載っている車やトラクターと自分の持っている車たちを照らし合わせて、
「いっしょ」というのが定番になっています。
a0153355_1655879.jpg


クリスマスプレゼントには義母から大きなトラクターのプレゼント。
あとは義理妹からKaplaという木の棒でいろいろと考え創作するというおもちゃ。
義叔母と叔父からは積木をもらいました。

今年の我が家はツリーはなし。
私も日本にいたし、飾り付けができなかったこともあったので、
とりあえず、クレッシュと少しだけクリスマスっぽい飾りをリビングにしました。
a0153355_16131240.jpg

a0153355_1613501.jpg


一大イベントのクリスマスですが、
何だか今年はあっという間に過ぎ去ったように感じます。

気づけば今年もあと3日!!
びっくり。

でも2016年が終わることにホッとしているのも事実。

新しい年が始まるときはいつも少しワクワクします。

みなさまも風邪などひかれぬよう、気を付けていい年をお迎えください。
[PR]



by naomusic | 2016-12-28 16:16 | フランス‐子育て | Comments(2)

トイレトレーニングのその後・・・

日本にいる間も西松屋でおまるを購入し、
トイレトレーニングを続行していました。

がしかし、用を足してくれたのは1度のみ・・・
それも大をしたそうにしているのを
タイミングよく察知でき、急いでおまるに無理やり座らせたから。

なかなかおまるにまでも行こうとしてくれないものなので、
どうしたらいいものか・・と悩んだあげく、
とりあえずトレーニングパンツを購入。
パンツの中に3枚重ねで布がついているものと
7枚重ねで布がついているものを何枚か買いました。
(フランスではこんなパンツきっと売っていないですよね?)

パンツにしてからは・・・
特にといって変化はないものの、とにかく続けています。
ただ、ここ最近用を足した後ですが、
「シーシー」と言ってしたことを知らせてくれるようにはなりました。

「する前に言ってよー」とは言ってみているものの、
なかなか難しいですね。
なんてったって、まだ1歳7か月なんだから。


それから、日本の本屋でトイレトレーニングについての本を
ちらっと立ち読みしたのですが、
おむつは頻繁に変えてあげた方が良いとのことでした。
それでないと、快と不快の区別がなかなかつかないと。

実は、私は息子がちょろっとおしっこしているだけでは
紙おむつを替えていませんでした。
ちょっと濡れてるだけで捨ててしまうなんてもったいない、ってね。

でもこれがいけなかったんですな~。
ずぼら母、ここにありです。

で、フランスに戻ってきてからは、
またまた布オムツに変更。
これにパンツもたまに。

服まで汚れてしまったり、オムツにパンツに頻繁に洗うのが
大変ではありますが、これでしばらく頑張ってみようと思います。
[PR]



by naomusic | 2016-12-26 22:22 | フランス‐子育て | Comments(0)

良いタイミングでした。

今回の帰国は突然決めたものの、
結果的には良いタイミングだった気がしています。

というのも、13年前にカナダのトロントで
ホームステイでお世話になった友達の両親が
ちょうど日本に遊びに来ていて、
5年ぶりの再会を果たす事ができました。

まだまだ子供ではっちゃけた若娘だった私を
本当の娘のように思ってくれ、
たくさんの時間を一緒に過ごしました。

彼らとの思い出はいつまでも私の宝物。

そして今は私も結婚して子供ができて。
そんな今の私を見てもらい、
息子を実際に彼らに会わせる事ができたのが、
すごーく嬉しかったです。

息子は基本的に男の人(特におじさん世代)が好きなので、友達のお父さんにとても懐いて
ずーっと『遊んで』と寄っていっていました。

フランスで英語を使う機会が全くないので、
英語をスムーズに話せなくなってしまった私。
(単語も沢山忘れちゃいました)

それでも、そんな事を一切気にしなくてもいいくらい、彼らと過ごす時間は私にとっては心地いいものでした。

これ以外にも、来年オーストラリアに戻る友達とこのタイミングで会えた事。
一緒に夜食事に行きゆっくり話もで来たし。(息子が産まれて初めて息子抜きで夜外出しました。母様様です。)
彼女と会うといつもゲラゲラ(笑) 何が可笑しいんだかわからないけど、何でも笑いになってしまうという。
彼女のお陰で、本当に凄く良い息抜きができました。

このタイミングで帰って来て、
会いたかった人と会えて、
ゆっくり話したかった人と話せて、
良かった。の一言です。

1人時間が好きな私だけど、
人は1人では生きられない、
支えてくれている人への感謝の気持ちは
絶対忘れちゃいけないな、と
日本へ帰ってくるとその事を再確認させられます。
a0153355_22354177.jpg

[PR]



by naomusic | 2016-12-19 22:13 | 日本滞在2016 | Comments(2)

緊急帰国した理由

本当は前回と同じく、日本のお正月に合わせて帰国しようと考えていました。
が、突然帰国を決め、
ネットで急遽日本行きのチケットを探し、
5日後に日本に発つと決め帰って来ました。

