フランスの田舎で畑、子育ての日々いろいろ

<   2018年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧




息子、足の皮膚炎とお友達

産まれてから今まで、ほとんど熱も出したことない息子。
そのお陰で、病院にも滅多に行くことがないのですが、
年末ころから左足にだけですが、皮が剥け、その後赤いプツプツが出始め、
更に皮が剥け・・・という症状が出始めました。
今年に入って、皮膚科に電話を掛けたのですが
予約を取れたのが2週間後だったので、
その間に薬局に行き、薬剤師の方に症状を見てもらい、
とりあえずの塗り薬を処方してもらいました。
が、薬は効かずで途中からプロポリスを塗ったりしていました。

で、今日皮膚科に行き診てもらうと、
小さい子供(6歳くらいまで)が発症することがある "dermite plantaire juvénile" という
皮膚炎と診断されました。
重症になることはないと言われ、クリームを2つ処方されました。
ネットで日本語でも調べてみましたが、同じような症状が見つからず、
発症する原因もわかっていないようです。
ちなみに、かゆみや痛みは全くない様子です。
とりあえずは、今日から処方されたクリームを塗り、様子を見ます。

さて、話は変わって先日タイ人の友達の娘さんを始めてうちで預かりました。
娘さんはうちの息子と同い年。(4か月お姉さんですが)
息子にとっては唯一の顔見知りの同学年のお友達とあって、
ずーっとはしゃいでいました。
a0153355_21081921.jpg
しかし、男の子と女の子では遊び方も違うし、
見ていて面白かったです。
a0153355_21110708.jpg
息子は、はしゃいでちょっかいを出しに行ったり、
やたらと話かけて、「チョコレートいる?」「お魚いる?」とか
おやつ時間に色々とサービスしようとしたり(笑)

お昼寝の時も、一緒に寝たがって、腕をつかみに行ったり・・・

絶対、好きな子にいたずらするタイプの男の子だ(!)と
これからの息子が少し心配になったり(笑)
a0153355_21091152.jpg
でも、2~3歳児の子供の会話は、聞いていて面白いです。
ちゃんと喋れていないけど、なんとなく会話がなりたっているという。

9時から15時まで一緒に過ごしましたが、
そのあとは、何だか体がグッタリ。やっぱり子供が1人増えるだけで、
神経をいつも以上に使うし疲れるのだな、と実感。

それでもたまには、息子のためにもお友達を遊ばせるのはいいことだなと思いました。


最近の息子は、お料理にも興味深々。
よく一緒にケーキを作ります。お友達とは型抜きクッキーを一緒に作りました。
a0153355_21114131.jpg
(カメラを向けると、やたらピースばかりします・・誰が教えたんだろう??)

おもちゃを綺麗に並べるのも好き。
a0153355_21132916.jpg
皮膚科に行く前には湖のある公園で、滑り台と自転車をしました。
白鳥に遭遇。
a0153355_21145297.jpg
ふざけてばっかりで、怒られても全然懲りない性格の息子。
でも、こんな性格だから助けられている部分も多いな、と思います。
腹が立って怒鳴ってしまうことも多々ありますが、
本当に元気でいてくれることが何よりだな、と思います。

足が早くキレイに治りますように。

[PR]



by naomusic | 2018-01-31 21:30 | フランス‐子育て | Comments(2)

息子の成長と植物の伸び

最近、息子の絵が少し形になってきました。
以前はぐちゃぐちゃ、ぐるぐる書いていただけだったのに、
丸や四角を書けるように。

息子作、「電車」
a0153355_15393218.jpg
トイレは、小の方は完璧で、
大の方はリヨンのママの実家に泊まった日に、
初めてできてすっごく喜んでいたのに・・・・家に帰ってきたら、
何故かまたドアの後ろで隠れてするように(泣)
なんでよー!できたのにー!!何が違うのー!!??と、私が悔しくて仕方ない。
でも、待つしかないんだよなぁ~。子育ては本当に忍耐です。

年末から身長も伸び始めたのか、
以前は裾を折って履いていたズボンが裾を折らずに履けるようになりました。
ペダルもちょこっと漕げるようになったし、
何でも自分でしたがるので、料理中、混ぜるのをやらせてみたり、
洗濯機のボタンを押させたり、掃除を任せてみたり。

わがままが凄いときは、本当にイー!!!!っとなるけれど、
一生懸命に何かをしている姿やお話をしている姿を見ると、
何とも言えない気持ちになります。
a0153355_15574000.jpg

そして息子の成長と共に、どんどん伸びていく観葉植物たち。

ジョスの友人がくれた小さな竹もぐいぐい面白いくらいに伸び、
a0153355_15451147.jpg
ジョスが去年くれた蘭も、今年はどうかなぁ~と思っていたらそのうち花が咲きそうだし、
a0153355_15464567.jpg
もう何年になるのかわからない元々置いてあった観葉植物も伸びが止まらず、
叔母さん、おじさんに貰った花も3つ目の花を咲かせ、
a0153355_15483351.jpg
私がフランスに来たばかりの頃に種から育てた2代目アボカドも元気で、
a0153355_15501688.jpg
去年からバスルームに置いてある植物も少しずつ伸び初めています。
a0153355_15534178.jpg
a0153355_15515343.jpg

これだけ元気に伸びてくれると、毎日見ていて飽きません。

最後は、薪ストーブで同時進行で作った煮込み料理とケーキ。
a0153355_15411995.jpg
a0153355_15433558.jpg
火を入れておけば、作りたい時に料理ができるから、本当に便利!
あと2か月は使えるかなぁー。





[PR]



by naomusic | 2018-01-16 16:03 | フランス生活2018 | Comments(0)

見習いたい、フランス人女性の姿勢

姿勢って、心意気がどうとかじゃなくって、
本当にそのまんま、「姿勢」のことです。

先日、息子を外で遊ばせている時に、
たまたまジョスのおばさんがお友達と散歩しているのに出くわしました。

二人とも同じ年で、今年77歳になります。
特におばさんのお友達の方は、パンツスタイルにロングブーツと
恰好も若かったのですが、姿勢も背中がピンっとしていて、
80前とは思えない!
(ちょっとお化粧は濃かったけれども・・)

それからふっと今まで私が見てきた年配のフランス人女性のことを
思い出してみていたんですが、
日本で、「おばあちゃん」って言われるような世代の女性でも、
背中や腰を曲げて歩いている人を見たことがない、ってことに気が付きました。
これ、本当に。

さすがに80歳を過ぎてくると、おばあちゃんっていう格好の人は見ますが、
でもでも、背中丸めて下向いて歩いている女性・・・いません。

フランスの田舎でさえそうなんだから、
やっぱりフランス人女性の ”女性であることを忘れない” ”前向き” っていうところは、
お手本にしたいところだなと、思いました。

でもあくまで、日本人女性の持つ清らかやさ少し控えめなところなんかは、
忘れずに持っていたいと思います。



[PR]



by naomusic | 2018-01-08 22:24 | フランス生活2018 | Comments(4)

2018年スタート

2018年が始まったのかぁ~・・・
新しい1年が始まったんだよなぁ・・・
と、ここ数年昔のように気持ち新たに、1年を迎えよう!
という気持ちになれていないのが正直な所。
以前は、1年単位で目標を作って(目標設定は今でも一応まだ続けていますが)
意気込んでいたものだけれど、
フランスに来てからフランスの文化に合わせ過ぎているせいなのか、
一昨年も去年も年越しそばも食べず、御節らしいものも作らずで。
(材料が手に入らないこともありますが)

でも、息子の記憶に残るように、今度はもう少し年越し、お正月らしい料理を作らなきゃなと思います。

って、気持ちだけはそう思っているので
昨日は奈良から送って頂いた美味しいわかめスープに、
去年知り合った日本人の方に頂いたお餅を入れて、お雑煮だと思って食べました。
a0153355_22225323.jpg
息子はとっても気に入って、スープからお餅まで全部完食。
これプラス、頂いたふのりをニンジンと合わせて酢の物にしたら・・・
a0153355_22244374.jpg
息子ぱくぱくと食べてくれました。

ふのりは今までもきっと食べたことがあるのだろうけれど、
どんな物でどんな味だったかを忘れてしまっていたので、
酢の物にして食べてみましたが、こりこりとした歯ごたえがなんとも言えず、
とても美味しかったです。(なのに、お礼メールにはなぜかひじき、と書いてしまいました(恥)

今日のお昼は、母に送ってもらったコシヒカリに、
頂いた塩昆布・・・
ノエルから年末にかけての重たい料理たちに疲れた体に沁みました。
思わず「幸せやなー」と息子に語りかけていた私です。

平日のお昼、ジョスが仕事の時はほとんどが日本食。
ここに居て、白ご飯と梅干し、のりなどが何よりの贅沢となりました。

今年は、できたら紫蘇にゴーヤにオクラも上手く育つといいな。
そして、大豆をどうにか手に入れて味噌作りもリベンジしたいと思います。


2018年は、ケンカから始まってしまい、
なんとも嫌なスタートになってしまいましたが、
自分の考え、正しいと思う事、そこら辺を頭の中でハッキリさせられたらと思います。
フランス生活も5年が経とうとしてやっと、フランス人の話し方、
議論の仕方になれてきたけれど、まだまだこちらの意見を伝えるのに本当にエネルギーがいります。
(最初の頃は、この人たちケンカしてるの?!と思っていました)
フランス人みたいにはなりたくないけれど、賢くスマートに自分の意見を言える(できたら通したいけれども)
ことがこれからの目標です。

フランスに来てからずっとこんな感じで悶々としているので、
私の目標は1年単位ではなく、今は常にという感じ。
思った時、行動すべき時がいつやってくるかはわからないし。

なんだかよくわからない内容になってしまいましたが、
奈良から美味しい物を沢山送ってくださった、恭子さん、
そしてシドニーから本とチョコレートを送ってくれたmiaちゃん、
本当にありがとう。

友人からの手紙や贈り物は、私の何よりの励みになっています。

頻繁には会えなくても、私の存在を忘れずに思ってくれていることに心から感謝しています。

そして同時に息子が、周りの人へ感謝する心を育んでくれることをいつも願います。


おまけ写真。ちょっと古くて汚いですが・・3年ほど前に中古で購入したCuisinere a bois
薪オーブンです。ここ数日はこれに火を入れ、調理しています。昨日はパンも焼いてみましたよ。
昔はこれを使っているお家が殆どだったはず。
家を温めてくれるし、調理できるし一石二鳥!ただ、小さい子供がいるお家は気をつけなくてはいけません。
息子は先日触って火傷をしました。。。
a0153355_22212697.jpg

[PR]



by naomusic | 2018-01-04 22:57 | フランス生活2018 | Comments(2)

2017 年末

年末30日は、ジョスのおじさんに頼まれ、アペリティフ用のお寿司を作りました。
毎年おじさんは、友達を連れてアルデッシュ県内にあるGiteを借り、
そこで年越しをするのが定番です。

これまでにも2回、お寿司を頼まれ持って行ったことがありますが、
今年は無理せず、出来る範囲で作りました。

いつもと少し変えて、
照り焼きチキン寿司
a0153355_22453771.jpg
いくらの代わりに鱒の卵寿司
a0153355_22471485.jpg


定番、エビマヨサラダ寿司
a0153355_22581379.jpg
スモークサーモンの手まり寿司
a0153355_22503486.jpg
ちょっといいカニカマを使った寿司
a0153355_22485890.jpg
いつも食べるまでに時間が経っているので、
お米が硬くなるのが気になるのですが、
フランス人はそうでもないみたい。
米よりパンへのこだわりの方が強いから?!

お寿司を届けた後は、そのまま南に下りMézeという港町へ。
山へ行くか迷っていましたが、私のリクエストで海へ行くことに。
a0153355_22521985.jpg
何だから太陽の光を燦々と浴びたくなったのでした。
着いてからは、レストランでたらふく食べ、飲み、
そのまま予約してあったバンガローへ。
a0153355_22544197.jpg
バンガローなんて初めて泊まりましたが、
すんごくキレイで、キッチンもあるし、部屋も2部屋あるし、
心配していた寒さも暖房がしっかりきいていたので暑いくらいだったし。
とにかく、よく管理されていて思いのほかよかったです。

朝起きると、フラミンゴが食事をしている姿が。
a0153355_22564226.jpg
日本だとフラミンゴなんて動物園に行かないと見れない鳥ですが、
南仏だと、普通にいます。(といっても、地域は限定されていますが)

それから午後には帰宅して、年越しは家で。
といっても、23時までが限界でした。

23日からダダーッと、家族交流やらなんやらで、
沢山動いた年末となりました。




[PR]



by naomusic | 2018-01-03 22:58 | フランス生活2017 | Comments(0)

2017 ノエル

新年、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

クリスマス前後から今日まで、バタバタとざざーっと過ぎていきました。

今年のクリスマスは、ジョスの妹家族は旦那さん家族とお祝いするということだったので、
私たちはジョスママを連れて、リヨンの少し南にある村(Saint cyr les vignes)のGite(アットホームな感じで
少人数のみ泊まれる民宿のような所)へ。23日の夜に到着し、遅い夕食を食べ、就寝。
アンティーク家具が中心のとても素敵な民宿でした。
a0153355_22054708.jpg
a0153355_22073639.jpg

ここですんごく美味しいチーズに出会いました。
(ブルーチーズも美味しかったけど、右下の白いクリーミーなチーズが本当に美味しかったです)
ちなみに息子は、大のチーズ好き。一番好きなチーズはブルーチーズという・・恐るべし2才児です。
a0153355_22094477.jpg
Monsというチーズ専門店のチーズ。(次の日一番近い町にあるお店に買いに行きました)


次の朝はこれまた遅めの朝食。
私たちの他に、もう一家族宿泊していたのですが、
フランス×韓国カップルでした。
国は違えど、見た目は同じアジア人なので自然と会話が進み、
最後には連絡先を交換しました。
といっても、彼らはパリの南に住んでいるらしくアルデッシュからは遠いのですが、
ご主人の実家が私が住む村から車で40分ほどの所なので、
またご縁があれば会えるかも。
a0153355_22114140.jpg
彼らにも6歳半になる息子さんが一人いらして、
うちの息子と仲良く遊んでくれました。
息子もお兄ちゃんと遊べてすごく楽しそうでした!

そんな出会いがあり、そのままGiteを去り、
リヨンの東、ジョスママの地元へ。
夕方は私たちだけミサに出かけ、
夜はおじさん、おばさん達を交えておじさん宅で盛大なアペリティフ。
a0153355_22133478.jpg
盛大というのは、とにかくこれでもか!というほどおつまみが延々と出てきたので。
最後にはキャビアが出てきて、みんなで小さなスプーンを持って
すくって食べました。
a0153355_22154511.jpg
プレゼントは例年のごとく、大量。。。
大きなトラクターに、ピアノに、お絵かき用の机に車に・・・。
a0153355_22241059.jpg
a0153355_22280663.jpg

毎年おもちゃで溢れていく我が家。
子ども一人にこんなにおもちゃを与えていいのか?!とおもちゃを見るたびに思うのですが、
くれる人が多いと、仕方ないですね。
もちろん、プレゼントをくれることは本当に有難いし。でも、量を見るとやっぱり複雑。

そんな私もジョスママからパン焼き器をもらいました。
a0153355_22325362.jpg
これプラス、ボディークリームやらなんやらも。

27日には帰省していた甥っ子ちゃんたちと遊べて、
息子は楽しそうでした。

a0153355_22205254.jpg

[PR]



by naomusic | 2018-01-03 22:41 | フランス生活2017 | Comments(0)

奈良からフランス南東部の片田舎に嫁いだ元ヨガ講師。いつでもどこでも自然を、そして人を愛する30代女子の日々の諸々を綴ったブログです。
by naomusic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

cocoさん,コメントあ..
by naomusic at 21:52
yoshiさん,梅干し苦..
by naomusic at 21:48
本当に御無沙汰しています..
by cocochip0623 at 21:09
杏の梅干し(?)、本物の..
by yoshi at 00:05
yoshiさん, うち..
by naomusic at 19:40

最新の記事

大雨でした。
at 2018-08-10 21:34
3歳2か月過ぎました。
at 2018-08-02 14:13
7月のいろいろ
at 2018-08-02 13:49
イタリア旅行
at 2018-07-18 21:25
第一ヴァカンス終了。
at 2018-07-16 15:08

ブログパーツ

電気を消して祈りを・・・

ファン

ブログジャンル