で結果、帰って来て本当に良かった。

今年の春から、義父の体調が急に悪くなり、
それから前立腺がんが発覚。
更に夏頃にはレビー小体型認知症と発覚。
ジョスの実家が徒歩10分もかからない場所にあるということもあり、それからほぼ毎日様子を見に行く日々が続きました。

といっても、別に毎日来てと言われた訳でもなく、自分が気になって足を運んでいただけ。
正直、行くのがしんどいと思った時も多々あっけど、行かなければ気になるしで結局行ってしまうという。
義母はすごく面倒見がいい人なので、
彼女は義父の世話でしんどいはずなのに
私に必要なものがないか、などと聞いてくれる事もしょっちゅうでした。

だから、結局毎日義父の様子を見に行くという事は、私が勝手にしていたこと。

しかし、私の性格上
毎日誰かと一緒にいる、
人とベタベタする、
自分1人で過ごす時間が全くない事が
とてもストレスになります。

毎日、息子と一緒。
ジョスも仕事が不安定で自宅で
家の工事の作業をして外に出て行く事なく、
昼と夜の食事の準備、
工事のせいで家の中は埃だらけになるので
毎日マメに家を掃除、
動物の世話、義父の様子を見に行く…

それプラス、日々の愚痴を言い合える人がいない、友達がいない、日本語で話す機会がない…

唯一のタイ人の友達とは滅多に会わないですが、会っても何だかあんまり話が噛み合わない。(元々の育って来た環境があまりにも違うという事も多少影響しています)

なんかもう色んな事が重なって、
気持ちがいっぱいいっぱいになりました。

それが爆発して、
何度か泣いてジョスに、
日本に行きたいとか、私は精神的に病気だなんて言ったり。

とにかく、このままではジョスとの関係も
悪化して行くだろうと思いました。

彼も私がしんどそうにしているのも
言わなくても態度や表情に出ていたのか
わかっていたようで、
日本に帰ってしばらく休養したら、
と背中を押してくれ、
義父の事が気がかりではありましたが、
思い切って帰る事になった訳です。

しかし、残念ながら
義父は私が日本に着いた1週間後に他界。

私が日本にいる間に亡くなったら…
という話も既にしていたので、
私と息子はフランスには戻らず
予定通り日本にいる事にしました。

それでもやっぱりショックでしたけど。

義父の事、すごく好きだったので。

今は、気持ち的にはかなりリフレッシュ出来たし、整体やカイロプラクティックに行き、体のメンテナンスも完璧ではないけどある程度出来たし、またフランスに戻りボチボチ頑張ろうと思えるようになりました。

私の新しい家族の為にも、
やはり自分の健康管理はすごく重要だと再確認。

特に息子のためには、
私が元気でいないと!と思うようになりました。

ここには書ききれない気持ちに溢れていたけれど、結局自分が強くなるしかないんです。
そのためには、無理し過ぎない事。

そしていつも支えてくれている
家族や友達の存在を忘れない事。


残りあと1日。

名残惜しいけれど、
フランスに戻る心の準備をしっかりする予定です。


[PR]



by naomusic | 2016-12-18 21:43 | 日本滞在2016 | Comments(8)

1歳6ヶ月

1歳6ヶ月は、日本で迎えました。

現在、日本滞在3週目。
毎日日本語に触れているお陰で、
沢山日本語の単語が増えました。

最近は、私たちが言ったことを
おうむ返しのようにすぐ真似します。

ここ、いらん、おいしー、ひこうき、
りんご、えび、そうじ、、その他諸々…

掃除がどうやら好きなようで、
日本に来てから毎日のように掃除機で
掃除をしてくれます。

ご飯も日本だと毎日色んなものを
食べさせてもらうせいか、
フランスにいる時の倍は食べる気がします。

卵に豆腐、焼き海苔は元々好きだったけれど、
初めて食べさせた静岡産の鰻が相当美味しかったようで、もっとくれー!と凄かった(笑)

それと、フランスでは生では食べなかった林檎も、日本の大きな蜜入り林檎は美味しいと分かったのか、生でむしゃむしゃと食べる!
これにはビックリ。

子供は素直に美味しい物が分かっているんだなぁ〜と感じた出来事。

私が自分の休養のために…と
急遽決めた今回の日本滞在。

息子もそなりに楽しんでくれているようで、
帰って来て良かったなぁと思います。

あと残り10日程ですが、
息子にもうちょっと日本語を覚えてもらいたいなーと思います。

a0153355_22155872.jpg

[PR]



by naomusic | 2016-12-07 22:02 | 日本滞在2016 | Comments(6)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のコメント

makiさん、草餅・・・..
by naomusic at 17:21
草餅美味しそう! 今年..
by maki at 23:44
akikoさん、オムツは..
by naomusic at 23:02
お、ムスコくんオムツ卒業..
by akiko_tp at 22:44
akikoさん、詳しくあ..
by naomusic at 20:58

最新の記事

2歳半
at 2017-12-05 23:08
秋の味覚と息子の絵
at 2017-11-15 22:27
秋の散歩
at 2017-11-07 22:15
毎日の虫たちとの戦い
at 2017-10-20 15:34
畑とこれからの庭計画
at 2017-10-12 21:46

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル